« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

もう12月30日ですね

早いもので 今年も12月30日になってしまいました
年を取ると 1年が早いといいますが 確かに!!
今年も あっと!いう間でした
さて 皆さまにとって 今年はどんな年でしたでしょうか
色々あったけど・・・ 
きっと いい1年だったことでしょうね

そこで 私の一年の反省です

以前より忙しくなったとは言え やりたい事が充分に出来てない
やらなきゃいけない事が ちゃんと出来てない
ささっと振り返るとそんな一年だった気がします
だけど結局 思えば“平和”だったって事なのでしょうかね

とりあえず 今ここで言えること
その① 来年はもちっと頑張って ブログの更新はマメにする!
その➁ ネットスーパーばかり利用しないで 買い物に出る!
その③ その他諸々 頑張る!

あはは・・・ こんな情けない反省でした

この年末 今頃は皆さん忙しくしていることでしょうね

どうぞ よいお年をお迎えください

| | コメント (18) | トラックバック (0)

ホントに忙しいのか?

またまた ずいぶん間が空いてしまいました!
決してブログを忘れてた訳じゃないんです
ただ 毎日があっという間に過ぎてしまって・・・
不思議と毎日 やりたい事 やらなきゃいけない事があるんですねぇ~
ところが・・・ じゃあ一体毎日何をしているのかと思えば
人に これこれでしょぉ~ とか あれもしなきゃいけないでしょぉ~ とか
一つ一つ言ってみて と言われると そんな大そうな事をしている訳じゃなく
だから なぜこんなに毎日があっという間に過ぎてしまうのか ふ・し・ぎ

で、ふと思ったんですけど もしかしたら自分で勝手に
毎日が忙しいと思っているだけで 本当はただぼぉ~っと
過ぎていってるだけなんじゃないか・・・ って ・・・

といいつつ 自分では 一日が早くてねぇ~ と 勝手に思い込んでます

さて まるでブログが間が空いたいい訳をしているみたいになってしまうので
ここから本題です

まぁ 気が付けば12月もあと2週間ですね
それなのに 今頃?!ですが とりあえず12月に行く前に
11月の締めくくりです

実は先月の11月15日(戸籍は16日)は 私のバースデーでして
ところが 私の誕生日=実母の命日 でして
ここ何年かのお決まりで 母の命日には叔母さんと最初の彼女と
お墓参りに行って 帰りには大宴会が行われるんです
ですが今年は残念ながら 叔母さんに突然の来客の為
日程がずれてしまって 大宴会は中止になってしまったので
叔母さんはとても残念がっていました

その私の誕生日ですが 
なんと気が付けば 私はもう50をとっくに過ぎてしまっていて
“今年幾つになったんだぁ~?” と数えてみて驚いた!
あらぁ~ 大変 半ばに差し掛かってしまいました~~!
今までは 「まぁ~だ 若いわよ!」と思っていたんですけど
今年はふと 「そろそろ年を聞かれたくなくなったなぁ~」って 思いました

さ、年の事は忘れて 肝心な誕生日のプレゼントですが
彼女達が 
『何がいい?  どこか美味しいものを食べに行く? 
それとも 何か欲しいものがある?』 と聞くので私は
『グレーのバッグが欲しい!』 って事で
誕生日の前の週の日曜日に 最初の彼女と二人で
バッグを探しに行ったのですが これと気に入ったものがなく
でも 折角来たのに・・・ しかもプレゼントだし・・・ 
二人でほぼ意地になって 探して 
とうとう百貨店を端から巡り 新宿をひと回りしてしまいました!
最後の高島屋を出た時には 既に閉店時間になっていて
それでもとうとう 気に入ったバッグは見つからず
結局 誕生日のプレゼントはお食事という事となり
次の週の誕生日に 昼間は二番目の彼女と岩盤浴に 
夜は 新宿の伊勢丹近くのワインバー MARUGOの上だった様な・・・
オステリア オリエーラ(イタリア料理)のお店で 美味しく食べました
勿論 お代は彼女達   チラッと観たら3万円を超えたました
無理もないですね 三人でシェアしたので前菜3皿では
若干物足りないのと 美味しいあまり あと一皿食べて その後パスタ
そしてメインは 私はお初の ジビエ(この日は蝦夷鹿でした)を堪能
デザートもしっかり頂いて 飲み物は
最初は 乾杯のスパークリング 
次に前菜にあわせて白ワインをボトルで そしてメインにはグラスで赤を

彼女達と三人で 久し振りに至福のひと時を味わったのでした

これがそのお店 ↓
 1

 
 















私達は この席で
2

その後の11月は ふつーの毎日でした
お休みの日は 寒くなったせいか ビールが減ってワインが増えました
あっ そうそう忘れてました!
私の誕生日近くには必ず ボジョレの解禁が有ります
上手くすると誕生日と一緒になるんですけど 今年はダメでしたが
今年のボジョレもしっかり頂きましたよ だって恒例ですもん
そこで 10月と11月に飲んだワインです

まずは 今年のボジョレ・ヌーボー
Photo
これはお店が売る為に仕入れたもの
嬉しい事に 試飲しました
美味しかったですよ! とっても!
久し振りに 美味しいと思えるヌーボーでした


ドメーヌ・ペール・ギヨ という蔵元のワイン
これ1樽ウン万円するので普通なら
とてもグラス売りはしないんですけど

災難なことにお店の娘さんが 何を勘違いしたのか
どうやら値段の勘違いだったらしく 儲け無しの値段で売りました
私 値段を聞いて驚いて 
『一体いくらで売るつもりなんですか?!」って 
呆れ顔で聞いてしまいました
それも またもや何を考えたのか ヌーボーだというのに
なんと2樽も取り寄せたので お陰で私の1日のノルマは
最低 20杯となりました  だって1樽60杯分(当店売り量から算出)
あるんですもん そりゃー必死でアピールして
なんと1樽目は3日目の前半で無くなりまして 2樽目へ突入
もう 勘弁して欲しかったですよ 
だって樽じゃあ 味が落ちるのが早いですから 開けたらせめて3日が限度
だから当然(暗黙の)ノルマが出来ましてね 

その他のヌーボーは お客さんに味をアピールすべく
お店で売るワインを自前で購入して
Nec_0190 
 
 

これは 
 あの5大シャトーの
 シャトー・ムートン・ロートシルトの
 元醸造長 が造ったという
 
 ペノティエ・ヌーボー です
 
 

このワインは凄かったですね
 ヌーボーとは思えないほどのコクがあって
 しっかりした味でした
 飲んでいるうちに 
 ヌーボーだという事を忘れてしまいました

Nec_0191   Nec_0196_2

↑この2本は ラ・グラーブ ヌーボー の赤と白
ラベルが同じなのでどちらが赤か白か忘れました
これは 南フランスのヌーボーで
ボジョレでは ありませんが ヌーボーには違いありません
味は まさにヌーボーといった感じ
口当たりが良く 飲みやすい味でした

さて ここからは 近所の酒屋さんで買ったものなので
どこでも手に入る ¥1100~¥1800程度の家飲みワインです

まず 自分の為に買ったヌーボー
解禁3日目に買いに行ったので赤が売り切れで買って来たのが

マコン ヴィラージュ ヌーボー 2010
           アルベール・ビジョー

このラベルは 「神の雫」を描いている方が描いたらしいです
マコンですので 白です
少し酸味がありやや辛口のすっきり軽めのヌーボー

201012171538000














Nec_0179  
 

   

これは 私が
 「近くのスーパーで買ったんだ!」と
 いうと お店の娘さんが 
 「結構美味しいよ」と言ってたんで
 かなり期待して飲んだんですけど
 私的には

 う~ん まぁまぁ・・・でした
 好みの問題ですね 



 キュベ・ミティーク

 

Nec_0189
 

 

 

 

ジン・クロード・マス

    レ・タンヌ オーガニック シャルドネ

  

  酸味が程よく柔らかい味でした
  辛味の度合いとしては
  やや物足りないかな

Nec_0187

  

 

 

ブルゴーニュ ピノノワール
      ルイ ジャド

  ピノだったので渋味もなく
  飲みやすく  口当たりのよい
  ミディアム・ボディのワインでした

Nec_0185_2

アルディッシュ シャルドネ
     ルイ・ラトゥール

このシャルドネは結構酸味が
 強かったですね(酸味が苦手なので)

そうそう! 嬉しい事にお店の娘さんから
美味しいクレマン(スパークリング)を頂きました
これは 以前うちの彼女が店に寄って買って来たのと同じで
私が気に入ってる1本で 
クレマン・ド・ブルゴーニュ  フランソワ ミクルスキーです
 
今はワインの種類が以前と変わってしまったので 
(店売りで ボトル¥4000)のスパークリングは中々出ませんので
もし 私の誕生日までに売れなかったら 私が買います!って
ずっと予約しておいたんです
それを覚えていてくれて 「誕生日でしょ!」といって
仕事の帰りにくれたんですよ
大喜びで 家で飲みました!!

さて こうしてワインばかり並べていると余程呑み助なんだと
思われては困るので(実際 そうかもしれないけど)たまには
一緒に食べたものを!

Photo 
アンチョビポテト です

Photo_2 チキンのトマト煮
そして ワインのお供 グリッシーニ
これは安かったので買ったんですけど グリッシーニというよりは
普通に 太めのポッキーって感じ
Nec_0184

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »