« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

あと3週間です❢

もう10月も終わりですね
さて 11月と言えば私の誕生日とボジョレwine
今年のボジョレの出来は中々期待できるそうなので楽しみです
みなさま もうボジョレ・ヌーヴォーは決まりましたか?

私はもうとっくに予約済み  今年もル・ーデュモンです
ここでも記事にしましたがルー・デュモンは日本人 仲田さんが造るボジョレで
すべて手摘みで ヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)から造られているので濃縮感があり
日本人らしい職人気質の丁寧さが出でていてとても美味しいワインです
   (仲田さんは1995年に渡仏し フランス各地で醸造の修行
    2000年に メゾン・ルーデュモンを設立 
    2003年にジュヴレ シャンベルタンに自社カーヴを取得)

ルー・デュモン  ボジョレ ヌーヴォー 2013

1_2他にも気になるボジョレを紹介します
まずはこれ

2


 



ドメーヌ ブリア

    ボジョレ ヴィラージュヌーヴォー 2013

 

 このワインもヴィエイユ・ヴィーニュから造られて
 味わい深いワインで
 ブリア氏元詰めヌーヴォーはごくわずかな数しかなく
 〝幻のボジョレヌーヴォー〟だそうです

 更にこのボトルは 〝ポ・ボジョレ〟と呼ばれる
 伝統的なボトルを使用していて
 エチケットはブリア氏の手書きなんですって❢


 
 

3_2






 ドメーヌ リュエ 

   ボジョレ ヴィラージュヌーヴォー 2013

  

 クリュ・ボジョレを中心とした品質重視のドメーヌで
 ボジョレでも屈指の生産者です
 
 数々のコンクールで賞を受賞していて
 〝テラ・ヴィティス〟(自然環境を大切にした
 栽培・醸造する団体)の規定に沿って栽培
 醸造を行っている高品質の元詰めワインです

さて他にも気になるのが イタリアワイン
そう ヴィーノ・ノヴェッロ 
ヴィーノはイタリア語でワインのこと ノヴェッロは新しいという意味です
つまりイタリアの新酒です
1_3


 
 
 ファルネーゼ 

   ノヴェッロ / テッレ・ディ・キエティ 2013

  イタリア アブルッツォ州 サンジョベーゼ種の
  凝縮感たっぷりのワインで
    ボジョレ ヌーヴォより好きだという人も
    少なくない 人気のイタリアワインです
  
     このワイン 私が初めて飲んだのは
    古くからのブログ友から頂いたのでした
    勿論 新酒の時期にです
    元々イタリアワインは好きなので
    次の年も飲みたいなぁって思っていたら
    また次の年もノヴェッロ 頂いちゃいました
    このワインのエチケットの面白いのは
    毎年エチケットの数字が大きくて目立つことです❢


さてもう一つお勧めのノヴェッロは
2_2



  




ドゥーカ・ディ・サラバルータ


 

   コルヴォ / ノヴェッロ シチリア 2013


 ドゥーカ・ディ・サラバルータは
 イタリア シチリア島の老舗ワイナリーで
 イタリアの土着品種 ネロ・ダーヴォラ種で作られた
  まろやかだけど新酒とは思えない深い味わいで
 シチリア島のワインなので 魚介類にも相性がいいです

ところでイタリアは フランスよりも早く解禁だそうです
日本時間では今年は11月30日 昨日だそうです


さぁ ボジョレ解禁まであと3週間 今年の味が楽しみです     

 
 

| | コメント (12)

銀座もハロウィン

我が家にはハロウィンなんて全く関係ないのだけれど
いつもの様に巻き込まれてます
誰にって? 決まってるじゃん❢ 最初の彼女さsweat01

彼女の母親を31年もやってますから もぉ 慣れっこなんですけどね
で、今月初め頃から 
『今年のハロウィンの衣装は何にしよう~』って 大きな声でひとり言
私はパソコンに向かっていて聞こえない振りをしていても そのうちに
『 ねぇ これはどお?』 って・・・ (スマホを私に向ける)
仕方ないから 『 どれ?』って見に行く私
彼女は何でもこうやって 私を巻き込むんです
他の人と衣装がかぶらない様に 歴史上の人物からアニメまで
ネットであれこれ探すのも大変だけど もっと厄介なのが着丈
最初の彼女 身長167 46㌔ その為 Sサイズだと着丈が短いので
着れそうな衣装を見つけるのが大変なんです

でも 衣装さえ決まってしまえばもう用済みですからいいんですが
今年は違いました
お店のママの提案で 何か出し物をしましょうup ですって
そんな訳でママ達を除いて 売り上げのおねぇさん&ヘルプさんで
幾つかのグループに分けて それぞれで踊りだったり歌だったり・・・
さて うちの彼女たちは何をやるのかと思えば 
何と 〝ひげダンス〟だそうです
言い出しっぺはうちの彼女
ご存知ですよね  そう懐かしのアレですよ 
最初の彼女は一応 売り上げのおねぇさんの部類ですから
やらなきゃいけない事は ヘルプさんより多いのは仕方がない事で
で、それがぜ~んぶ❢ 私に回ってきた訳です

まず 〝ひげのテーマ〟曲を探してダウンロード&CDに書き込み
ついでに 原曲と同じようにCDにプリントしてあげて
次は 練習と本番で使う果物の調達 りんご・オレンジ 計24個
挙句の果てに『 これ 重くて持って行けない~❢』というので宅配便でお店へ送る

ま、親バカと言ってしまえばそれまでですが・・・ 事実 親バカでございます

さて そんなこんなの大騒ぎの後のハロウィン当日
もう ウン十年も昔ですが 私は某化粧品会社に勤めてましたので
『どんなメイクにすればいい?』って そういう時だけは
素直に私にアドバイスを求めてきます
人ごとの私は『ライオンキング並に思いっきりやっちゃえ~』って・・・

さて お店が終わって深夜2時ごろ帰宅した最初の彼女
ハロウィン衣装のままタクシーで帰って来ました

本邦初公開 うちの最初の彼女の今年のハロウィンがこれ❢

Halloween_3今年はレオパード シッポもちゃんと付いてます
フード付きなんですが さすがにお客様の隣でフード付きはまずいので
猫耳カチューシャを付けてます
可愛いフリフリ系が嫌いな彼女 これくらいが精一杯みたいです
でも こんな格好のお客さんを乗せたタクシーの運転手さん 驚いたでしょうねぇ
『 近頃は変な人が多いなぁ 』って 思ってたかも
でも この格好で帰って来た彼女を見て 大笑いした私
思わず携帯でパチリ❢ 
「ママのブログに載せていい?」って聞いたら
「もう TV・PV.・新聞・雑誌 全部顔出ししてるから
      オバサンのブログなんかOKだよ」って
かわいくない言い草だこと❢

| | コメント (20)

アイスヴァイン❤

久し振りにワインの話

頂き物ですが 私がワインから離れてしまいそうになったのを
戻る切っ掛けとなった大好きなドイツワインです
しかも タイトルにもある様に憧れのアイスヴァインheart01
それが これ

Winec
    実はこれ 飲んだ後の画像です
    更に このワインを飲んだのは8月でございます
    (8月に飲んだのに 今頃のUP?と思う方は 
        この前の記事をご覧ください)
    嬉しくてたまらず さっさと飲んでしまってから
    慌てて写真を撮り エチケットを剥がしてファイルしました

さて ここからはワイン好きのうんちくですので
ワインに興味のな方はスルーして下さって結構ですよ

まずアイスヴァインとは何ぞや?ですが
アイスヴァインは カナダも有名ですが発祥はドイツです
ヨーロッパでワインを作れる最北端の国 ドイツ
そのドイツの特産ワインの一つが アイスヴァイン
このアイスヴァインは 秋になっても葡萄を収穫せず じっくりと待って
気温が下がり 葡萄が凍ってからワインにするので果汁が凝縮され
とても濃度の濃い甘いワインが出来上がります
手間暇が大変掛かる為 お値段も高価です
この頂き物のワイン 375ml ハーフボトルですが¥3400程度
フルボトルなら¥6800 我が家ではこのお値段のワイン 滅多な事では頂けません
さて肝心の味ですが このワイン 極甘口ですが思ったよりずっとさっぱりしていて
甘味と酸味のバランスが絶妙で 味に広がりがまります
私がドイツワインを好きな理由の一つ 甘いけど甘さが残らない 
本当に美味しいワインを頂きました

そしてこの日は
Amuseg
Amuse29
Dinner4
             パスタ ジェノベーゼ
 

| | コメント (10)

どぉ~なっちゃうの? あたし・・・

すぅ~っかりご無沙汰でございます❢

9月は 一度も更新がないまま10月を迎えてしまいました
夏の頃から 更新したい出来事は沢山あったのですが
何しろ忙しく・・・
といっても 半分は 『休みの日ぐらい のんびりしたい❢』」という欲求と戦いながら・・・ 
実は 休みの日は 病院通いでした
月に一度の内科= 血圧  そして歯医者=数日
そして 突然 降って湧いたような整形外科
これは 左手が痺れるんだけど… から 首が曲がってる❢に発展して
今では 休みの日は必ず 首を伸ばしに… 
つまり ろくろ首になりに行ってます
だって このままじゃ いずれは自分では歩けなくなるって… 先生に脅かされました
先生曰く『これは 80代の首だ❢』ですって・・・
首で年をサバ読む気はないから良いんだけど
歩けなくなったら困る せめてトイレくらいは自分で❢
そう思ったら 休みの日に足しげく通って 首を伸ばして貰わないと=3
そんなこんなが続いて お休みの日はのんびりするどころか
返って疲れてます 
ですが・・・ 追い打ちをかける様に
挙句の果ては帯状疱疹でございます
もう 極め付けですよ

ある日 ふと気が付くと左足に虫刺され?のように赤くなってます
あらぁ~ ダニに刺された?
で、早速 虫刺され用の薬を塗って ベッドカバーからシーツから
全部引っぺがしてお洗濯❢
ところが・・・ 治るどころか増えてます
すると 最初の彼女がこう言い放ったのです

『それ ダニに刺されたんじゃないんじゃないの? 足 腐っちゃうかもよ
  車椅子になったって 押してあげないからね❢』って・・・

冷たいお言葉・・・

それじゃあ困る❢という事で早速皮膚科へ・・・
で、 結果 帯状疱疹でございました

病名が解ってホッとしたものの 帯状疱疹の薬代は思いの外 高く❢
もぉ~ 女二人の家計には かなりの負担でございました 
それでも 今ではどうにか痛みと疱疹は治まりましたが
それでも だるさが残るので ビタミン剤を飲んでます

皆さまも お気を付けてくださいませ 

Ha

| | コメント (20)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »