« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

〝おしゃれ〟で もう一つ言いたいこと

前回の記事で おしゃれについて勝手な言い分を言わせて貰ったので
今回も おしゃれについて言いたいことがあるので記事にします

それは 後姿のことなんですけど・・・ 

私は かなり前からスカートは滅多に履かなくなりました
理由は 30後半か40を過ぎたくらいから 
若い頃と比べてだいぶ体型が変ったことと 
(自分で思うに)自分の雰囲気が若い頃とは違ってきたので
スカートを履くのは 5回に1回位でそれ以外は パンツを履いています
そこで問題なんですよね
スカートの場合は殆ど気になら無いんですけど
パンツの時に まず気付いてしまうのが 
残念ながら お尻がすいぶん下がってきた!
後ろから見ると 
「私 こんなに足が短かった?」いいえ残念ながら
お尻が下がってきたのです

まぁこれは誰のせいでもないので 仕方ないことなんですけど
まず 私がパンツを履く時に気をつけていることは
なるべくお尻を出さないことなんです
横から見て お尻が下がっていて見た目が良くないことだけじゃなくて
真後ろから見てもやはり のぺぇ~としたお尻になってますよね
お尻の張りもなくなってきて・・・
そう思いませんか? 私だけ?
でね ちょうどその頃かな おすぎとピーコのピーコさんが
TVのファッションチェックでこんな事を言ってたんです

『 30過ぎたら体型が変ってきてる! だから年齢がいったら
  お尻は出しちゃダメですよ!』 ってね

私もそう思いました!
だから上に着るものは 丈が腰骨より短いものは着ませんねぇ~
要するに どんな格好かというと 
後ろから見て お尻が丸出しになるものは着ないという事です
ですから服を買う時は なるべくお尻がかぶるような丈を選びます
そして そうする理由がもう一つ有ります
それは 気をつけないと後ろから見て 

下着の線が丸出しになってしまうことなんです

私が一番言いたいのは ここなんですよ
これは 普通にしていると判らないんですが
前かがみになると殆どの人が お尻のところに下着の線が
しっかりと出てしまっています
どうかすると 普通に歩いている人の中には
前かがみにならなくても すでに下着の線が出ている方も居ますよね
みなさんきっと ご自分では気が付かないんでしょうね
残念なことです
どなたも出掛ける時には 一度くらいは鏡を見ますよね
その時に一体どこを見ているのでしょう?
全体的に おかしくないか・・・ そういうこと?

私は 自分の体型を考えて元々そういう点は気をつけているんですけど
夏になると特に パンツの生地もだいぶ薄くなりますよね
ですから尚更 線が出やすいのです
下着の線が出た後ろ姿を見ると 同じ女性として恥かしくて
ガッカリしてしまいます

もし 今まで気付いてない方がいらしたら気をつけて下さいね

ここからは余談ですが・・・
じゃあ一体どうすればいいのか? 
上に着るものは 長ーい丈のもの以外は着ない? まさか!
なら 下着の線が出ないように ブカブカのパンツを履くか・・・?

そこで私が考えたのが そもそも下着を気をつけよう! と

じゃあどんな下着を履こうか・・・ 私にはTバックは無理だしというか
Tバックを履くくらいなら 逆にそもそもパンツは履かないし

そこで見つけたのが 

アウターにひびかない下着なんです

みなさんもきっと とっくにご存知だと思うんですけど
切りっ放しになってる下着で パンティだけじゃなくて
ババシャツもありますよね あれ ホントいいですね
Wing(ウイング)とかTriumph(トリンプ)などからでていますよね
夏だけでなく冬だって たまには 薄手の生地で結構ピタッと来るような
そんな物を着たりすることってないですか
これを見つけるまでは 仕方ないので縫い目が目立たなくて
レースになってるものとかを履いてましたけどね
これはあくまでも 私はこうして気をつけてますって事で
決して 下着メーカーの回し者ではないですよ~~!
まぁとにかく 後姿はお気をつけあそばせ~~!


| | コメント (9) | トラックバック (0)

年齢にあったおしゃれをしよう!

みなさんは普段 どんな格好が好きですか?
そのスタイルって 若い頃からずっとですか?

若い頃からの好みって基本的には変らないんでしょうけど
でも 少しづつ色とか形が変化してませんか?
例えば その時々の流行とかに少しは合わせてみたりしますよね
まして洋服売り場には やはり最近の流行物ばかりが並んでますしね

その時代時代のはやりに 多少の影響は受けつつも
自分の好みって 基本的にはそう変らないですよね
でも この頃ふと思うんです
私は今までずっと 黒やグレーを好んでたんですけど
この頃 気付いちゃったんです
ある程度の年齢がいくと もう黒やグレーが似合わなくなったって・・・
もちろん 全く似合わなくなったわけじゃなくて 
色と形のバランスを合わせた自分の好みと
(外見を含めた)年齢に見合ってるか?! じゃないでしょうか

でね 本当のところ何がいいたいのかというと
どんな色や形の服を着ようと 本人の勝手なんだけど
やはり 人にも見られるわけじゃないですか
周りの人が不愉快になるような格好は 避けたいしするべきじゃない
ドレスコードのあるような たいそうなレストランに行く時とか
冠婚葬祭の時を除いて 普段の自分らしい格好で出掛けられるような
そういう場所に行く時は その人の好みがでますね
私が言いたいのは そこなんですよね
どういう格好をしようと 大きなお世話なのかもしれないけれど
年齢にあった格好をしましょうよ!
いくら好きだとは言え それは若すぎませんかぁ~ みたいな
そんな格好をしている人を たまぁ~にみかけます
ご本人は 結構似合ってると思っているんでしょうけど
私は言いたい!  周りの本音はそうじゃない
そういう人を見ると 私は
「その格好 辞めた方がいいよ」って 口に出てしまいそうでこわい
そういう格好をしている人の周りは いったいどう思っているんだろう
ま、本人が好きなんだからほっておけばいい  そう思っているのかな
どうかするとそういう人に 「若くみえるから似合うわね」なんて
とんでもないことを言う人もいて
ああぁ~ なんてことを言う人なんだぁ~って 思います

逆に あの人 もっと若い格好をすればいいのにって
そう思わせるような人もいます
(たぶん)私と同じくらいの年齢だろうけど 格好が地味だなぁ~って
どちらかというと こっちの人の方が多いですね
でもね この頃服を買いたい時に思うのが
私ぐらいの年齢になると 「したい」と思う格好(色や形)が無い
というより 私ぐらいの年齢って中途半端で難しい
  注:私ぐらいの年齢・・・とは 50歳~60歳くらい
私達の年齢って 無視されてない?って 思うけど
ま、この話はまた別の機会にということで・・・

本題に戻って
やはり 年齢に応じた格好ってありますよね
特に 年よりわか~い格好が好きな方に言いたい
いくらスタイルが良かろうが 年齢より若く見えようが
年相応の格好にしましょ! 
無理にじみぃ~な格好をしようって そう言ってる訳じゃないんです
自分の年齢に見合った 素敵な格好をすればいいんです
若い人のやってるような格好をしたかったら それを自分の年齢に
上手に合わせてすれば けっしておかしくないはずです
そういう格好が出来る人が オシャレ上手なんじゃないでしょうか
いつだったか つい最近ですが テレビでこんな事が話題に上ってました
まるで ある番組をつついたような言い方にも聞こえたんですが
その内容は まるっきり私の思うところと同じでした
それは 『 結構年配の女性が 顔や格好を無理に若作りして
20代の娘と同じ年に見える お母さん』 とか
『 とても50代に見えない 熟女』 なんてそういわれて話題になっている人
あれ 若い人からみたら やはりおかしい!って
無理だって! 若く見えるどころか いじましい!って
そういう意見でした
私がみてもそう思います
残念ながら やはり ちゃんとそれなりの年齢に見えてます
勿論 少しでも年齢より若く見られたいのは 誰だって同じです
でも 年齢なりの美しさってありますよね

若い人には若いなりの 中高年には中高年なりの
その年齢の美しさを充分に生かしながら 上手にオシャレしましょ!
いくらその格好が好きでも (勝手に)似合うと思っても
自分の年齢の幅の範囲をきちんと分って 
上手なオシャレを工夫したいですね


 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

女子会

もう しばらく前の事なんですけど
私は 折角?無職になるんだからと 前向きに受け取って
私が言いだして あえて大人数にならないようにと  
ささっと連絡が取れる友人を中心に 高校の女子会を開きました

私が通ってた高校は都立なので 同じ中学の人たちが結構いて
いまでも地元(高校のあった地域)に 住んでいる人も結構いるので
普段の生活の中でも スーパーや道端であったりすることが
時々あったりして だからクラス会・同窓会をする時も 
そんな大掛かりじゃない限り
開催場所は 殆ど地元近くでやることが多いのです
誰でもそうでしょうけど 同窓会などは誰かが設定をしない限り
学年全部に連絡がいきわたるような そんな大掛かりな同窓会って
まぁ 滅多にありませんよね
もし 連絡が来たとしても その開催場所が遠かったりしたら
行きたくても きっと遠慮するようなことになってしまうんでしょうしね

今回は地元では無かったけれど
参加した人達は 殆どが地元やすぐ近くの市だったりで
遠いと言ったら 私が一番遠かったんですけど
何しろ言いだしっぺですし 正直 今住んでる所より
開催場所の方がずっとよく判っている市内なので 
当然と言えば当然ですね

さてさて 開催場所はすぐに決ったんですけど
大変だったのが どの店でやるか・・・でした
私は 酒飲のみのくせに居酒屋さんには行かない
(基本的には外では飲まない)ので 数あるお店の中から
良さそうな店を探すのが 一番大変でしたね
値段・お料理・雰囲気などなど・・・
プランの選び方なんですよね
値段によって どんなお料理が何種類出てくるのか
飲み放題つきか 或いは別なのか・・・
なかでも私が プッと笑ってしまいそうになるくらい困ったのが
この頃ではどのお店にもある 女子会プランっていうのでして
私にしてみたら とっても謙虚に 

50を過ぎたオバサンが 女子会プランでよいのか・・・?でした

だって 女子というフレーズが若干恥かしく重く
だから女子会じゃなくて 女性プランとか
なんだったら 女子とは一線を画す大人の女性プランとかにしてくれれば
お料理や値段の設定だって もう少し幅が出来るし
予約の時に遠慮?なく 女性プランで!っていえるのに・・・

折角あれこれ色んなプランがあるのに 女性限定プランは
なせか飲み放題のなかに ビールが入ってなくて
(店側からするとビールは高くつくから)カクテルが
やたら多かったり お料理の数は大して無いけど
スィーツ食べ放題付 とか 平日限定 とか
こういう設定をみるとやはり 女子会の女子って
私達の年齢向きではないな~ ってね
どの店も女子会プランは一つだけで あとはその他のプランの中から
勝手に好きなのを選んでくださいって事でして

私に言わせれば いまひとつ芸がないな~ って感じ!

さて その女子会の話題は
予想はしてたけど まずはそれぞれの近況報告で
6人のうち もう孫が居る人2名 もうそろそろ結婚を控えた
子供を持つ人2名 子供がいない人2名(うち未だ独身)で
親の介護をしている人もいて
それでもこれから先は 集まった6名全員が
いずれは 親や配偶者の介護をするようになるんだろうし
それでも 楽しく飲もうという思いは一緒で
だけど行き着く話題は 最近の体の事
50を過ぎたら 目がどうとか腰がどうとか
この頃 あれをやり始めたとか あれを毎日飲んでるとか
笑っちゃうほど そういう話には自然と耳が傾いて
もうそんな事が気になる年なんだなぁ~って 思いました

それにしても女性って 話題には事欠かないし
いつまでも話が尽きない!
7時集合なのに 11時なんてあっという間で
「えっ もうこんな時間?!」って みんな慌てて立ち上がってね
とにかく 楽しい時間でした

この頃は たまぁ~に外で飲むんですけど
飲みだしたら止まらない私ですが 以前と違うのは 
何しろ終電が気になって そういう時の私の決まり文句は

「こんなとこからタクシーで帰ったら えらいこっちゃ!」です

※ 近々 ブログのデザインを変える予定でいます
  「あら 違うブログに来ちゃったかしら・・・」って
  戸惑いませんように!


 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »