« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

超手抜きおつまみ 

今回はとっても簡単なおつまみです
とても お料理と呼べるものではありません
簡単 というよりはむしろ 手抜き? と思われそうなものばかりですが
たまにはいいじゃない って開き直るか とっさの時に と思うか
それは皆さんのご判断におまかせ~

さて先ずはなんと言ってもこれ!

Amuse5  グリッシーニ 

  以前にもココに載せましたね ご存知でしょうが
  これはイタリアの固いパンです
    クラッカーといった方がいいかもしれませんね
   みなさん良くご存知のお菓子で 
  グリコの プリッツというのがありますよね
    あれの縦と横を2倍くらいにした大きさで
  味も結構近いものがありますね
    これの長さは28cmありました
     
  このグリッシーニはアンティパストとして
    出される事が多いようですが
  私はワインを飲む時に とりあえず という時や
ちょっとおつまみが足りないなぁ という時に使ってます
よく ビールに枝豆や柿ピーが出てくるのと 同じ様な感覚ですね
以前買った時には 味は1種類だけでしたが今回は
月に一度は必ず行く 輸入品を扱うお店で見つけました
Amuse4
  色々な味がありましたが
   プレーンとガーリックオイル味の2種類を買ってきました
   これは カゴで出したりするところもありますけど
   私の場合はこうやって 細めのグラスに
   立てて出してます
   これに生ハムを巻く食べ方もあるので
   今度はそうやって   食べてみようかな 
   でも   何しろ手っ取り早く の時に食べるので
   こうしてグラスに立ててしまった方が簡単ですね
   ただ 取る時に長さを考えて 気をつけて取らないと
   グラスを倒す恐れあり です
   ビールにもあいますよ
 
 
 その輸入品を扱うお店は ワインをはじめ海外のお菓子や
ちょっとしたものなど 食に関するものなら 結構揃えてあります
勿論 生の物はありませんが  ワインはヨーロッパのものをはじめ
ニューワールドと呼ばれる国のワインまであるので
どれにしようか迷うほどの品揃えで 
かなり前ですが 帰りの荷物が 重たくなるのを全く考えずに 
3本も買ってしまったことがありました
その日の荷物は ワインだけじゃなかったので
当然 帰りは手がちぎれそうなほど 痛い思いをしました

さて 次は
Amuse2 前にも紹介した
アボカドディップとトルティーヤチップス

このアボカドディップの作り方は簡単で
これくらいの量でしたら アボカド半分と
クリームチーズ 大2/3くらいを
フォークなどで細かくして混ぜるだけです
この時のトルティーヤチップスは
1袋の1/3くらいの量で チップスの味はプレーンがお勧めです
Amuse6_3 参考までにこれです
スーパーなどで売ってると思いますが 
これには味が2種類あって
もう1種類はチリ味?だったかな 
それにしてしまうと チップスの味が強すぎて
せっかくのクリームチーズや
アボカドの味が チップスに負けてしまいます
ですから間違ってもポテトチップスは使わないでね
もしトルティーヤチップスの他にというのであれば これくらいかな・・・
Cracker  このクッキーも使い勝手がいいですね


さてさて 極めつけの超手抜きおつまみはこれ
Amuse1 生サラミ です
たまには私も こんな手抜きの物でも ビールやワインが美味しく飲めます
但し これは〝今日のおつまみ〟の何品かのうちの1品ですよぉ



   
   

| | コメント (22) | トラックバック (0)

同級生っていいね!

もう1週間も前のことですが 先週の土曜日
高校の同級生の新年会に行ってきました

場所は 新大久保のタイ料理 クンメー1というお店
ここ数年 外で飲むのがちょと怖い私ですが
去年の同級生の忘年会には参加しなかったし 
最初の彼女に 「 たまには出かけなさいよ!」とキツ~く言われたので
早速 アドレスを知ってる限りの友達に連絡を取っての参加でした

しかし なぜゆえにタイ料理?と不思議に思いつつも
場所が近くだし 同級生と飲むなら ま、いっか! と
こんな単純な考えでしたが お誘いメールの中に知らない人物の名が・・・

【昨年末の特番でTVに出演されていた 松延先生から
       新年会をやりましょう・・・ と 】


このメールを受け取った私 
そもそも その松延さんて だれ? そんな先生いた? 


後のメールで分った事ですが この松延さんは先生ではなく同級生で
しかも近頃にわかに有名人だとか・・・
早速ネットで検索して画像を見ても 「見たことあるような ないような・・・」
そんな思いのまま参加したのですが  
ところが 当日参加した人の中にはその番組を観てる人もいて
すると今度は 私

「どうしてそういう連絡は来ないかなぁ」 と番組を観ていなかった事を
人のせいにしてみたり
その後飲みながら 顔を見ていたらなんとなぁ~く

「ああ そういえば剣道部にカッコイイ人いたかも」

と、今更思い出したかのように・・・ 
私ときたら まったく失礼極まりないやつです

そしてお酒が進むにつれて 今度はツーショット
しかも撮ってくれてる友達に 「ぶれてるじゃない~」と 
何度か撮り直してもらったりして・・・  またまた失礼なやつでした

さてさて その松延さんがこちら

High_school


私たちの世代は 当時はクラスが多くて 
しかも私の高校では 選択教科によってクラス分けがされていたので 
どうかしたら 同じ高校に3年間通っていても 
廊下ですれ違う事さえないかも知れないくらい それほどクラスが多く
だから当日だって 私だけでなく他の人も
「あの人 だれ?」なんて 隣の人に名前を聞いたり
相手にストレートに名前を聞いたり そんなことお互い様だったりするんです
まして高校を卒業してから 30年以上経ってますから
当時素敵だった彼や彼女も 
今ではすっかり普通のオジサン オバサンになっていて
だから もし街中ですれ違っても 電車で隣同士の席に座っても
全く気が付かないかもしれないというのに
ただ 同級生で同じ学校に通ってた たったそれだけの共通項しかないのに 
何年経っても 何十年経っても つい昨日の出来事の様に
当時の話に花が咲いて 楽しく飲んだり話しをしたりできる
そんな嬉しい事が実感できた 楽しい土曜の夜でした

Clover

松延 康  
 
   NPO法人 子育て未来研究所 副理事長
   理科教育研究フォーラム 代表
   夢JUKU 塾長

| | コメント (24) | トラックバック (0)

トマトのピクルス

トマトのピクルス 初挑戦です

年末年始の記事の時のゆりさんのコメントにそそられて
プチトマトのピクルスに挑戦しました
プチトマトは初めてだったので 2番目の彼女のお店のシェフに
問い合わせたりして 試行錯誤の結果 出来ました!
本当は青いトマトも使いたかったんですが 
今の時期では無いですし シェフによると青いトマト
つまりグリーントマトはあまり好きじゃないそうです
勿論これはシェフの好みですが・・・
そんな訳で今回は 赤と黄色です

Tomato1

プチトマトのピクルス 色がキレイなことこの上なく 
味もいいです!って自画自賛ですが 唯一の失敗は 
使ったプチトマトの中に1個だけ 食べ頃をちょっとばかり過ぎたものがあったので
長く置いたら やわやわになっちゃうかもしれないですぅ という感じでした
ですからもし作る時は プリップリッのやや小さめのプチトマトがお勧めです
プチトマト 案外場所を取りまする!
今回はちょっと大きめの瓶を使ったのに 16個程度しか入りませんでした

Tomato2
 今回のピクルス液は
 いつもと少し変えて白ワインを
  使ってみました
 なかなか良いです 
 
 赤と黄色のプチトマト
  クランベリーを添えて・・・

 もしかしたらこの赤い粒々
トマトの皮が付いてる様に見えてませんかね

【プチトマトのピクルス】

 プチトマト お好きな数だけどうぞ!
  (この時は16個程度でした)
 酢 100㏄  水 100cc 白ワイン 50cc
   さとう 大 1  塩・コショウ ローリエ 1枚

 この分量で作りましたが 酸っぱさのお好みはご自分で加減してください
 この分量ですと甘酢ピクルスって感じデス
 
 これは皮をむいてあります
  その方が早く食べられるのと 味がしみ込みやすいですし
  皮を付けたままですと 破れたりする恐れがあるそうです
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

彼に会いたくて・・・

2009年の今日 1月14日 午前10時6分
彼は私を残したまま 一人で旅立ってしまった

最後のひと言も 笑顔も見ないまま
私が 有難うも言えないまま 
私に黙って 勝手に一人で逝ってしまった

彼ががん宣告を受けたのは  そう・・・ 私の誕生日だった
そして それから2ヵ月後 私を残してひとりで逝った

それはあまりにも突然で 私にはその出来事が受け入れられなくて
何が起きたのか分らなくて そして悲しすぎて  涙も出なかった

それから今日まで あまりにもいろんな事が有りすぎて
私の生活が あまりにも変りすぎて
そして彼が居なくなったことが 悲しいのか淋しいのか辛いのか
ゆっくり感じる余裕も無いまま 毎日があっという間に過ぎていって
最近やっと 彼は本当に居なくなってしまったということが
やっと理解できたみたいで
だからこの頃 毎朝彼にお線香をあげると
涙が止まらなくて そして・・・  彼に会いたくて
私がこんなに泣き虫だったなんて 初めて知った

せめて最後に  そう電話を切る時いつも言ってくれた
あの 「 愛してるよ 」 っていって欲しかった
でもそのひと言は もう聞けないんだってそう思うと 
本当に悲しくて 辛くてどうしようもなくて・・・


だけどゴメンネ 私のことちゃんと知ってるよね
あの時 耳元で話したよね 
私は当分そっちに逝かないから あと30年は行かないつもりだから 
それまで一人でいてねって
それまでだったら
一人で淋しいだろうから 私が逝くまで
浮気してもいいよって・・・

素敵なあなただから きっとモテてるでしょ


そうそう あなたとお揃いのコーヒーカップ
プラチナの細工が施されていて 私が一目ぼれして買って来たら
ちょっとあきれた顔して眺めてたよね
あのコーヒーカップ きっと誰とも使う事は無いと思うよ

私が逝く時 もっていくからね

Coffee

ねえねえ  一つだけ聞きたい事があるの
もし もしもこの先 私に彼氏が出来ても 怒らないよね
だって 私を一人にした罰だもの  

| | コメント (32) | トラックバック (0)

あっという間に10日過ぎ・・・

ついこの前まで ああ・・・もう今年も終っちゃう!
そんなふうに焦っていたのに あっという間に過ぎて
もう1月が10日も過ぎようとしています

さてさて この頃すっかり更新が遅くなって時期はずれの頃の更新が
もう普通になってしまったみたいな このブログですが
もう開き直って まず大晦日から・・・

去年の大晦日は 独り身女三人での年越しでした
まず 今のところ彼氏が居ない 最初の彼女29才
そして一昨年離婚した彼女の親友29才 そして私(年は内緒)です

お料理は当然ながら私が担当で
うちの彼女が手伝った事と言ったら ただ運ぶだけ
その態度はまるで 旦那様みたいでしたが
遊びに来た親友は主婦の経験があるせいか 私が作った料理の
レシピを聞きながら そして美味しいを連発しながらの
独り身女の宴が過ぎていきました

三人とも大変な酒飲みですから まずビールから始まって
それぞれに飲みたいワインをご自分でぇ~
沢山食べて沢山飲んで 声が枯れるほどお喋りをして
楽しい大晦日 そして元旦でした

さて大晦日から元旦に食べたお料理は

Otu2 お得意のブルスケッタ

O203 サーモンマリネ

Pickles 年末に大急ぎで作ったピクルス

Bluecheese これは大好きなブルーチーズと舞茸のポテトサラダ

その他に親友のリクエストで なすの煮びたし
そしてうちの彼女の大好物の 鳥の唐揚&フライドポテト
あとは なんだったっけ・・・ とにかく沢山食べたわ

そうそう親友からのバージニア土産
S01
 シーズニングソルトです

 これ フライドポテトにあわせて食べると
とっても美味しいんですが 
私や最初の彼女は 普段から塩分控えめなので
これは ちょっと少なめにかけないと
しょっぱくて 震えながら食べるようです
どうせなら折角入ってるハーブがもっと多めで
塩はもっと少ない方が有り難いんですけど
そういえばマックのフライドポテト
あれも結構たっぷりと塩がかかってますよね
あちらの方々は フライドポテトを食べる時
ポテトが溺れるかと思う程ケチャップをかけて
食べますよねぇ
私には考えられない食べ方ですけど まぁ好みですから・・・


さてさてそんなふうに楽しく年を越して この日の三人のお約束は

来年も一人だったら 一緒に年を越そうね!

さぁ イチ抜けは誰でしょうか・・・・

【ブルーチーズと舞茸のポテトサラダ】

材料 ブルーチーズ(ゴルゴンゾーラでしたらピカンテ) 50g
           普段はお手頃価格のドイツ産ブルーチーズ
             (ベルザータブルー)を使ってます
             一度ピカンテを使ったらやはり美味しさは格別でした
             ピカンテでしたらもう少し少なくてもOK スーパーなどで
             売られている量で大丈夫だと思います 
             お手頃値段のブルーチーズなら 惜しげなく沢山使えるのでいいかも
             (チーズ好きの我が家ではの量ですのでお好みの量で)

    舞茸 2束 (パック詰でしたら2パック程度)
             材料が少ないですし舞茸は安いですから
             沢山入っている方が美味しいです

    じゃがいも  中4個
             (普段作る量で作ってください)

    シーザードレッシング  130ml.程度            
             いつもは簡単に市販のを使いますが 面倒でなければ
             自分で作ったものを使うとやはり美味しさは格別です
             市販のが切れている時自分で作ったら美味しかったです
             自己満足も含めて・・・

    和風ドレッシング 少々
             使う量はホンの少しですのでこれは自分で作りましょう

作り方 ➀ まず じゃが芋はレンジで柔らかくしてつぶしておきます
                   (好みですがあまり細かくつぶさない方が美味しいです
           親指の頭程度の固まりがあってもOK あとで
                        ドレッシングと混ぜるとまた細かくなりますので)
           ➁ 舞茸は サッと茹でて粗熱が取れたら 和風ドレッシングで
                合えておきます
     ➂ じゃが芋が熱いうちに ブルーチーズを細かく砕いておきます
           ➂ じゃが芋が冷めたら ドレッシングで合えた舞茸を先に
                じゃが芋と混ぜておきます
           ➃ 最後に 細かく砕いたブルーーチーズとシーザードレッシング
                をあわせ 舞茸を入れたじゃが芋とよく混ぜ合わせて
                出来上がりです

            注意: お好みでコショウ少々を使いますが基本的に
                      塩は使いません
                      ブルーチーズは塩味が強いので使わなくても大丈夫です

            このポテトサラダは中甘から辛口の白ワインとの相性は
            抜群だと思います

      
                

 
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »