自叙伝

自叙伝~父

私の父は 昭和8年生まれで 男・女・女・男の4人兄妹の末っ子です 

父は 次男だというのにちょっとした事情から父が跡を継ぐことになったらしいのです
私が知っている限りの 〝ちょっとした事情〟とは
長男(伯父さん)は小児麻痺なのか理由は分らないのですが
私が見た事のある伯父さんは 足が多少不自由で
両方の足が 膝のところで外側に曲がっていました
それでも 杖を必要とするわけでもなく多少は不自由そうでしたが
一人でちゃんと歩いていて 他にはどこも異常はなかったみたいですが 
何しろ祖父母がまだまだ元気だった昔のことです  
本家の跡取りが〝カタワ〟では両親(祖父母)はみっともないと言ったとかで
そんな訳で伯父さんは 本来跡継ぎとしての相応の財産を貰って家を出て
別の土地に家を建てて 商売を始めて暮らしていたようでした
私が遊びに行った事がある伯父の家は 確か二子玉川で
私と同じ年と一つ違いの男の子が二人いました

父方の二人の伯母のうち一人は蒲田に もう一人は
たぶん 父が相続する時に分けてもらったのでしょう 
私が住んでいた家から数軒後ろの方に 家を建ててもらって住んでいました
蒲田に住む伯母は 三番目(父のすぐ上の姉)でしたので
父とは一番仲が良かったみたいで 私の両親が離婚してから
どれくらい伯母の所に居たのか 私は覚えて無いのですが
父が再婚するまでの一時の間 その伯母に預けられていました
ただ もし両親が離婚届を出す前から別居していたとしても
私のすぐ下の弟は4つ違いなので たぶん私が叔母の所に居たのは
長くても一年か ホンの数ヶ月だったのだと思います

これはずいぶん後から聞いた話ですが
父が慌てて再婚しようと思ったのは 父が時々お土産を持って
私に会いに来ると 私は従兄妹たちと同じ様に「おじさ~ん」といって 
お土産を持って会いに来る父に駆け寄ったそうです
両親が離婚したのは 私が三歳になる一ヶ月前でしたし
もしそれ以前から 伯母に預けられていたとしたら
まだ小さい私ですから 父から離れて伯母の所に住んでいれば 
父のことを忘れてか 従兄妹たちと同じ様に父のことを
「おじさん」と呼んでも仕方なかったかも知れません
でも 父にとってはその事が余程ショックだったらしく
早く再婚して私を引き取り 一緒に暮らしたいとそう思ったそうです
さらに父が慌てて再婚せざるを得なかった理由は
私が生まれた時 父は23でしたから 離婚した年でも
まだまだ充分若いですし何しろ跡取りです
それでも 私という連れ子が居る訳ですから両親(祖父母)にしたら
その後 ずっと独り者という訳にはいかなかったでしょうしね
父が 早く私を引き取りたいと思った気持は嬉しいですが
それよりも両親(祖父母)がうるさく言ったのかも知れません

ところが 私がどれだけ父から可愛がられたかというと
残念ながら私には さほどその記憶はないのです
私の中にわずかに残っている記憶といえば 小さい頃から近所の子が
持ってないような大そうなおもちゃを持っていた・・・そんな程度です
父には 親から引き継いだ財産があったでしょうし
家の敷地には 父がやっていた大きな印刷工場がありましたし
子供に買ってあげるおもちゃなど たいした金額ではなかったでしょう 
お祭りの時などは 使い切れないほどのおこずかいをくれたり
胸のところの糸を引っ張ると おしゃべりする人形を買ってくれたり
女の子だというのに 欲しいといえばローラースケートを買ってくれたり・・・
とにかく 物には不自由しなかったけれど
でも 私はそれほど嬉しくもなかった・・・
父には申し訳無いけど そんな記憶しか有りません
ただ いまでも覚えている父との唯一楽しかったと思える想い出は
幾つぐらいのころだったのか 自分では良く覚えて無いのですが
その頃 私が大好きだったぺこちゃんの目がくるくる動く
大きな箱のミルキーを買ってくれて バスの一番後ろの端っこに座り 
私を横に座らせるか父の膝に乗せて バスが揺れるたびに 
私を大袈裟に持ち上げて 大喜びさせてくれたのでした
子供には 使い切れないほどのおこずかいや人が持ってないおもちゃよりも
そんな些細なことの方が ずっと嬉しい事だったのかもしれません


そういえば今の母から聞いた話ですが 父がお見合いする筈の相手は
本当は今の母ではなかったそうです
じゃぁ何故今の母と結婚したのか その経緯を聞いてみると
母はこう言いました

『 お父さんがお見合いをする相手は 昔で言うところの大地主の娘さんで
その人とは 従姉妹どうしで年も近くとても仲が良かったのよ
ところがお見合いをする間近になった時 その従姉妹から
本当は好きな人が居るから お見合いはしたくない 』とそう聞かされたそうです
それで母は あなたがお見合いする気がないなら私がするからと言って
父とお見合いをしてその後 結婚したそうです

実はこの話はちょっと曰くつきで 今の母との結婚を祖母は快く思ってないようでした
その理由は (祖母が思うには)父は 財産のある跡取り 
しかし母は(東京なのに)田舎の農家の7人兄妹の三番目で
昔だったら 食いぶち減らしで奉公に出されるような家柄の娘
祖母からみたら今の母は父とはつり合わない 
跡取りのまだ若い男性とのお見合いは 母にとっては玉の輿
祖母はきっとそう思っていたのでしょう
そのせいか 私が知ってる限り 勿論どの家でもあることですが
嫁姑の仲は かなりよくありませんでした 
そして今の母は私に よく祖母のことを悪く言うのでした
確かに 祖母は相当きつかったけれど 
昔の女ですし 私から見たら今の母だってかなりのものです
正直 どっちもどっち・・・って気がしますが・・・

でも 今の母のいう事もまんざらでもないと思えるのは
私も 決して祖母の事が好きではなかったのです
普通なら 祖父母と同居しているんですし父が離婚しても 
祖母が私の面倒を見ても不思議ではないのに 
私の記憶の中には残念なことに 祖母に可愛がってもらった記憶は
父よりも更に残っていません
家族の中で 私の世話を一番してくれたのは 
もしかしたら祖父だったのかもしれません
勿論 昔の人ですからたとえ孫とは言え悪い時は容赦ないですが
小学生の頃 祖父のそばで宿題をやっていると祖父は私に
頼みもしないのに自分の指も貸してくれて 算数の宿題を良く手伝ってくれました


こんな家族の中で私は さらにオテンバぶりを発揮して大きくなりました


私が父の若い頃の事を聞けるような年になった頃 父は再婚していたし
思春期になった頃は ただ厳しいだけの父を好きになれなくて
父とあまり話をすることもなかったので 私を生んだ母のことや
父の若い頃の話を聞ける人がいませんでした
だから 結婚当初の両親のことや父や母の若い頃の話
そして私が一番知りたい両親の離婚の理由は
それから更にずっと大人になって 聞けることになったのですが
残念ながら 父についてあまりいい話を聞いたことがありません
でも父のことを話してくれる人達は 父方の伯父や伯母ではなく
今時々会う 母方の叔母たちの話なので多少の色づけはあるかもしれません

Bebe


(また いずれ更新します)

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

自叙伝~私の生まれたところ~

~ 立川育ち ~

私は立川育ちです
今 実家は立川ではないのですが 中学一年まで立川でした
私が住んでいた頃の家は 立川駅から歩いて20分ほどの
駅前から真っすぐ伸びた通り沿いにありました
家の庭はやたら広くて 真ん中には大きな柿の木があり
小さい頃はよくその木に登って 親や祖父母をハラハラさせたようです
敷地は200坪位でしょうか 裏には家で食べる分なのか
祖父が結構広い畑をやっていて 小さい頃はまだとうもろこしやスイカ
きゅうりやトマトなどが生っていて たまぁ~に祖父の目を盗んで
トマトをかじったりしてそれがバレると 『こらぁ~!』と杖を振り上げ
じいちゃん元気がいいなぁ~と思うほど かなりしつこく追いかけられて
何度か怒られたことが有ります
子供ながらに 家のものなのにどうして食べたらいけないのか
訳がわかりませんでした
私がまだ幼稚園の頃は 近所にはまだまだ原っぱのような空き地が
たくさんあって 我が家の裏からずず~ぅと道一本向うまで全部
父が親から譲り受けた土地で 真ん中にぽつんと伯母の家があったのに
実家が引っ越す頃は 父が少しずつ売ってしまったのでしょう
譲り受けたその土地には 充分な庭付きの十数軒の家が建ち並び
残ったのは 我が家だけでしたが
まだ私が生まれる前は その全部が畑だったようで
その畑は 分家の人たちも手伝いに来ていたそうです

今の実家から立川駅に行く時 二つのバス会社のうちの一方に乗れば 
多少遠回りですが 以前住んでいた所の前を通りますので 
昔とはだいぶ様変わりはしていますが 私にはとても懐かしいです

私が生まれた時は 両親と文京区で暮らしていたようでしたが
父が家の跡を継ぐことになってからは 立川で暮らしてますから
私の小さいころの記憶は立川で 今では新宿に負けないほどとても栄えていて
賑やかになっていますが 私が住んでいたころは まだまだの場所で
駅のすぐ近くに立川基地が有ったので 駅周辺には
基地の軍人や 基地関係の人たちが大勢いました
駅の近くの裏道に入ると 赤線地帯のような場所で
昼間でも 通るのをためらうような そんなところがあり
その一体はいかにも 基地の街ってところでした 
ですから当然の如く 基地で働いている日本人も大勢いて
私の祖母も一時期は 基地の中の軍人?の家で働いていたらしく
家にはよくあちら製のものがあって なかでも貰って嬉しかったのが
HERSHE'S(ハーシー)チョコで 今でもそのチョコは大好きです

幼稚園もすぐ裏は基地でしたし 幼稚園に一緒にいく中には
日本人とのハーフの子がいたりして なぜかいつも仲良く遊ぶ子は
二人ともハーフの男の子でした
そのせいで私までハーフだと思われたのか それとも両親が言うように
私も若干ハーフのような顔立ちだったせいなのか 小学校一年生になった時
学校に行く道の途中に 意地悪な男の子が数人いて 私は
『や~い! や~い! アメリカ人!』 と よくいじめられて
お陰で私は学校に行くのが嫌で 朝になるといつも
集団登校で迎えに来てくれる人たちとは 一緒に行けずに 
後から母の自転車の後ろに乗って 学校に行ったのを覚えています
それからかなり大きくなって 弟の友達と一緒に家で遊んでたのですが
後から聞いた話では その子が家に帰って親に
『あの子(弟のこと)のお姉ちゃん アメリカ人なんだよ』と言ってたそうです
そんな風に言われた極めつけに笑える話は 私が最初の夫との結婚当初
姑の友達が 姑にこう聞いたそうです
『 あんたのとこの嫁さん 日本人なのかい?』 と
すると姑は
『 さぁ ちゃんと聞いた事がないから・・・』 とか
長女とよく遊ぶ公園で 私達を見かける一人のお母さんが
家に帰ってそのご主人に
『 前の公園で ハーフの親子がよく遊んでいる 』と言ってたそうです
その人が 私と娘のどちらをハーフと思ったのかは分りませんが
娘は今でも 
『 純粋な日本人?』と聞かれるそうですから
どうやらハーフっぽく見えるのは 私系のDNAらしいのです
そういえば父も母も若い頃の写真をみると 多少日本人ぽくない顔でした
ただ幸い?なことに 年を追う毎にどんどんちゃんと日本人ぽく(笑)なって
いまでは私を だ~れもハーフみたいなんて思わないでしょう

こんなふうに 私の小さいころの想い出はそんな笑い話の他に
私を語る いまの私の性格を示すような出来事があります

とにかく私の小さい頃はとても内弁慶で 本来はとてもオテンバなのですが
外に出るとかなりの引っ込み思案で 自分でも情けないほどの
出来事の一つに 小学校三年生になってすぐ書道教室に行きたくて
母と一緒に道具箱を持って 教室の前まで行ったのですが
扉を開けた途端 教室には見た事のある友達の顔が数人あって
その事が恥かしかったのか 自分から行きたいと言ったにも係わらず
母が中に入ろうと散々私の背中を押しても 私は一向に中に入ろうとせず
ただただ黙ったまま 一歩たりとも動かなかったそうです 
とうとう根負けした母は仕方なく 私を連れて家に帰ったそうです
その後も弟はそろばん塾に通ってたのに 私はひとつも塾には行ってません

そうそう この性格のうちの強情を示す証拠写真がある出来事がひとつ
それはまだ小さい頃 父の会社の人たちと一緒の社員旅行でのこと
私は 父にその旅館で買って貰った 赤い電話のおもちゃを
大そう気に入ったようで ずっとその電話で遊んでいたそうですが
従業員のお兄ちゃんが その電話をうっかり踏んづけて壊してしまったそうです
それをみた私は大騒ぎでわーわー泣いたそうですが 
当然お兄ちゃんだって大慌てです
申し訳ないと思ったお兄ちゃんは お土産屋に行って同じおもちゃを買って
私にくれて謝ったそうですが 私はお兄ちゃんが買ってくれた
新しい電話には見向きもせず ただただ泣くばかりだったそうで
それを見て困った周りの従業員や両親が 新しい電話を私に見せて
一生懸命慰めても 機嫌が直るどころか泣き止んでも虫の居所が悪く
せっかくお兄ちゃんが買って来てくれた電話には 触りもしなかったそうです
母が 『どうしてこれじゃあダメなの? 同じものだよ』 と言い聞かせても
私の言い分は 
『同じじゃない! 私のは壊れちゃった! これは私のじゃない!』
そういって聞かなかったそうです
そのお兄ちゃんは従業員の中で一番若く 私をとても可愛がってくれて
私も そのお兄ちゃんが大好きだったみたいなのですが
その出来事だけは お兄ちゃんを許せなかったみたいで
お兄ちゃんの膝に座って ほっぺを膨らませぷんと横を向き その傍らには 
赤い電話がぽつんと置いてある 一枚の旅行写真がありました
年齢はたぶん 4歳前後だと思うのでかなりわからんちんですね

そんな出来事のせいか
その後の両親の私の評価は 
オテンバの内弁慶で引っ込み思案だがかなりの強情だそうです

三つ子の魂百までも・・・といいますが 確かに今でもそういう部分は
残っているかもしれない・・・ 情けない(笑汗)

お粗末なお話です
とりあえず今日はここまで   またいつかこの続きを更新します

| | コメント (14) | トラックバック (0)