« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

最近のワイン

この頃は 涼しくなりましたね
余りにも涼しいのでちょっと戸惑っていますが いかがお過ごしでしょうか?

さて 以前の記事では 
“最近はめっきりお酒を飲まなくなった” といってたんですけど
これも今年の暑さのせいか 近頃では週に3日ほど飲む日が出来ました
それは 休みの前の日と休みの日です
そこで 最近ビールばかりでなくワインを飲むことも増えたのですが
ワインは(今では)一人で飲み切るのはちょっと多いので(そうでもない?)
たま~に彼女達が居る時に飲むんですけどね
で、最近飲んだワインがこれ↓2本ともスパークリングワインなんですが

Photo これは 
 フランソワ ミクルスキー 
  クレマン ド ブルゴーニュ ブリュット です
    
 
 フランソワ ミクルスキーとは フランスで
 まだ20年ほどの 若い造り手ですが 
 中々美味しいワインを 造るので 
 かなりの注目を集めました
 
 味は 柑橘系の果実香のスッキリとした味で 
 とてもきめ細かい泡立ちの
 辛口の 美味しい1本でした
 
 この日の1本は 私が仕事に出る前に
 『今日はやけに泡が飲みたいなー』と
 最初の彼女が言ってたので 
 仕事をしている店にある中で
 お勧めのものを彼女に教えたら
 『買えたら 買って来て!』と言ったのですが
 忙しくてそれどころではないので  買わずに帰って来てメールしたら  
 彼女は 仕事帰りに 私が働く店に寄って 店頭価格で買って来たんです
 私が買ってくれば (もしかしたら)仕入れ値で買えたかもしれないのに・・・
 余程飲みたかったんでしょうね
 そんな訳で 早速二人で飲んだのですが ふと・・・気付いてしまったんです
 私よりずっとワインに詳しい二番目の彼女は
 きっとこのワインを飲みたかっただろうと・・・
 ところが 気づいた時には既にからっぽ  それなのに
 瓶を片付ける前に帰ってきた二番目の彼女
 からの瓶を見て一言 『 あ~あ 飲みたかったなぁ~』 と
 私 すぐに 『 ごめん 』 と言ったんですけど後の祭り

 さて2本目は つい先日
 Photo_2
 ジェイコブス クリーク 
   シャルドネ ピノ・ノワール

 ジェイコブス・クリークは
 オーストラリアの造り手でかなり有名みたいです
 
 これは近所の酒屋さんで買って来たもので
 ラベルに 使用葡萄品種が
 シャルドネとピノ・ノワールとあったので
 たぶんシャンパーニュ製法のように作られた
 スパークリングではないかと思って
 買って来たのですが 良く見れば瓶の
 裏のラベルに瓶内2次発酵と
 書いてありました(笑)

 味は これもスッキリとした味なのですが
 後で口の中に若干の甘味が残るのが
 ちょっと気になったんですけど
 まぁ 値段からしたら家で飲むにはお手頃じゃないかと思います

ところで思えばこの頃 
以前よりずっと飲むことが多くなってしまったんですよ
あの怪我以来 暫くは一滴も飲まなかったし 
少し飲むようになったのは割と最近のことだったのに
さすがにこの夏の暑さに負けたのか 暑くなってからは 
仕事をしている時にお客さんが飲む生ビールが
やけに美味しそうに見えて
ついついビールを飲むことが多くなりました
やはり元々呑み助だからなのでしょうか・・・
そんな訳でこの頃では 休みの前の日の土曜の夜と 日曜と月曜は
飲むようになったんですけど それでも以前の様に
たくさん飲むことはなくなりましたし 普段の日は飲まないようにと
それだけは気をつけなければ! と思ってるんです
だって 毎月の病院通いで半年に一度の血液検査では
以前よりずっと尿酸値が下がり 余計な薬を飲まないようになったので
これだけは頑張らないと! と思っています
ビールの量を減らすだけで こんなにも尿酸値が下がるんだ~って
目に見えて解りました
私以外にも尿酸値が高めの方がいらしたら お気をつけあそばせ!

因みに・・・・
皆さんご存知でしょうが 
まれに今でも 発泡ワインのことを“シャンパン”という方がいますけど
シャンパンとは 
フランス シャンパーニュ地方で作られた
発泡ワインでワインのAOC法(シャンパーニュ地方で取れた
特定のぶどう品種を使いシャンパーニュ製法で作られたもの)を
クリアしたものだけがシャンパンといえるもので 
それ以外の発泡ワインをスパークリングワインといいます
フランスでは シャンパーニュ以外で作られたものでも
シャンパンと同じ製法で作られた発泡ワインを クレマンといいい
それ以外は ヴァン・ムスー
イタリアでは スプマンテ  スペインでは カヴァやエスプモーソ
ドイツでは ゼクトやシャウムヴァインと呼び カヴァやゼクトは 
シャンパンと同じ様に瓶内二次発酵で作られた発泡ワインだそうです

AOC法とは・・・
フランスでは ワイン・チーズ・バターなどの品質評価において
特定の条件を満たしたものだけに与えられた 品質保証

| | コメント (20) | トラックバック (0)

暑さのせいで?!

お久し振りです
相変らず 毎日暑いですね
この暑さ まだ当分続くんですって?

そのせいか 我が家ではこの夏いつの間にか“定番”の飲み物になったのが

これ ↓

Perrier 皆さんも良くご存知の ペリエです

いつも我が家では 夏冬問わずウーロン茶を作っているんですけど
さすがに今年の夏の暑さに参って たまにはスッキリするものを・・・
そう思って買い始めたのがこれです!
最も 最初は瓶で売っているものを 酒屋さんかスーパーで買っていたんですが
何しろ容量が750ml.とやや多めで
一人じゃ中々飲みきれないので 蓋をして冷蔵庫に入れておいても
1日もすれば炭酸が抜けてしまうんですよね
それに瓶が結構大きくて邪魔で さらにいまは回収日が
1週間に一度だけですから キッチンにあると
空瓶のせいか なおさら邪魔に思えてね
そこで ネットで色々なお店を探して見つけたのが
“爽快ドラッグ”というお店でした(私が知る限り安いお店です) 
それ以来 ここから一度に2ケース(48本・この金額だと送料無料なので)
取るんですけど 冷蔵庫に入れた途端 あっという間に売れてしまうんですよねぇ~

これはご覧のとおり缶入りで 容量は330ml.なので 一人で飲むのには
ちょうどいい量なので 残すことはなく中々いいんですよ
しかも 何と言っても結構お安いんです
初めて取り寄せた時は特売だったせいか 1本辺り¥70でした
コンビにや自販機で飲み物を買うより ずっと安いですよね
いまでも 無くなると取り続けているんですが 
普通の日でも1本あたり ¥74なので中々重宝な飲み物です

家での食事の時などは ウーロン茶を 
外から帰って暑い時やお風呂上りにはペリエでと 飲み分けています
ペリエは天然炭酸水ですので とっても飲みやすいんですけど
もし炭酸が苦手な方は サンペレグリノなら炭酸が弱いのでよいかと・・・
我が家では 外で食事をする時などの口直しとかにも 良く飲むんですよ
チェイサーの感覚ですね
さっぱりとした感覚が なかなかいいですよ~~

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »