« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

今頃?って 笑わないでね

実は私 ここ数年 かなり物忘れが酷くなりまして
以前にもここで 告白したことがあるのですが
その忘れっぽさと言ったら 大したもので
お湯を沸かしているのにすっかり忘れて 
何度ヤカンをダメにしそうになったことか・・・
ある時なんか 家の目の前で起きた事故を見に行って
帰って来たら お鍋にお湯がぐらぐらだったり
ゆで卵を爆発させたり
まぁ 数え出したらキリがないほどで よく今迄火事にならなかったと・・・

さて そんな私が 本気で一度病院に行った方がいいのだろうかと
考え込んでしまうような出来事があったのです

確か今年の6月から 自転車に関して一部道交法が変って
歩行者・自転車共用歩道以外は 自転車は歩道を走れなくなりましたよね?
ちがった?・・・ 

私が自転車で走る近所の商店街は 歩道がとても狭く
自転車が走るのは とても無理で
それでもいままでなら 歩行者に気をつけながら走っていたのですが
何だか肩身が狭くなったので 仕方なく恐々車道を走るようになった
そんな日の出来事です

いつもの様に 自転車で脇道から出てきた私
車道に突き当たって いつもならその道を横断するのですが
ふと その先の信号を右折すればいいや~ って 思ったんですね
で 次の瞬間 右側から走ってきた車を見送って
私は 数メートル先の信号で右折レーンに止まっている車の右側に
自転車で並ぼうとしたのです
そう・・ 私も右折する為に・・・
自分が自転車であることを すっかり忘れて

 私は 滅多にないのですが
 ちょっと遠くのスーパーに買い物に行く時は 原チャを使うことがあります
 でも 本当に滅多にないのです
 で、その日は確実に自転車でした

途中でふっと気付いて 慌てて左側により
なにくわぬ顔で 次の信号の横断歩道で道を渡りましたが
自分では その出来事がかなりショックで
夜 彼にその話をしたのです
すると彼は 「そりゃ そーとーやばいぞsign01」 って

そんな訳で次の日 何かの買い物があって近所の電気店に行ったので
そこで 今更ながら 
脳を鍛える大人のDSトレーニングを買ってきたのです

勿論 帰って来て早速やってみました
結果 私の脳年齢 36歳sign03
その次の日は何と 27歳sign03
もう1ヶ月近く 毎日トレーニングを続けていますが
調子に乗ってお酒を飲んでやった日に 
2度ほど40歳代になった時以外は 全て20代
私の実年齢は51歳

これが証拠 
N001 N002 N003
そして極めつけは
N004
どーよsign01  どーよsign01

それなのに 未だにお湯を沸かしてること 
忘れるんだなぁ~~ sweat01

という事は 前頭前野を鍛えてもダメだってことなのかな
あたしの海馬は おバカなのか 容量が狭いのか

海馬を鍛える大人のDSトレーニングって発売しないかしら

| | コメント (20) | トラックバック (0)

高尾山ビアマウント

すっかり忘れていましたが そういえば日曜日に
高尾山ビアマウントに行って来たのでしたup

ずっと前から行きたくて うずうずしていたのですが
中々お天気と チャンスに恵まれず 今年はもう駄目かなって
諦めかけていたのですが ・・・

で、何それってsign02

高尾山はご存知でしょうか?
標高500mのこんもりしたお山で 東京の小学生だったら
必ずと言っていいほど 遠足で行くのですが
その頂上?かな で 7月~9月まで ビアガーデンをやってます
お天気が良ければ 
≪都心から横浜までの100万ドルの夜景が一望できる≫そうですが
残念ながら 私が行った日は こんな感じ
B001
昼間はとてもお天気が良かったのですが 夕方から曇ってきたのと
座った場所が 良くなかったみたいで
夜景とは程遠い場所でした coldsweats01
でも 標高が少し高いだけあって涼しくて気持ちよかったですよ
飲み放題・食べ放題なので 思いっきりbeer飲んじゃいました
ビアガーデンはともかく ケーブルカーやリフトも
楽しくていいですよ

ここに行く前に 高尾山トリックアート美術館に寄りました
建物を見ると 大丈夫?と ちょっと心配になるような感じですが
中に入ると 大人でもかなり楽しめます

トリックアート ・・ つまり だまし絵 です
こんな感じ 
B003
B005
B004
普通に床や壁に絵が描いてあるだけなのですが
ちょっと離れて見たり 片目を瞑って見たりすると
あら? という感じです

如何ですか 面白いでしょう?

ここで1時間ほど遊びました

そうそう 途中の高幡不動の駅前で お神輿を見かけました
B002

夏の終わりを楽しんだ1日でした

高尾山ビアマウント 詳しくはこちらで
高尾山トリックアート美術館は こちらで

| | コメント (16) | トラックバック (0)

本当に腐ってる話!

タイトル通り 本当に腐っちゃった話です(記事更新も含む)

実は こんなものを買いました
T004 携帯のカメラの画像がかなり悪いです bearing

ご存知 東京Xという豚肉です
これは 車で15分くらいの所の 大手スーパーで購入したのですが
買って来て 冷蔵庫に入れたまま すっかり忘れて
そーだーflair と 思い出した日は 消費期限を1日過ぎていました
当然 ダメだろうなぁ~と ラップを外して 
臭いなんぞを嗅いでみようかと・・・ お肉を取り出そうとしたら

「ダメだろうなぁ~」 どころじゃないです

完璧に だめ でした
ほら ↓

T001_2
判りますでしょうか?
恐る恐る もう少しだけ近づいて  もういっちょ!

T002 
おまけに もういっちょ!

T003

冷蔵庫に 全幅の信頼を置いてはいけないのはわかります
でも この写真をとった日は8月31日ですよ
たった1日で こんなに傷んでしまうものでしょうか?
もしかしたら 消費期限ギリギリの 8月30日でも
食べたらお腹が痛くなったんじゃないかって 不安になりました

| | コメント (16) | トラックバック (0)

夏! 総決算

すっかりご無沙汰しています
もう 8月が終ってしまいましたね

随分間が空いてしまったのは 確かに忙しかったんですけど
ようやく暇を見つけて 「さぁ 更新!」と思ってパソコンをつけると
遠くで ピカッthunder ゴロゴロsign03 と
そんな訳で 更新のチャンスを随分逃してしまいました
重ねて 最近は早寝をするようになったので
今までだったら 2時3時がへっちゃらだったのに
このところ 12時を過ぎると 瞼が重くて
ベッドまで行くのがやっとの日も多く・・・

と、またもやかなりの言い訳をして coldsweats01

さて ・・・

振り返れば 今年の夏は大忙しでした
今頃ですが 近況を・・・

8月13日から・・・
何だかもう大昔のようですが お盆休みに箱根に行って来ました
いつもなら車なのですが 今年は車を置いて
ロマンスカーに乗ってみました
いつも必ず どこに行くにも車を手放せないうちの彼
でも 一番骨休めをしなきゃいけない人が運転手じゃ
休まらないだろうと思って ・・・
さりとて もう10年近くも運転してない私じゃ 代わってあげられないし

と、いう事で電車でGOdash 
お弁当と勿論 ビールbeer付きで 大満足の旅でした
帰りは 展望席が取れたので 二人でちょっと鉄ちゃんになりました

T001

帰って来て 翌日 8月15日は 御岳山に行ってみました
ロマンスカーで 電車が慣れたのか またもや車を置いて電車でGOdash
御岳までは 結構 大変でした 何しろ暑い日だったので
でも ケーブルカーに乗ったり リフトに乗ったりで
楽しかったですよnotes
多摩川沿いを二人で 2時間も歩きました
本当はTVでみた 川床料理を食べに行ったんですけど
思ったような雰囲気ではなかったので 止めたんです
M
(ここも東京です)

さてさて その次の日は さすがに二人とも疲れて
ちょっとリッチな中華を食べにいって 家でのんびり・・・

お盆明けの週は のんびりのツケが一気に押し寄せてきて
大忙しでした
でも 日曜になると途端に元気が出て
何十年かぶりに 横田基地の友好祭に出かけてみました
この日は朝から大雨で とてもじゃないけどそんな日に出かけるなんて!
と、そんな一日でしたが 一年に一度だけ 基地内に入れる日なので
ずぶ濡れになりながら 楽しんできましたが
帰りにお互いの姿を見て ・・・ 殆どアホですわsweat01って感じでした
だって雨の中 折角出かけて行ったのに 腹ごなしに食べたものは
ヤキソバとオムヤキソバですもん
もっと気の利いた ケバブとかホットドッグとかあるのに
しかも雨のせいで 足元ぐちゃぐちゃですし・・・

翌25日は オバサンお得意のランチバイキングrestaurant
同級生三人で 食べるupおしゃべりupと あっという間の一日でした
しかも私 その週にもう一度 ランチバイキング
これじゃ体重 減る訳ないです happy02

そんなこんなで 楽しく 忙しく過ぎる毎日
フラの練習も完璧goodで またもや先生に誉められちゃいました happy01
でも 冷静に鏡に映った自分をみると やはりまだ盆踊り
それなのに10月には ホイケ(発表会)が有るんですってsweat01
まだ始めて3回目なのに 「私も参加します」って
かなり図々しいです わたし

で ・・・ いよいよ割りと最近の話題です
日曜日に 映画 『 闇の子供達 』 を観てきました

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが 
この映画は ノンフィクションです

タイを舞台にした 幼児の人身売買や売春
臓器提供のなど 闇の実態を暴いた ショッキングな映画です
正直 あまりに重過ぎて 観終わったあと
エンドロールが流れ終っても すぐに立ち上がることが出来ませんでした

この映画 〝いい映画ですから 是非ご覧ください〟 って
言っていいものかどうか ・・・
でも 真実を知りたい方は ご覧になるといいと思います
かなり衝撃的な映画であることは間違いなく 
私は ちょっと気分が悪くなって 持って入った飲み物が
喉を通りませんでした
原作は 「血と骨」の 梁石日さんです

オフィシャルサイトは こちら

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »