趣味・お遊び

発表会(ホイケ)と映画

一昨日の10月6日は フラの発表会でした

8月からフラを習い始めて レッスン3回目で
図々しくも 『私も発表会に出る!』 と宣言したので
それからはもう必死で ステップと振り付けを覚えましたsign01
で 実質練習たった8回で ホイケとなり 一昨日無事に終りました

一緒にレッスンしている皆さんは 6月から始めてますので
私が入った時には 1曲のうちの三分の二の振り付けが終っていて
ですから私は 練習中 皆さんの振りを見よう見真似で覚えて
家に帰ってから 何度も練習しましたsweat01
お陰で 皆さんに 『 一番遅く入った○○さんが 一番上手!』と
言って頂けるまでになりました
そんな訳で 9月に入ってからの自主練習の日には
私が前で踊らされたりで 見かけによらず小心者の私は
かなり どっきどきwobbly な訳で 
だからそういう種類の緊張は 慣れたかと思ったのですが

それなのに本番は もっと上がってしまったのですhappy02

曲目は 私が大好きだった エルビス・プレスリーの
Blue Hawaii です

私たちのグループは 全員が初心者ですので
基本のステップ4種類だけで踊りました
衣装は 上だけをブルーのTシャツで揃えただけで
下は それぞれ自分の練習用のパウスカートで踊りました
先輩達のフラは お揃いのとってもキレイなドレスだったので
私達は ちょっと・・ いえ かなりしょぼかった~~ coldsweats01
でも 楽しかったです

帰りのバスの中で皆さんと
来年はお揃いの素敵なドレスで カッコよく踊ろうねsign01
誓い合ったのでした 

大先輩のお姉さん方(結構 年配の方が多いのです)のフラを見て
すっかり興奮した私達は 既に来年のドレスのデザインを
あれこれと想像しながら 色は何色がいい とか
腕のぷるぷるを隠したいから 絶対に袖付きにしょうね とか
レイや髪飾りの形や色まで 想像しながら
大騒ぎで帰って来たのでした

今年のホイケは ホテルの大広間での お食事付きで
生徒さんだけの発表会でしたが 来年は市内のホールを借りて
お客様をお招きして催されるそうで  楽しみnotesです

さて そのホイケの前日の日曜日
『 トウキョウソナタ 』 を観ました
この映画は 2008年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で
審査員賞を受賞しています
監督は 「アカルイミライ」の 黒沢清さん
主演は 「ゆれる」 の香川照之さん 小泉今日子さん

映画は 
ごく普通のサラリーマンの父親が
ある日突然リストラされ それを切っ掛けに家族が崩れていく
ちょっと有りえない様な展開も有りつつの コメディ・ドラマです

特に〝感動的〟といえるような映画ではないのですが
どこにでもある様な 家庭の風景が ちょっと身につまされるのです
何も無い 平凡な毎日の中に居る時は
「我が家は平和だ」と みんながそう思っているんだろうけど
そこには家族の絆ってものが 存在しているのだろうか・・・と


彼が観たいとリクエストした映画でしたが 
私は 面白かったけど ふ~ん という感じ

001
8月に行った 箱根のベコニア園で・・・

| | コメント (20) | トラックバック (1)

bebe フラガールになる!

すっかり夏でございます 
毎日 暑いです bearing

かなり間が空いてしまいましたが ・・・
タイトルをご覧のとおり わたくし フラを始めましたnote
いまさらsign02 と 思われるでしょうね
世間で大流行している時は 見向きもしなかったんですが
と 言うより 本当はもっと早く始めたかったんですが
何かと忙しくて ・・・ と まず言い訳をして
本当は 社交ダンスをやりたかったんです

50過ぎたら 社交ダンスnotes  って ずっと決めてたんです

でも 中々始める切っ掛けが無いままでした
ところが 先月の中頃 ちょっとした知り合いに会いまして
聞けばその方 社交ダンスをやっていらっしゃると!
そこで お誘いを受けまして 練習を見に行ってみました
私 見に行く前からやる気満々でした
でも ・・・ (思った通り)お年寄りばっかsweat01でしたのよ
どおひいき目に見たって 私より15~20は上
その方達の中で 自分が踊る姿を想像してみました
何しろ社交ダンスは 人と一緒に踊る訳で
という事は 相手がいないと踊れない訳で 
結果 ちょっとあたし 可哀そうかな・・・と

そんな訳で 次なる踊りとなりまして
今度は フラに目をつけまして
いえいえ フラだって やってみたかったんですよ
動きがゆっくりだけど 結構痩せそうgood
そんな気がしたもので 

そこで早速 市のホームページから 
幾つかのサークルをピックアップして 見学させていただきまして
かなり人気のある先生のサークルに 登録させて貰いました

Photo

気の早い私は まだ一度も練習してないうちから
すっかりその気になって 練習用のパウスカートをネットで注文
そのパウをはいて 火曜日に 初めてのフラに挑戦しました

思ったより 難しいsign03
しかも 腰がめっちゃ痛いimpact

その日 先生は所用でお休みで 練習は先生のお弟子さんが二人
コーチとして 教えて下さったのですが
私 初めてですから ステップさえも解らないのに
『とりあえず 皆さんのを見ながら 踊ってみてください』って 
簡単に言われちゃいまして 
仕方ないので 必死に見よう見まねで踊ってみましたが
前方の鏡に映る私 きっと盆踊りのようだったと思うのです
でも 皆さんが難しいと一同におっしゃる基本のステップ 〝カオ〟
これが私はちゃんと出来ているらしく 
コーチに誉められましたscissors
うふふ・・・ でも 優しいのは初めてだから?
もしかして 飴とムチ?

Pau02 Pau03

| | コメント (16) | トラックバック (0)

お遊び

ちょっとは涼しくなるかも・・・そう思って作ってみました
オートシェイプで使ったパーツの 使いまわしなので
絵はじっくり見ないで下さい

*音が入ってますので Blog-tunsは止めてます

| | コメント (14) | トラックバック (0)

西日をみながら~3

女にとって 一番居心地のいい場所は 北側に面した和室で
窓からは 隣の寺の数本の杉の木が見える 
風の強い日は 家の中からでも その強さが解るほどで
その杉の木の手前に 隣家が見えるのだが 程よく離れているので 
人目が気になることはない

日暮れ真近でも 長く西日が差し込む和室の その部屋の片隅には
パソコンが置いてあり 男が帰る間際まで
暮色に包まれて その場所に居る事もしばしばで
最近の女にとっては 一番寛げる場所と言ってもいい
だが 女がそこに居られるのは 昼間の数時間と
男が寝静まった深夜かで 
男の気配がある時には 仕事以外にその場所に座る事は許されない

男は仕事が済むと 必ず女に連絡を入れる
それは 気の利いた優しさではなく
男が家に戻る事の知らせは 同時に女の居場所を指示する為の連絡であり
女はその連絡が入ると どんな所にいても 必ず元の場所に戻るようにしている
もし 帰っているのを知らずに 勝手な時間を長く過ごせば
男が不機嫌になることを 良く解っていたからで
最近ではその連絡が 〝不自由の告知〟の様に思えて
そういう習慣の煩わしさが 女の中に少しずつ鬱積し始めていた

その不自由の告知は 時には思いがけない程の速さでやってくるのだが
だからと言って 女にとって 男と居る時間が苦痛というのではない
男の好物の酒の肴と 女が満面の笑みで相槌を打てば
男は機嫌よく酒に酔い どうかすると女の心配をよそに深酒をして
少々の千鳥足で 早めに布団に入ったりするのだった
そうして何処にでもある 普通の夜が深まるのだが
女の本当の憂鬱は こういう時に限って大きく広がるのだった

男が深酒をした時 女はわざと遅く布団に入る
眠くて我慢が出来なくなるまで パソコンの前で時間を潰し
殆ど秒殺かと思える程の睡魔に襲われるまで 決して布団に入らない
それは 元々女が寝つきが悪いとう事も遠因しているのだが
それよりも もっと大きな苦痛が 寝室には待ち受けているからだった

女はパソコンの電源を落とすと そっと寝室に入り 息を潜めて布団に潜り込む
そんな事をしなくても 絶対に起きないほど熟睡している様な時でも
何故か人の気配を感じるらしく 時々遅く布団に入る女の事を叱ったりするので
そうすることは 女にとって防御でもあった

女は自分の気配を殺して 小さく布団を持ち上げると
そこには良く鍛えられた 筋肉質の男の足が 女の領地にまで侵食して来ていて
男を起こさないように その太ももをそっと動かそうとするのだが
そう簡単に動く訳も無く それは非常に困難を極めるのだが
男に気づかれずに布団に入るには この作業は必須条件だったし
必ずと言っていいほど 無意識に放り出された男の足はそこにあった

女はそっと布団に潜り込むと 暫くは身動きをせず じっと息を殺して様子を見る
すると男は 女が布団に入ったことを確認したかのように 
途端に激烈なイビキをかき始める
しかもそれは ご丁寧に往復だったりするので 
一度耳に付くと すんなりと眠れる事はまずない
しかも途中でその大波がふと 止まったりするように聞こえたりするので
男が 息をするのを忘れてしまったのではないかと心配になり
尚更 寝付かれなくなるのだった

イビキの次は 歯軋りである
歯軋りの音は女のこめかみや 頬まで堅く緊張させ
聞いている方の奥歯まで痛み出すようで 
女の神経を 金串で突き刺すような 耐え難い音だった

そして男は必ず寝言を言う その寝言はいつも必ず怒っている
その声は とても寝言とは思えないほどの大声で
女は最初 遅くに布団に入った自分が怒られているのかと思い
聞こえない振りを装ったりしたのだが どうやらそれは女に向けてではなく
ただの寝言だと解るまでには 数日掛かったのだった

女はそれが悔しくて 一度文句を言った事があったのだが
男の言い分はこうだった 「寝ているから 仕方が無い」
そういわれてしまうと 返す言葉も無く それでも
では逆に 寝ていたら罪は免除されるのかと
女は密かに 自分の悪巧みを試してみようかと思ったりするのだった

殆ど毎晩の様に繰り返される 大波と 歯軋りと リアルな寝言
こんな光景は どこの家でもありえる事だとは 解っているのだが
それでも この忍従がずっと続くのかと思うと 女は更に憂鬱になるのだった
だからと言って 寝室を別にする事は出来ない
そんな事をすれば たちまち男は機嫌を損ね
しかも そういう事が 別居宣言の様に取られる事は必至で
だから今日も女は そっと布団を被り 
この眠りを通り越せば また新しい朝が訪れる
そう思いながら 眠りにつくのだった

                    完

*つまらないたわ言を 最後まで読んでくださって ありがとうございます

     zbl004

| | コメント (18)

西日をみながら~2

女は いつも自分には自由になる時間が少ないと 思っていた

家族が仕事に出かけてしまえば 家に居るのは女一人で
気を使う姑が居る訳でもなく 手の掛かる子供も居ない
他人から見れば 勤めにも出ず毎日家に居るのだし
決して女の一日だけが 人の半分しかないという訳でもないのに
いつもその事を不満に思っていて
この事が より一層女の憂鬱を増幅させているのである

そして この憂鬱と 女が一番我慢できない憂鬱の原因が
全て一人の男の仕業である事も 理解している

男の存在・・・それは女にとっての配偶者 つまり世間で言う所の夫で
その一人の男の存在は 時として女にとっては赤潮のように思える時があった

この男のお陰で女の自由は圧搾され 身動きが取れないこともあるからで
勿論 女は自分の生活の一切が その男によって確立され
保護されている事も 良く認識しているのだが
その悪童のような寝顔を見ていると 時々自分の手が他人に成りすまし
思いっきり殴りつけてみたい という衝動に駆られる事がある
だが どうやら今日も男は無事なようで 女も何食わぬ顔で男を見送り 
そして 何気ない毎日を送っているのである

その何気ない毎日の 昼間のほんの数時間が
唯一 女が自由に居られる時間だった
だから 阿片の様な パソコンの魅力に取り付かれた女にとって
何も用事が無い時の昼間は とても貴重な時間で
一旦男が家に戻れば すぐに女の自由は無くなり
常に男の視界の中に 居なければならなかった

だが女には 何故男がそこまで自分を金縛りにするのか
未だに理解出来ないでいた
確かに 男は関白ではあったが 決して優しくない訳でもない
ただ人よりほんの少しだけ頑固で 融通の幅は狭い
とりわけ一人にされる事を嫌うので いつも一緒に行動しなければならず
そのことが 女を憂鬱にさせる原因でもあった
ただそれ以上の憂鬱は 夜にあるのだが・・・

to be continued     

    zbl004


*お風呂の工事で 家に人が居て落ち着きませんので
 今日はこれくらいで・・・

| | コメント (14)

西日をみながら

女は 良く手入れの行き届いたバルコニーから 
まだ陽の当らない 西側の裏通りを眺めていた
道端には 中流意識を持つ人たちの 
唾液をたっぷりと詰め込んだ袋が 山積みにされていて
もう少しすると いつものちょっと調子の外れた音楽が流れ
数人の男達の手で 戦車のような車の中にそれが投げ込まれていく

晴れた日でも 滅多に外には出ないのに 
女は 今日の天気を心配しながら空を眺めたあと 花に水をやり
暖かい部屋へ戻ったのだった

部屋に戻ると携帯電話を取り出し 今日の予定を確認するのが習慣になっていた
以前は電化製品のお知らせブザーがうるさいと イライラした事もあったのだが
最近では すっかり物忘れが酷くなり 友人に待ちぼうけを食わせる事も珍しくないので
仕方なく 大嫌いなそのお知らせ音を 頼りにする事になったのだった

何も予定が無い事を確認すると 一通りの家事を終え
まるで義務でもあるかのように パソコンの前に座るのも
ここ一年以上続いていて それも楽しみの一つでもあった

女は自分がこれ程機械が好きだったのかと ちょっと驚いている
日がな一日 パソコンの前に居る事も珍しくなく
次から次へと色々な物に興味を持ち その好奇心は留まる事を知らない
もし家の中で一大事があった時には 真っ先にパソコンを持ち出すのだろうと
家族のだれもがそう思っている
だが 女は決して若くは無い
数時間パソコンの前に居れば 目や肩や腰が痛むのだが
好きなことをしている時の 誰もがそうであるかの様に 
女も その疲れは心地よいものだと感じている
そう思えるのは 好きである事の他に 
それよりも もっと憂鬱な問題があったからだった

to be continued

zbl004

*冒頭の二行は 『陰日向に咲く』 をちょっと真似てますd(^-^)





| | コメント (10)

気分は時々くもり・・・

確定申告を やらなきゃいけないのに onna01
今日のお天気の様に 気分がパッとしません
そんな訳で今日一日は 
遊んでいることにしました


こんなことして・・・

オートシェイプとハイパーペイントという
フリーのソフトを使って
描いたものです

|

力不足

ハイパーペイントで 絵を描いてみましたblhana011
思っていたより ずっと難しい
マウスの速度を遅くして 描いてみたけど
上手く形が取れないし 思う様に色が拾えないし
花びらも 葉もペッタンコで 立体感がまるで無い

オートシェイプの様には いかないね
でも 自分で描いたという感覚は残るかな・・・

|

オートシェイプ+EDGE~遊女

花魁を描いていたんですが 画像が大きすぎて 描き直してます

      yujo

(オートシェイプで絵を描く簡単な やり方と
   描いた絵を画像として保存する方法を 私なりのやり方で紹介しています
   サイドバー ≪美・美≫ からどうぞ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

オートシェイプ+EDGE~フラメンコ

真剣に踊ったら 痩せそうだね   flamenco1

| | コメント (11) | トラックバック (0)