« 2010年12月 | トップページ | 2011年5月 »

それは 昨年末の出来事から・・・

早くも 2月の半ばですね
本当に 早いものです

さて 本当はもっと早く更新するつもりだったのですが
ようやくのんびりできるお休み満喫していて 今日になってしまいました
(本当は大してのんびり出来てないんだけど) 
ここからが 本題です

それは 12月の出来事 

去年の10月中頃から 若い女の子が入ってきたのですが
2ヶ月ぐらいで突然辞めてしまったんです
どんな事情なのかは 実際の所よく解らないんです
だって 突然 その子のおじさんという方から 電話が入って

『 姪っ子の母親が突然入院した。
 相当良くないので 暫く姪には看病につかせたい 』との事だったので

店の娘さんは翌日 おじさんから聞いた病院にお見舞いにいったんですけど
近くのそれらしい病院を2つも回ったのに その様な方は
とうとう見つからなかったんですって!
受付の窓口で 色々と手を尽くして探してもらったらしいんですけど
どうしても見つからなかったといって
開店からかなり遅れて 店に来ました
タクシー代 ¥7000と かごのお花代 ¥3000もかけて
探したのに 見つからないなんて・・・
結局 私と娘さんとの見解は もしかして入院は嘘だった?

それから数日して 店の娘さんは その女の子に直接メールを
送ったのですが いつになっても返事は返って来ませんでした
バイトに来なくなった原因は いまだにはっきりしないんですけど
私が想像するに ・・・ というかたぶん
実は 店の娘さん かなり怖いですからね
若い子が入って3日目位に 娘さんが“いつもの様に”
かなりカリカリして 大声で怒鳴ってるのを聞いて
『相当カリカリしてますね コワイ!』って 若い子が言ってたんですよね
私が働きだした数日後も じいちゃんに凄い勢いで
怒鳴ってましたし それを聞いて私はかなり驚いたし
この人の怒り方 普通じゃない!って思いました
だって材料が切れてしまって 目の前のスーパーに
じいちゃんに買いに行かせたんですけど じいちゃんは
頼まれたものがよく解らなかったらしく
違うものを買って来てしまったんですけど それを見て娘さんは

『なにこれ! 違うじゃないよ!!』 といって

じいちゃんがせっかく買って来たものを 凄い形相で
投げつけたんですよね
さすがにそれを見た私は がっかりしました
いくら違うものを買って来てしまったとは言え
相手は 親ですよ あまりにひどい言い方じゃないでしょうか?!
それより何より 私から言わせて貰えば
そもそも 材料の保存や管理は キッチン担当の
娘さんの仕事だと思うんです
材料が有るか無いかぐらい 常に分ってなきゃいけないし
もしないなら 開店前にちゃんと準備しておくのが当然だし
それなのに 娘さんは6時からの開店なのに じいちゃんが
「お客さんだよ」と 電話を入れてからようやく店に来るし
材料がきれるのは当たり前で 日に何度も買いに行く時もあるし
しかもそれは ごく普通のことみたいだし

だから私が慣れた頃 じいちゃんが私に娘さんの事を
時々こぼすことがあったりして
働き出して1週間ぐらいの時 私は 家に帰って娘達に

『あの店 若い子だったら3日で辞めるね!』と言ったんですけどね

実際私にだって 少し慣れた頃 
突然 凄い勢いでしかも理不尽にかなり早口で
私に怒鳴ったんですよね
私にしてみれば 何故そんな言い方をされるのか
全く理解できないし・・・ 怒鳴られる様な事はしてないし

そんな事が数回あった時 さすがに相手がオーナーでも
私も人の子 ある時 かなりイラッとして
娘さんに 本当は私だって怒鳴りたいのをグッと堪え 口調を和らげて

『 もう少し普通に言って貰えませんか!?』っていいました
それでも娘さんは 悪いとも思ってない様子で
さらに娘さんは 私に負けじと

『あなたこそ普通に言いなさいよ!』って
私の言い方のどこが?って 言いたかったけどさすがにそれは・・・

だけど 機嫌がいい時?は とっても普通の人なんですけどね
いまではかなり打ち解けられて 暇な時なんかは
二人で冗談を言い合ったり 私だって 少し遠慮気味に
「私から言わせて貰えば ソートー忘れっぽいですよね」とか
私に用があって 話しかけた後 必ずと言っていいほど
タオルを どこかに置きっぱなしでね
そうすると私が 笑いながら
「お忘れ物で~す」って 渡したりね
挙句の果ては 「夜中にトイレに起きるようになったんじゃ 
  年齢的にそろそろヤバいんじゃないですか?」なんて
まるで友達同士みたいに 話せる時だってあるんですけどね

ただ・・・今でも働いているのに こんなこと言いたくないんですけど
娘さんの怒り方は いつも突然で予想不可能だし
それでも私なりに分ったことは 怒る時の第一条件は
忙しい時!  これは分る気がします
たった一人でキッチンをやってるんですから そりゃ大変ですよね
でも キッチンが忙しい時は 私だってそりゃ大変ですよ
私から言わせてもらえれば キッチンは料理さえ出せば
それでいい訳だけど 私は常におちこちのテーブルから
やれ ビールお代わり! だとか 焼酎ロックで 焼酎お湯割で
とか 俺は 水割りで・・・ とか 
皆さんそれぞれの飲み方を指定するし
時には 『注文した料理に合うワインはなんですか?
  お勧めはありますか?」とか
 『 あまりワインを飲まないので 
   何を選んだらいいのか分らないので』なんて・・・
もっと暇な時なら そういう事も全然OKなんですけど
さすがに忙しい時は 
(ワインリストに細かく ワインの産地や品種 
  おおよその味わいなどが 書いてあるんだから
 ご自分でご判断を!)って 言いたかったりするんですけど
さすがにそれは言えませんから 
丁寧に?アドバイスしたりしてるんですけどね
それでも他のテーブルのお客さんは 
「オーダーいいですか?」とか 「ビール追加!」とか 呼びますからねぇ
私は心の中で (ちょっと待っててよ)と呟きながら
精一杯の笑顔?で テーブルに伺うんですけどね(笑)
そして極めつけは 私があちこちから呼ばれて 精一杯の時でも
娘さんは 出来上がった料理皿を突き出して

「これ 早く出して!」って いうんですけど

正直私だって精一杯動いてるのに そんな時でも娘さんは
自分が料理で手一杯だと私に

「このお皿 足りないから洗って!」と 私に言いつけます

だけど 私の方は お客さんから ビール!と言われても
忙しくてビールのジョッキが洗えなくて 足りなくなると
私は注文を受けるたびに 自分でジョッキやワイングラスを洗って 
お客さんをなるべく待たせないように
必死で やってるのに・・・!!

混んでる時なんかは 本当にてんてこ舞いですし
私の方の忙しさは お客さんがかなり減るまでは ずっとですからね
でも さすがに私は “働かせてもらっている身”ですから
まさか娘さんに 八つ当たりなんて出来ませんし
それくらいは 年の功で心得ているつもりだし
だけど娘さんは 私より9才 年齢が下のなで
仕方ないのかな?って 広い心で思うんですけどねぇ~

ただ 若い子からしてみたら それを我慢しろというのは
かなり辛いかもしれないですね
その子がいる頃 日曜日も結構入るようになったらしく
忙しい時もあるみたいだったから 私と同じ様にその若い子にも
ストレートに 怒ったりしてたら・・・・ (恐) 


だからって こんなことで簡単にやめてしまうかどうかは別にして
でもね まだ21歳の若い子ですから いくらでもバイト先はあるしね
結局それっり 辞めたままで 数日分のお給料も取りに来ません

さて それからというもの お陰で私は日曜日まで
仕事に出る事になってしまって・・・ 
しかも さすがに12月のせいか かなり混む様になっていて
私と爺さんとで かなり大変な日が有りました


若い子がやめてから 1週間ほどした12月の半ば過ぎ
毎日の様に 結構お客さんが入っていて
しかも 金・土・日などは そりゃ大変な混み様な時もあって
12月のせいか 満席状態が 当たり前だったりで・・・
私は パニックになるほど忙しいのに何故かじいちゃんは
ちっとも手伝ってくれないどころか 店の奥の方にダンボールを敷いて
寝ていたりしたんですよね
私は 驚いて「大丈夫ですか?」って声をかけたんですけど
よく眠っていたのか 返事が無くて
娘さんに 「マスター 横になってますよ 大丈夫ですか?」って
言ったんですけど 娘さんは『疲れてるんじゃないの』と
いつもの事の様に言って 知らん振りでした
それから数日しても どんなに忙しい時でもじいちゃんは
ちっとも動いてくれません
ずっと 私一人で てんてこ舞いです
以前だったら 大して忙しくなくても動いてくれたのに・・・
どうしたんだろうと 気になってはいたんですけど

それからまた数日したある日
その日も結構忙しかったんですけど じいちゃんは相変らずで
ふと見れば イスに座らずに イスの下に座って
イスにもたれ掛かる様にしてたんですよね
さすがに私は変だと思って 娘さんに

『 マスター 様子が変ですよ! 具合が悪いんじゃないですか?』って

すると娘さんは キツイいい方で
『 家に帰っていいよ! 』 とじいちゃんに・・・

その日は 余程良くなかったのか すぐに家に帰ったんですけど
次の日からは 私が仕事を上がる12時ごろに店に来るようになって
だから当然 12時迄は ホールは私一人きりでして・・・

さて いよいよ押し詰まった12月28日
私は 申し訳ないと思ったんですけど 
その日は以前からお願いしていたので 休ませて貰って
同級生との忘年会に出かけたのですが 
家を出る時間が6時過ぎだったので お店の前を通って駅まで行くと
もう6時を回っているのに 店の電気が付いてないんですよね
あれ!? おかしいいな・・・ って 
まさかじいちゃんもいないし 私は休みだし
さすがに一人じゃ無理だから 店は休みにしたのかな
申し訳ない・・・ って 気になってたんですけど
駅に着いたら 電車がかなり遅れてちっとも来ないので
店の事はすっかり忘れてしまいました
でも じいちゃんの具合があまりよくないみたいなので
じいちゃんが食べられそうな甘いものを買って
次の日 店に持って行って
『 そういえば昨日 お店の前を通ったら電気がまだ付いてなかったけど』
というと 娘さんが
『実は昨日の夕方 マスターが家で倒れたのよ!』というんです
私は 驚いて オロオロしながら 
『これ マスターにと思って昨日買ったんですけど
 マスター 食べられますか?』 と聞くと
貧血で倒れただけだから 大丈夫との事でしたが
じいちゃんは入院したまま 年を越しました

今年になって 1週間ほど過ぎた頃
じいちゃんの様態が解ったんです
どうやらじいちゃんは 胃癌だそうで
ところが 年齢的なものと癌の広がりが予想外に広く
しかも またもや病院のトイレで倒れたらしく
手術の日程も決らないまま じいちゃんの体力の回復を待って
一時退院をすることになったのですが それから数日して
病院の先生との話し合いの結果 体力が回復次第 
手術をするという事でしたが・・・

さて ここからが一大事でした
実は 娘さんは 30代の頃離婚していて それ以来ずっと
ご両親と一人娘さんと4人で暮らしているらしく
ところが じいちゃんご夫婦は どういう訳か年金を貰ってないとかで
店をやりながら 普通に生活するだけでも大変なのに 
さらに じいちゃんの手術や入院の費用は 娘さんが出しているらしく
ただでさえこの不景気で どこも必死なのに
店だけでなく ご両親までの面倒をみていたのでは
そりゃ 大変なことで・・・
そんな訳で 1月の半ば頃 娘さんが
もうとっくに 店が開店しているにもかかわらず
準備をする訳でもなく 妙に神妙な顔で 私にこう言いました

『 ちゃんとした話をするね
  実は 親の事もあるし 残念だけど 店を閉めることにした
 去年の秋ぐらいから この分なら
 もう少しで毎月黒字になるって思ってたんだけど
 マスターの入院や手術の費用と 店の事と両方は無理だわ
 家のことだけじゃなく 店の資金も 手持ちじゃ限界で・・・』 と

今の不景気で どこもかしこも大変な世の中
私が働いてる店は 駅から2・3分のところで
しかも路面店なので 家賃が相当高くて
そこに来て じいちゃんも年だし これから店の先の事を考えて
大変だけど 人を雇うことにして 心機一転!
店を頑張り始めて どうにか先が見えてきた頃だったのに・・・ 
とても残念です!

それなのに引退させるつもりだったじいちゃんは
大変なことになっちゃったし 娘さんの一人娘さんは
本当は 私立の中学を受験するつもりだったらしいけど
それも諦めたとかでね
だって 店の他に一人娘さんの塾代だって月に7万だって!
じいちゃんはよくこぼしてましたっけ

さらに私が入ってから暫くすると 40本以上ものワインや
60本以上の焼酎 そして20数種類の日本酒
ただでさえやり繰りが大変なのに 
そんなに凄い数のお酒を仕入れたんじゃ そりゃ大変ですよね
素人の私にだって 分りますよ

店のためとは言え 
そんな負担も 重くのしかかっていたのかもしれませんね
さらにお酒だけじゃなく 料理だって
美味しく作るための費用は惜しまない人ですから
何もそこまでお金を賭けなくても・・・って思うようのことも
度々有りましたけど 逆にそういう意欲的な人だから
私も忙しくても 一人で頑張ったり 
(どんなに理不尽に怒鳴られても)我慢の出来たのに・・・

確かに娘さんは 外見的な人柄はとてもいいんですけど
内面的には 難しい部分があって 
でも仕事に関しては 凄いです
かなり積極的だし 頑張る人だし そういう所は本当に尊敬できます
だから これから先 また色んな人と係わりあっていくんでしょうから
余計な事かもしれないけど もう少し人間的に大人になれたらって
期待をこめて そう思います

まぁ そんなこんなで 結局の所 
来月から私は無職になります
店は今月で 閉めるそうです
あと 2週間 ・・・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)

もう 2月 ですね!

みなさま お久し振りでございます

恥ずかしながら 今年最初の記事でございます
確か 昨年末の記事では
“なるべくブログをマメに更新する”と 自ら言ってた様な・・・
それが こんな時期にですか?って 話なんですけど・・・

さて ここでまた 記事の更新が遅くなったいい訳を!
実は・・・・ あのね コソコソ・・・コソコソ・・・ と行きたいところですけど
何しろ 今年最初の記事ですので記事の更新が遅くなった言い訳は
次の機会にしたいと思います
それは・・・ あまりいい出来事ではないので
今回は他愛もない話題で 今年最初の更新でいきたいと思います

といえばほれ! いつものワイン!
Wine1

 まずはこれから
 
 コート・デュ・ローヌ 
 ヴェルルーシュ ルージュ

 M ・ シャプティエ
 2007 フランス 赤

 コート・デュ・ローヌのワインは 
 結構好きなんですよね

値段も手頃だし 果実味のある
飲みやすいワインが多く ミディアムのワインを選べば 
大抵の料理には合う気がします
これは 酸味も柔らかく 渋味のイヤミも感じず
結構美味しかったです

Wine6

 カミーノ・サン・ペデロ
     ストークスタワー

 2007 スペイン 赤

 

 最近は特にスペインのワインにハマっていて
 ワインを買うときには大抵2・3本買うんですけど
 必ず 1本はスペインのワインを買ってますね
 私的には スペインワインは お勧めです

以前から最初の彼女が 
『スペインのワインは美味しい!』と
言ってたので 時々買ってたんですけど 彼女の言う『美味しい!』は
勿論!? リオハのワインでして そうなるとそんなにお手頃?の
値段では買えないので お財布と相談しながら 美味しいワインを
探しています
で、これは結構お勧めですね  勿論 それぞれの好き好きも
有りますけど 私は好き!
休みの日に飲むワインを選ぶ基準は まず 
“料理の味の邪魔をしない” 味のワインを! なので
結果として そのワイン自体の味よりも 
いかに料理との相性が良かったか? になってしまいますね
ワインだけを しみじみと味わいながら飲む訳ではないので
私の評価が低かった時は ワインに申し訳ないかな・・・

さて 次は
Wine4

 クレマン・ド・ブルゴーニュ
         ブラン ド ブラン

 2004 フランス 
 スパークリング ワイン

 

これは クリスマスに飲んだスパークリングです
 全体的には 美味しかったんですけど
 やや 甘味が残って ちょっと気になったかな

Wine5

 エルネス ラペノー ブリュット セレクション

 G.H. マーテル 
 シャンパーニュ

 これは なんとなんと 結構お安い値段の
 シャンパンです

実はこれ 買う時に
やや疑いながら買ったんです
産地に シャンパーニュってあったんですけど
 「えー この値段で?」と疑っていた私は
 お店の人に「これは クレマンですか?」って 
聞いたんですよねぇ~ 
でも店員さんはクレマンもヴァン・ムスーも解らなくて
 まぁ いいやって買って来たんですけど
後でわかったのが これはちゃんとシャンパンでした!
思えば 「これはクレマンですか?」なんて 知ったかで聞いた自分が
恥かしい!!!
このシャンパンは 以前 マキシム・ド・パリ で
ハウス シャンパンとしていたことも有るそうです
う~~ん 確かに 美味しかったですよ!
細かい泡立ちとうっすらとした琥珀色で 全体的にバランスの取れた
美味しいシャンパンでした しかもお手頃値段です

Wine2

 ブルゴーニュ ピノ・ノワール

   ショーヴェネ ショパン
  
  2008 赤

 
 

ミディアムなので 飲みやすいんですけど
 飲んだときに 口の中にややザラつき感が残り
 残念ながら 私は 美味しいとはいえませんね

Wine3

 

シャトー ・グラン・ジャン
     ヴィエイユ ヴィーユ

  2009 フランス 白

 すっきり辛口の 
飲みやすく ぐいぐい飲めるワインでした
 これは 何とかで賞を取ったというポップに
 釣られて買いましたが うん 値段の割には
美味しいんじゃない!という感じ
だってこれ 久々に千円以下のワインですから・・・

Nec_0227

 ロバート・ ヴァイル
        カビネット

 2007 ドイツ 白

 これは 何度も飲んだことのある
 美味しいワイン
 この日のものは カビネットだったので
 やや甘味があったけど
 相変らず リースリング特有の
 控えめな酸味とバランスがいい甘味  
 値段はいいけど これは最初の彼女が
 買って来たので 私としては
大いに 「美味しい!」といえるワインです

ドイツのワインは甘い!と思っていらっしゃる方が殆どみたいですけど
このワインもそうですが カビネットではなくトロッケンを買えば
さらにちゃんと辛口となってきますよ
私は シャルドネよりもリースリングの優しい酸味が好きなので
リースリングをみつけると 買いますね

さて ワインはこれくらいで・・・
あっ! そうそう 去年 とうとう買ってしまったものがあります
それは これ! ↓
Nec_0197

  

 これは あの リーデル社のワイングラス
 
 とうとう! というのは 
 実は我が家の食器棚は 食器好きのせいで
もう入る余地無しなのです
でも ワインを結構よく飲むのに
 ちゃんとしたグラスがなくて ・・・
 いままで使っていたグラスは
 彼とお揃いで買った色違いの どちらかといえば
 白ワイン向きのグラスでした
それで ずっと欲しかったんですけど
何しろ 食器はおろか グラスだって
 もういっぱいの状態で しかもそそっかしい
 私は 結構 “片割れ”を作ってしまって
 2個お揃いで買ったグラスの数々も
 いまは 1個ずつ・・・ と こんな状態で
 だから思い切って片割れは捨てればいいものを
 貧乏性のせいか捨てられず・・・

そんなわけで 食器棚はお皿やグラスが所狭しと入ってましてね
でも ネットでワインを探している時に このグラスを見てしまったので
散々迷った挙げ句 3個だけ買いました
大きさもちょうどよく 気のせいかこのグラスで飲むと
より一層?美味しく感じますねぇ~ 単純! ですわ

さて 次は
Nec_0219 ビールやワインと一緒に
 食べるブルスケッタです

 いつもなら
生ハムの上に
カッテージチーズ(写真中央)
そしてトマトと
さっぱりドレッシングと合えて
(写真両側)
さらに スモークサーモンを
のせたものを
作るるんですけど この日のものはかなり手抜きで
葉っぱはレタス 本当はグリーンリーフを使いたかったのに
売ってなかったし トマトとバジルを合えたかったのにこれも
バジルが売ってないし スモークサーモンにいたっては 私が買い忘れて・・・
でも ま、いっか!って感じで食べました
Nec_0218

 これも最近よく作る
 イタリアン ミートボール
 
作り方はいたって簡単で
ミートボールをトマトソースで
煮込んで 仕上げに
溶けるチーズをのせて
チーズが溶けたら
最後の手段はこれで!

Nec_0217_2 これはずいぶん前に買ったもの
なんですけど 
かなり重宝です
ご存知かもしれないですけど
これは よく使うあの
カセットコンロに使うガスで使える

簡単焦げ目付け機 なんですよ! って 本当の名前は
全然違うんですけど とっても都合よく使ってます
このミートボールを作る時だって 中味はちゃんと煮込んであるので
後は チーズに焦げ目がつけばいいだけですから
まぁ 本当は オーブンで焼いた方がいいんですけど
ここは 最近の私流手抜き料理法で この焦げ目付け機で!

そして最後は 2番目の彼女のレストランのシェフからの
頂き物を使って パスタを作りました
Nec_0224
これ 
皆さんには
一見 五目やきそばに
見えてませんか?
でも ちゃんとパスタ
なんですよねぇ~

2番目の彼女のお店で
温野菜サラダに使う
野菜を貰ったので
美味しいこだわり野菜の味を損ねないように
控えめなペペロンチーノ風に味付けしたパスタと
頂いた野菜を合わせて とってもヘルシーな優しい味にしました
シェフに ごちそうさま!ですね

さてさて 今年初めての記事はこれくらいにして
つぎは もっと早く更新したいと思っています
だって ・・・ 本当はもっと大事な事が有るんですから・・・
最初に書いた様に 更新が遅くなった理由です
今年最初の記事なのに あまりいい話ではないので
そのことは 次回にします

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年5月 »