« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

重箱の隅を突いてみる

人って ついうっかり… というか思わず… というか
思いもかけず 人に不愉快な思いをさせてしまう事 ありますよね
そんな時あなたなら 不愉快な思いをさせてしまった人にまずなんていいますか 

私の経験では そういう方 つまり思いがけず嫌な思いをさせられた人に
思い切って「不愉快な思いをした」と言ってみた後
その時の相手の 『初めの一言』って不思議と一緒なんです
なんて言うと思いますか? 

「悪気はなかったのよ」 殆んどの方がこう言います
或いは 『そういうつもりじゃなかった』 とも・・・

〝悪気はなかった〟 〝そういうつもりじゃなかった〟それでお仕舞いですか 
本人は無意識でそういってるのか もしかしたら相手の気持ちを和らげようと
一生懸命に言ってるつもりかもしれませんが 残念なことに
そのどちらも いい訳ですよね
そしてどちらも 自分をかばっている言葉です
その前にまずいう事があると思うんですけど・・・
どうして一番先に 『ごめんなさい』 『悪かったね』って言えないのでしょうか

更にもっときつく言わせてもらえば 悪気が無かったから なに?!

謝っているつもりで言っているのか それともいい訳で言っているのか
どちらにしても 『悪気はなかった』の後に続く 本当は言いたいのであろう言葉
それは 悪気はなかったのだから 怒らないで
或いは 悪気はなかったのだから 私は悪くない
悪気はなかったのだから 許して・・・ そういいたいのでしょうか

例え全く悪気がなかったにしても 相手を不愉快にしたり
傷つけた事に変わりはないのです
傷つけられたり 不愉快な思いをした人は
『ごめんなさい』の後にも先にも 『悪気はなかった』は付けないで
ただただ 『ごめんなさい』 そう言って欲しいものなのです




.。o○o。.★ おまけ画像 ★.。o○o。.


Totoro
トト: お盆の時にはパパさんの送り迎えありがとね
   ママ 喜んでたよ❢ 来年もヨロシクね

| | コメント (22) | トラックバック (0)

京都のお土産

前回に引き続きおみやの記事です
今回は 京都です
頂いたのは これ❢
Amuse32  万願寺とうがらし

お恥ずかしながら万願寺とうがらし 初めてお目にかかりました
頂いた時 「えっ! なにこれ でっかいししとうなのかな?!」
それとも 「ちょっと出来そこないのパプリカ?」って思いました
で次の瞬間 そうか❢ 京都のおみやだからもしかしたらこれがかの有名な
万願寺とうがらしかも~ と言う訳で 初めてのご対面でした
緑を3袋 赤を1袋 食べきれないかと思うほど沢山頂きました
では早速調理開始でございます

Amuse33 万願寺とうがらしとじゃこの甘煮
最初に食べたのは素焼きでしたが 写真を忘れちゃいました
さて次は
Amuse30 
万願寺とうがらしの肉詰め&エビとホタテ詰め
分かりにくいですが一番手前の二つがエビとホタテ詰めです
肉詰めよりエビとホタテ詰めの方が美味しかったです
Amuse29 万願寺とうがらしとベーコン


そして極めつけは 最初の彼女のリクエストで
Amuse35 万願寺とうがらしのピクルス
私の感想は パプリカのピクルスの方が美味しいです
総合の感想は 万願寺とうがらし・・・
とうがらしだから辛いのかと思ったら甘いんですね
とっても美味しゅうございました
こうして二人で4袋の万願寺とうがらし完食でございました

そして他にも頂きました
Amuse36

黒豆腐
この写真だとちょっと分かりにくいですが 確かに若干黒かったです
味は濃厚で木綿よりやや硬めでした
Omiya19 ふきしぐれ
これちょっとしょっぱいので かなりごはんが進みまする❢

京都のおみや 大変美味しゅうございました

そうそう 去年最初の彼女のお客様が京都へ出張のおり
お土産はなにがいいかと聞かれたそうで とっさに思いつかず
最初の彼女は 「八ッ橋❢」 と答えたそうです
すると数日後 これでもかって程色んな味の生八ッ橋を4箱頂いた事があって
一生分の生八ッ橋を食べましたよ
頂いて申し訳ないけど 半分で十分でしたし出来ればお漬物の方が・・・ でした

| | コメント (22) | トラックバック (0)

お土産色々

子供が小さい時から毎年夏になると感じていたこと それは
残念ながら 我が家には田舎がない❢

子供が小学生の頃 夏休みになると殆んどの人が田舎に帰ります
そしてそれが夏休み旅行となったりもしている
ところが 我が家には田舎がないので毎年子供の為に
あちこちと どこかへ連れて行かなければならなかったのです
そう あの遠く懐かしい記憶 
夏休みになると書かなければいけなかった あの絵日記の為に

そして そしてその続きがまだあります
子供の頃はたかが絵日記ですんだのですが 大人になるとそうはいきません
絵日記が無くなった代わりに 今度はおみやで困らされるのです
大人になるとお盆休みがあっても必ずしもどこかへ出かける訳でもなく
のんびりと家に居たい時もあったりするものです
それでも 申し訳ないほどのおみやを頂くと 
お返しが出来なくて心苦しいものです

ま,そうは言っても頂いちゃったもん勝ちでございます

さて 皆様から頂いた数々のおみやです

Omiyaa_2
実はこれ↑ 去年頂いたものですが すっかり載せるのを忘れてました
沖縄のおみやは最初の彼女が買って来てくれたものです
紅いもタルト ふつーの味でございました
Omiyab

ホタテといかのお煎餅 美味しかったです
じゃがポックルも! そして定番の六花亭
Omiyac水沢うどんは ざるにして頂きました

もうちょっと続きますので ご辛抱を・・・
Omiya10b美味しかったですけど 期待しすぎました❢
Omiya16_2
〝Oh 焼きとうきび〟巷で大人気だそうですね
リクエストして買って来て頂きました
Omiyad〝萩の月〟 これもリクエストして買って来て頂きました
大変美味しゅうございました❢
そうそう ずんだ餅も頂きましたが写真忘れてもう胃の中へ・・・
初めて ずんだ餅なるものを見た時『 離乳食みたいだからいらない!』って
とんでもない失礼を言った私でしたが 美味しくいただきました



今回はこれにて・・・
さて次回は京都のおみやの紹介です


| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »