« 神楽坂でランチ | トップページ | 今夜はスペイン »

お水の花道

ご存知な方もいらっしゃると思いますが うちの最初の彼女は銀座で働いてます
そう 銀座のホステスで  世間で言うところの水商売です

こういう言い方は同じ水商売の方に大変失礼ですが 銀座のホステスは 
キャバクラや家の近所のスナックで働いている女性達とは 
ちょっと違うぞ という意識のようです
実は私も 少なからずそう思っています
ちょっと可愛くて ちょっと上手にお世辞が言えて
お客様と楽しくお酒が飲めればいいなんて それだけでは無理です
何しろ 銀座のクラブに来る方々は かなり名の知れた会社の方が多いですし
年代は殆どが40代~70代の方で 上品でリッチな方ばかりです
ですから会話も 「あはは」と 笑えるような内容ばかりではないので
ニュースなどは 毎日欠かさずチェックは当たり前ですから
いくら若くても 「え~ なんですか~ それ 知らないですぅ~」などと
かわいこブリッコなどは通用しませんし たとえ年齢が近くても
タメぐちなどはもってのほかで ちょっとだけくだけた言葉が使えるのは
精々自分の担当のお客様くらいでしょうね
ですから普通に話をする時も 言葉を選んできちんと話せないと笑われます
勿論これくらいの事は ホステスでなくても社会人なら当然ですね

さらに違うと思える理由は お客様の飲み方です
クラブで飲む方々は いくら飲んでいても下品な下ネタなどは言いませんし
隣に座っているホステスの膝を 触ったりもしません
お酒が入ると なぜか女性が恋しくなって すきあらば手を触ったり
カラオケを利用して 肩を組んだりなどをするどこぞの殿方とは
その辺が全く違うようです
ですから そこで接客する彼女達だって イスに座る時は
イスの背もたれに寄りかかって座ったりしません
すっと腰をのばして姿勢よく座ります
勿論 足を組んだりもしません
水割りを作る時だって グラスの持ち方からお酒の瓶の置き方まで
いちいちが大変です
そして今の時期に 気の毒だなと思えるのは
着物の方はともかく 肩を出したドレスを着ている人でも
お客様をお見送りに 外へ出なければなりません
寒いからと言って ビルの陰に隠れてる訳には行かないのです
ちゃんとお客様が見えなくなるまで 見送ります

そして時々 お店が終ってもお客様が飲み足りない時などは
その後 またお付き合いする事もあります
それがいわゆるアフターと呼ばれるもので 誰がご一緒するかは
お客様とその係りが決めます
でもアフターに行けば当然電車はなくなりますし 
帰りが何時になるかは お客様次第です
因みにうちの彼女は 朝方の4時か5時に帰ってくる事がよくあります

そしてこのアフターは とても残念な事ですがお金は一切頂けません
要するに給料は出ない・・・ ただ働きでございます
「今日は疲れちゃった」とか「眠いから帰りたい」などと言ったら大変です
それは 普通の会社員の方が上司に誘われて断れないのと一緒でしょうか
ですが唯一 心配ないのは帰りの電車の事です
当然電車など走ってませんから 返りはタクシーになりますが
そのタクシー代は お客様が出してくれます
このタクシー代 バブルの頃は1万円でお釣りなし だったそうですが
最近では 5千円が精々のようです 
但し たとえ5千円でお釣りがあっても お返ししなくていいのです
自分の家が アフターで行った所から近くならラッキーですね
このささやかなお釣りが 僅かな残業代になるからです
ですがもし お客様がタクシー代を渡さなかったら
一緒に行ったホステスは災難ですよね
いえいえ 心配後無用 そういう時はその係りが
お客様に代わって タクシー代をくれます


さてさてこれらの事が 当たり前にきちんと出来ないホステスは
笑われる程度で済めばいいですけど 次回からは
そのお客様の係りの方から テーブルにつく事を嫌がられるか拒否されます
つまり お店にお客様が沢山いらしても 中々席に付かせてもらえない
気の毒なホステスも居る事が稀にあります
大抵の場合は 入店前にある程度の事は教えてもらうようですが
本当に基本的な事だけで それ以上は自分で勉強するのです
どんな仕事でも 暗黙のルールというものが存在するように
銀座ならではのルールも沢山ありますので 先輩ホステスさんに
そっと教えてもらうしかないようです
そうするには先ず 一緒に働く人から好かれることですが
それはホステスだけでなく どんな仕事でも同じ事ですね

さてここで 大抵の人は「銀座で働いてるなら 収入もすごいでしょ」といいます
確かに普通よりは収入がありますが 本当に凄かったのは
バブルの頃に働いていたホステスや
その時期に 裕福な思いが出来た方々だけで
今では銀座のホステスも 同年代の人よりちょっといい程度です
でも 残念な事に出る金額はかなりあります
彼女達は 自分磨きもしっかりやってますので ネイル代やお肌磨き
さらに毎月 ドレス代やきもの代など かなりの負担があります
ドレスなどは毎月1着以上は 新調しなければなりません
値段はピンきりですが 1着1万円以上が当然でしょうね
近頃の若い子なら 1着1万円くらい使う事はありますよね
でも 彼女達のドレス お店以外にどこで着られるでしょうか・・・
例えば友達の結婚式や2次会に着たら ドン引きされますよね

そして彼女達がお店に行くまでにかかる費用は 全部自分持ちです
交通費はもちろんの事 毎日のヘアメイク代 平均¥2300也
月にすると平均18日出勤/月ですから ヘアメイク代だけで4万円を越えます

そして彼女達が一番大きい出費は お客様への贈り物代です
例えば今月のバレンタインデー 
彼女達は 自分のカレシにあげるものよりずっと高いチョコを
お客様一人一人に贈ります
それだけではなく バレンタインの前後3日間などは
自分のお客様だけでなく その日接客したお客様用に
ややお手頃な値段のチョコを 数個用意しておきます
ですからバレンタインデーたった1日の事なのに お客様が多ければ
それだけ出費も大きいです
今月はバレンタインだけですが 夏にはお中元冬にはお歳暮
さらにはクリスマスと 未婚の彼女達も主婦と同じくらい 
頭の痛い時期が続きます

そして一番キツイ出費は お客様の誕生日のプレゼントです
彼女達は 自分のお客様の誕生日を把握しているのは 当然ですから
お客様の誕生月には 1人に付き数万円の出費は覚悟しなければいけません
さらに 自分のお客様だけで済めばいいですが 来店の際に
よく席に呼ばれるホステスなどは その方の為にやはりプレゼントを用意します
それは そのお客様の係りから言われることもありますが
自分から 気を利かせて用意する事もあります
但し そういう時はそのお客様の係りに了解を得ての事です
しかもプレゼントは お客様の好みをきちんと分ってなければいけませんし
かなり気の利いたものでないと 喜んでもらえません
それが引いては 来店に繋がる訳ですから
普段の何気ないひと言ひと言を きちんと覚えていなければ
気の利いたプレゼントは出来ないですから
楽しそうに飲んでいる時でも レーダーを張り巡らせているのです

でも 当然お客様からだってお返しはあるでしょう? 

確かに見返りはあるようですが お客様の中には 
担当のホステスの誕生日を 知らないい方もいますから
必ずしも見返りがあるとは限りません
それにお返しを下さる方々は 彼女達よりずっと余裕がある方ばかりですから 
彼女達が使う数万円とは 出費の痛みが違う気がするのは 私だけでしょうか
しかも自分の誕生日だからと言って 喜んではいられません
自分の誕生日に お客様から頂くお返しは お花の場合もあります
誕生日に大そうな花束や どこかの開店祝いですか?というような
大きな花かごがどれくらい届くか 誕生月にどれ位の来店があるか
それら全てが ホステスの器量できまります
私なら この年になっても 少しは誕生日が嬉しかったりしますが
ホステスにとって誕生日(誕生月)は 喜んでばかりはいられないのが
現状のようです

そしてもっとも私が 大変だなぁ~と思うのはノルマです
こういう類のものは 彼女達のような仕事じゃなくてもありますよね
ですが彼女達の場合は そのノルマ達成が即給料にひびきます
月に貰う給料=ノルマ と言ってもいいでしょう
すなわち ママクラスの方は別として 殆どの彼女達は日給制ですから
毎月決められた売り上げと同伴が ノルマとなって彼女達にのしかかってきます
売り上げノルマはその月々で 大目にみて貰える事があるみたいですが
何ヶ月も売り上げ達成が出来なければ やはり給料にひびきます
何ヶ月も我慢してくれるお店などないですから 結局毎月が勝負です
そして同伴ノルマが達成できなければ これも給料から引かれます
例えば同伴ノルマが月4回のうち 1回出来てなければ100%引き 
つまり1日分 ただ働きという事になります
そこへ売り上げ達成が出来なければ さらに日給が下がります

因みに同伴とは お客様の来店を誘うべく お店に来る前に
お客様と食事を一緒にしてその後 お店に来て頂きます
その時の食事代は 勿論お客様のお支払いになります

ここで単純な私などは 
美味しいものが タダで食べられるなんていいじゃない
しかも どうかすると自腹じゃとても行けない様なお店で食事だよ と
大喜びしそうですが  ですが ・・・ です
この同伴が中々約束できないのです
普通のサラリーマンの方だって 定時に帰れる方は滅多にいませんよね
ましてや大手の会社の それなりの肩書きが付いた方ばかりですから
同伴の約束をしてもらうのは至難の業です
お店は8時からですが それまでにどこかで食事をして
そしてお店には 8時半迄に入店しなければいけないのです
  (もし入店時間に遅れると 当然罰金という事になり
    これまたお給料から 差し引かれる事になります)
という事は 食事をするお店には遅くとも6時半頃までに入らなければいけません
食事と お客様とのホンのちょっぴり楽しい?プライベートな時間を過して
遅刻をする訳にはいきませんから 食事を終らせてお店まで 
タクシーを飛ばすか まさかお店までお客様と走る訳にはいきませんから
殆どが銀座の近くでの食事となりますが 
さて そもそもそんな大手の会社のお偉い方が 
5時過ぎに会社を出る事が可能でしょうか


うちの彼女は 毎日起きると早速お客様にメールを送ってます
同伴の約束や 担当のお客様のご機嫌伺い
そして 昨夜接客をした方へのお礼メールだったりと
毎日 あきれるほどのメールを送信しています
そのメールは お客様だけではありません
そして時には 休みの土・日でも食事やゴルフにお付き合いしたり
お客様の趣味などに お付き合いする事もありますから
本当にのんびり過せる休みの日は 滅多にありません
それでもお客様からすれば 自分1人がわずか1時間半くらい飲んだだけで
ボトルが入っていて さらに席に付いたホステスが何も飲まなくて
殆どかからない時でも (安いお店で)軽く4万円はかかりますから
彼女達が大変な思いをしても 当然と言えば当然のことです

一見 華々しい日々を送っているように見える銀座の彼女達も
毎日がとても大変なんだと 傍で見ていてつくづく感じます
 

ですが 所詮お水です


Cluba
これは3年前 うちの彼女が始めて銀座で働いた時のお店で
当時このお店のママは 良くTVなどでみかけました

|

« 神楽坂でランチ | トップページ | 今夜はスペイン »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

壮絶・・・ですね。

これだけの縛りがあってもホステスが出来るモチベーションはプライド?

普通にOLをやっている方が楽な気がしますが・・・
まあ会社にもよるでしょうが・・・

う~ん、大変・・・

投稿: ぐん太郎 | 2012/02/26 15:58

自分は、銀座には行ったことはありませんが、六本木のクラブ○○ギーには行ったことはあります。もう、その女性はお店を辞めてますが、いろいろあったみたいです。

投稿: Kazuo | 2012/02/26 16:19

お嬢様が銀座さんでしたか~。
きっとお綺麗な方なのでしょうね(^^♪
夕方頃銀座の5丁目辺りから新橋方面へ歩いていると、
そろそろお姉さんかママさんか、その方面の方たちとわかる
高価そうな着物や美しく着飾った方たちが歩いているのを見かけます。
中にはいわゆる同伴さんらしき方と一緒のようなカップルも。
以前ナンバー1ホステスさんの一日に密着した内容のモノをテレビでみたことありますが、
とにかく新聞読んだり連絡とったり本当に大変そうでした。
20代の頃、学生時代の友人がいわゆる歌舞伎町でお水さんをしていたことがあったのですが、
「笑っていいとも」のオープニング曲で目が覚め、
午後から美容院へ行き。。。などなど、話には聞いていました。
「月いくらでつきあわないか」といった申し出もあったとも。
女の世界だし、相当根性がないと続けられない大変なお仕事だと思います。
心も身体も、壊さないといいですね。

投稿: いずみん | 2012/02/27 01:09

bebeさんが此処まで詳しいのは元○○だからなのでしょうか~

投稿: poo | 2012/02/27 15:13

胃が痛くなるようなお仕事です。
容姿だけでなく、頭が良くないとできませんね。

営業センスも必要でしょうが、見え見えでは嫌われてしまいますね。
さりげなく、さりげなく、お客様に楽しくお金を使っていただいて、気持ちよく帰っていただかないとね。

でも、でも、頑張っていてよかったと思えることだってあるでしょう?
是非、そんなお話も聞かせてくださいな。

投稿: ゆり | 2012/02/27 17:53

pencilぐん太郎 さま

コメント有り難うup
penこれだけの縛りがあってもホステスが出来るモチベーションはプライド?

そういう人も居るかもしれませんね
うちの娘の場合も少なからずその様です
同じ水商売なら「銀座」のようですね
ただ最初はまた海外で暮らすつもりだったようで とりあえずの
仕事のつもりだったみたいです

penまあ会社にもよるでしょうが・・・

そうですね
やはりお金を頂くのは大変なことですね

投稿: ぐん太郎さまへ | 2012/02/28 02:05

pencilpoo さま

コメント有り難うup
penbebeさんが此処まで詳しいのは元○○だからなのでしょうか~

私も水商売の経験はありますが
銀座ではないですよ
ここまで知ってるのは 娘から色々聞いているからですよ
あれこれ面白いほど聞かせてくれますのでね

投稿: pooさまへ | 2012/02/28 02:07

pencilいずみん さま

コメント有り難うup
pen中にはいわゆる同伴さんらしき方と一緒のようなカップルも

あはは 彼女達も必死なんですよ~
うちの娘もその中に居るかも~ ですねcoldsweats01

pen女の世界だし、相当根性がないと続けられない大変なお仕事だと思います

銀座に限らすどこも同じでしょうけど 何しろ基本的には
皆がライバルですからねぇ

pen心も身体も、壊さないといいですね。

私が心配するのもそこなんですよね
私も母も水商売で身体を壊してますので・・・ 

投稿: いずみんさまへ | 2012/02/28 02:11

pencilKazuo さま

コメント有り難うup
penもう、その女性はお店を辞めてますが、いろいろあったみたいです。

むすめは六本木には1年ほど居たことがありますが
銀座と六本木では客層が全然違うらしいです
仕事柄 毎日色々な方との関わりが仕事ですから
そういう意味での大変さは かなりだと思いますね

投稿: Kazuoさまへ | 2012/02/28 02:15

pencilゆり さま

コメント有り難うup
pen胃が痛くなるようなお仕事です。
容姿だけでなく、頭が良くないとできませんね。

銀座に限らずどんな仕事でも同じでしょうけど
私が見ていると 年齢が上の方とのかかわりですから
大変ですけど いい経験の様に思えますよ
例えば ニュースでもTVでは聞けないようなことも 話題になることがあるみたいですからね
私は毎日興味津々ですcoldsweats01

penでも、でも、頑張っていてよかったと思えることだってあるでしょう?

はいはい 勿論そういう話も沢山ありますよ
次回にご期待くださいませ・・といっても
聞いてると他の仕事がバカバカしくなってしまいますよ

投稿: ゆりさまへ | 2012/02/28 02:21

読めば読むほど大変な世界ですね~!
容姿もさることながら
打てば響くような、頭も良くないと務まりませんね。
私などはすぐに下ネタに走ってしまうので失格ですねbearing
昔は母銀座のホステスさんの着物の仕立てをしていた時期がありましたが、さすが銀座sign03最上級の生地だと言っていました。
こんな生地を傷めてはいけないと、手指には気を遣っていました。

投稿: nyar-nyar | 2012/02/28 21:25

bebeさま。

凄い内容に惹き込まれるように拝読致しました。
やっぱ、銀座ともなると生半可じゃ出来ないお仕事ですね!!
お嬢様はきっと知的で綺麗で上品な方と思います。
で、ないとやって行けないと思いますから。
苦労もある反面、やり甲斐もあるのでしょうが、お体が
親としては心配ですよね。でもこれからの人生できっと
この体験がかけがえのない力になると思います。
何も分からないミー子がえらそうにスミマセン。。。

投稿: ミー子 | 2012/02/29 18:57

pencilnyar-nyar さま

コメント有り難うup
pen打てば響くような、頭も良くないと務まりませんね

あはは どんな仕事でも頭はいいに越した事はないですけど
接客業の場合は 機転が利けばOKでしょうね
要は お客様の好みがよく分っていれば 粗相なく
出来るんじゃないでしょうかね

pen昔は母銀座のホステスさんの着物の仕立てをしていた時期がありましたが

す、すごい! お母さまはきものの仕立てをなさってた方なんですか
そういう技術を持った方は素晴らしいですね
確かに銀座のホステスさん着るものは高価でしょうけど
ママクラスだけですねぇ
余程のお客様を持ってない限りは 自前ですから大変ですしね 

投稿: nyar-nyarさまへ | 2012/03/01 01:09

pencilミー子 さま

コメント有り難うup
penお嬢様はきっと知的で綺麗で上品な方と思います。

あはは~ おっしゃる通り・・なら素晴らしいですけど
私に結構似てますから まぁ想像がつきますでしょ
キレイに越したことはないですけど 先ず大事なのは
上品で上手に気遣いが出来ることですね
お客様第一ですから銀座に限らずどんな仕事でも
相手次第でおもてなしが出来る人じゃないとね

penお体が
親としては心配ですよね。でもこれからの人生できっと
この体験がかけがえのない力になると思います。

そうなんですよ
まず体が心配ですよね
結構酔って変える事があるので・・・ しかも時間も遅いですから
女性ですしねぇ
ただこういう仕事をしていると やはり婚期を逃しそうでね
その点も心配の一つですね

投稿: ミー子さまへ | 2012/03/01 01:16

お初です。つぶやき有難うございました。私もかつては似たような職業でした。長女は29歳ですか…いい感じですね。私は5歳以上年上です。私のボスであり母上も50代後半なので似たような感じですね。新しい時代、新しい職業…来ますね…。

投稿: キャレロス | 2012/03/29 10:59

pencilキャレロス さま

コメント有り難うup
ようこそお越しくださいました
pen私もかつては似たような職業でした
まさに接客業ですから大変でしたでしょうね
相手はお酒を飲んでいるし 難しさがありますよね

pen私は5歳以上年上です。私のボスであり母上も50代後半なので似たような感じですね。

そうなんですか
お母さまは私よりお姉さんで
親子の年齢の開きがちょうど同じくらいですね

投稿: キャレロスさまへ | 2012/03/29 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76762/54007654

この記事へのトラックバック一覧です: お水の花道:

« 神楽坂でランチ | トップページ | 今夜はスペイン »