« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

バジルソーダ

もう ずっと前に紹介したかったんですけど
お恥ずかしながら・・・ ダラダラとしているうちに
とっても賞味期限切れな 記事になってしまいました

私が時々お邪魔する 『 Bar STILL 』のマスターに
とっても美味しいドリンクを教えて頂いたので ご紹介します
「名前はなんと呼びましょうか?」と伺ったら 
「好きな名前を・・」と言われたのですが カッコイイのが思い浮かびませんで
ごくふつーに バジルシロップを使っているので
『 バジルソーダ 』 と ・・・ なんと 単純に・・・ 

D001_2
材料は バジル少々とレモン 炭酸
まず バジルシロップを作ります
作り方はとっても簡単です
 *お鍋に水200cc・砂糖(上白糖)200gを
   入れて火にかけ 
  砂糖が溶けたら弱火にして
  レモンジュースを半個分とバジル(一掴みくらい)を
  入れて ゆっくりと5分ほど煮出して 出来上がり
  
  飲む時にさらにレモンを絞って 
  炭酸で割る

(レシピは マスターが教えて下さった通りに載せています)

これが大評判でした!
近所のお友達が遊びに来た時に 作って出したら大ウケ!
それに気をよくして 再びバルコニーから沢山のバジルを摘んで来て
またバジルシロップを作り  お友達に分けてあげたりしてね
一番ウケたのが 
うちに来る保険屋さんに出してあげたら
これまた大喜びで ・・ 次の日 
保険の用もないのにやってくるので 何かと思ったら
同僚の人にもその話をしたらしく 
『作り方を詳しく聞いてきて欲しい』 と言われたそうで ・・・
数日して 「バジルソーダ とっても美味しかったです」と電話が有りました

今年はもう無理ですけど 来年の収穫時期に思い出したら
是非 お試しあれ!

そうそう 沢山収穫できたので バジルを塩漬けにしてみました
私ったら イタリアンに良く使われるので あっち方面のハーブかと思ったら
バジルはアジアが原産なんですね
塩漬けにする時 生まれ故郷に近いところのお塩がいいと思って
前に買ってあったシチリア産の岩塩に漬けたんですけど
どうやら伯方の塩の方が 良かったみたいですわ~ アハハ・・・
D004

こうして塩漬けにしておいて
常に表面を塩で覆っておけば
保存状態がよければ
1年くらいは 大丈夫だそうです

 ( 作り方は 
    粗塩とバジルを
    交互にビンに詰めるだけです)

本当はバジルペーストを作るつもり
だったんですけど シロップに沢山使ってしまいました

D003

シロップは こんな感じです

中のバジルは すぐに取り出しておきました

入れっぱなしでいいのか判らないので・・・ 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

『ミッドナイトイーグル』

今回は 新鮮なうちに映画情報です

日曜日 『 ミッドナイトイーグル 』を観に行ってきました
本当は 『 アイアムレジェンド 』 を観に行く予定でしたが
TVやラジオで やたら酷評だったので
ちょっとあちこちのレビューを見たら やはり余り評判が良くなかったので
急遽 変更になりました

『ミッドナイトイーグル』 
先月公開の映画で もう殆ど上映終わりに近かったせいか
見ている人は 少なめでした

あらずじは

【ある夜 戦場カメラマンとして活躍していた西崎(大沢たかお)は 
北アルプス山中に落下していく米軍のステルス爆撃機を目撃した。  
そこには自衛隊の特殊部隊がすぐに送り込まれたが  
その一方では「ある国」の工作員も送り込まれていたのである。
西崎は後輩の新聞記者と共に 墜落現場に向ったが 
そこには思いも寄らぬ事態が待ち受けていたのである 】

原作は 高嶋哲夫の同名ミステリーで
監督は 成島出 脚本は『亡国のイージス』「ホワイトアウト』の
長谷川康夫と飯田健三郎が手がけています

実際にこんな事が有ったら怖いな・・・と思わせるほどシリアスな内容なので
所々で そんなぁ~と 突っ込みたくなってしまうのですが
そこは やはり〝映画なんだ〟 と 思い直しつつ
かなりのめり込んで 見入ってしまいました

基本的には サスペンスアクションらしいのですが
なんとなんと ・・・ 後半は うっかりすると泣いちゃいます

著名な報道カメラマンだったが 取材中の出来事から心に深い傷を負い
以前のような作品を発表しなくなり 自分の殻にどじこもってしまう
それに追い討ちを掛けるように 妻を亡くし
息子とも離れ離れの生活を 余儀なくされる
そんな時 事件に遭遇し その事件を追いかけるうちに
ジャーナリストとしての思いを取戻していくのだが・・・

そんな男が 最愛のものたちを守る為に 最後の決断をする


そんな報道カメラマン西崎を 大沢たかおさんが見事に演じています
私としては この映画 ★★★★☆ です



| | コメント (13) | トラックバック (0)

映画三昧

またまたちょっと古くなってしまいましたが
先週の6日 木曜日に 
『 Little DJ~小さな恋の物語 』の 試写会に行ってきました

まだ公開前なので ストーリーには触れずにおきますが
どんな映画かというと
海辺の病院に入院している少年の 一生懸命に生きる姿と
温かくてちょっと切ない恋   そして思いを伝えることの大切さを
優しく描いた 〝小さな恋の物語〟なのですが
この映画 大人が見ても充分感動します
思春期の頃の 甘酸っぱい初恋の思い出や
青春の頃の 深夜放送の懐かしいラジオや
そんな想い出が蘇って来るのです
そして 誰かに優しくしてあげたくなるような映画です
そして そして少年(神木くん)のDJ
是非 劇場に聞きに行ってください・・そう言いたくなるほど
素敵な声なのです

   キャストは 神木隆之介・福田麻由子
           広末涼子・佐藤重幸等

この映画 ちょっとびっくりしたのは スタッフが若いのです
監督は 永田琴さんという女性の監督なんですが
なんとまだ30代です
この監督は岩井俊二監督のもと 多数の映画やドラマの製作や助監督を務め
昨年 「渋谷区円山町」で 長篇監督デビューをした
これからの活躍が期待される 監督です
そして脚本はあの「明日の記憶」で アカデミー賞優秀脚本賞を取った
三浦有為子さん
音楽は ALWAYS三丁目の夕日や海猿・手紙などの映画や
ウォーターボーイズやGOODLUCK!などの音楽を手がけた
佐藤直紀さんです
通りで優しい映画だわ!って感じでしょうか

映画が終った後  うちの彼は
「自腹じゃ 観に行かないな」って言ってましたけど
私は とっても素敵な映画だと思いました
    ≪Litte DJ~小さな恋の物語≫オフィシャルサイトはこちら

そして もう1本
昨日の日曜日に 『 椿三十郎 』を見てきました
もうご存知でしょうが この映画は
1963年に公開された 三船敏郎さん主演の黒澤作品 『 椿三十郎 』を
森田芳光監督がリメイクしたものです

当然ながら私は 元の映画を劇場で観たことはないので
ストーリーは 全く知らなかった訳ですが
森田監督の 
「 『椿三十郎』は 時代劇というジャンルを越えた
現代の息吹を感じる〝人間ドラマ〟です
今を一生懸命生きている人々にみて貰いたい 」との思いで
超一級のエンターテイメントに仕上げました 
というだけあって
本当に楽しい映画でした
そして監督がこだわったというキャスティングも 人物の設定も
とても面白く ぴったりとハマっている感じです
これを見たら 今度は元の『 椿三十郎 』も見たくなりました
ところが 皆さん考えることは同じのようで
ここ最近 『 椿三十郎 』 のレンタルが増えているそうです

               『椿三十郎』 はこちら

さてさて これからお正月にかけて 面白そうな映画が目白押しで
来週の日曜の予定も入っていて 
まだまだ当分 映画三昧になりそうです

| | コメント (12) | トラックバック (0)

嘘がつけない女

かなりしつこくアピールしていますが  
最近のわたくし  自転車に乗っております

自転車って とっても身近な乗り物ですが 実は私

自転車は大嫌いのようです

初めて自転車に乗ったのは 幼稚園の頃だったかしら
割とオテンバな私は すぐに乗りこなしたのですが
自転車も 中学になるとすっかり乗らなくなって
地元の高校に通うようになってから 再び乗り出したのですが
どうもそこのろから 余り好きではないようで・・・

だって 自転車って歩きと同じで 自分でどうにかしないと進まないでしょ!?

そんなですから 自転車通学も1年ほどで 後はバス通学で
それからまた暫くして 20代の前半の頃
結婚して まだ運転免許を持っていなかった頃は
たまに買い物に使う程度だったのですが 
ある日 自転車の前カゴに荷物を沢山乗せて 角を曲がろうとした時
突然 思いっきりコケたんです  自転車ごと!
それに懲りたのか それ以来自転車は乗らなくなって
その数年後 車の免許を取ってからは 全く乗らなくなったのですが
十年位前 自分専用の車を持たなくなってからは ずっと原付で
そしてつい最近 懲りもせず また 自転車に乗り始めたのです

が、・・・・

要するに何が言いたいかっていうと
私って 自分では案外運動神経が良いと思っていたのだけれど
どうやら私は 自転車が苦手らしく
先月 またもや思いっきり 斜めに自転車ごと倒れたんですわ~~!

そんな訳で やっぱり自転車は嫌いなんです

でも そうは言ったって やはりチマチマと歩くのはかったるいし
今の私の体重じゃ まだ膝に負担がかかりそうなので
やはり 当分の間 自転車は手放せないのですが ・・・

そんな私が 最近思うこと それは
歩道を歩く人 犬と散歩する人 自転車の高校生 自転車の親子連れ
マナーが悪いわよ! 

ただでさえおぼつかない 私の自転車ですから 

向うから歩いてくる 同年代のおばさん
右に避けるんだか 左に避けるんだか ・・・!
なぜ 人と同じ方向に避けるかなぁ~~ 
それから
サンタのお洋服を着せられた お散歩中のわんちゃん
傍を通りかかる時 いきなりご主人様と離れて歩かないでよぉ~
そして
たぶん私の後輩であろう 地元の高校生
この寒いのにアイス食べながら 三列で走るなよぉ~
友達と連なって走るのなら 若いんだから もうちょっとスピード出してよ!
最後に
おかあさん あなたのお子ちゃま 酔っ払い運転でちゅか?
ふらふらしてまっせ!

もうぉ 怖いったらありゃしない

で あったまに来た私 どうしたらいいの?と 自転車の交通ルールをみた
すると 
自転車は 基本的には車と一緒に車道を走るらしいのですが
自転車・歩行者共用の歩道の場合 自転車は車道側を走るんだって
そして むやみやたらに チリンチリンを鳴らしちゃいけないらしい
じゃ 危ない方たちの傍を(後ろから)通り過ぎる時は どうするかというと

『 後ろから 通りまぁ~~す! 』 
って 言うんだって ・・・ ちょっと恥かしい! E008

決してそういうつもりじゃないんだけど 後ろから歩行者に向けて
チリン! と鳴らすと 横柄だと思われたり 驚く人も居るらしく
そうかと言って 声をかけるのはいささか恥かしく
脇を車が行きかう道路じゃ 余程大声を出さないと 聞こえなさそうだし
だから ちょっと遠慮がちに 〝チリン〟と鳴らして
後ろから通り過ぎるのをお知らせした方が いいんじゃないかと思うのですが

そんなこんなを迷いながら 今日も自転車で走っておりますと
また例によって 歩道一杯に広がって歩く 
たぶん 私よりちょっと若そうな おばさま方がいらしたのですよ
そこで私 ちょっとムッとしたのですが 心を入れ替えて
チリンチリンじゃなく 思いっきり勇気を振り絞って 
声をかけてみようと思ったんです

で お三方の横を通り過ぎる その瞬間 後ろから

『 邪魔でぇ~~す! 』 って 

思いっきり明るい声で言っちゃいました Kao011

ええぇぇーーー !!
今 あたし 何て言いました !?

もお~ ビックリしたのは私の方ですわ!


そ そりゃ  ホンのちょっとだけ 「邪魔だわ」って確かに思ったけど

自分が一体何を言ったのか 一瞬 解らなくなりました
そして 自分が言った事が恐ろしくて 固まったまま
後ろを振り向く事さえ出来なかったのです

わたし 『 通りま~~す! 』 って 言うつもりだったんですが・・・

| | コメント (18) | トラックバック (0)

どうも・・・ おひさです

あらら・・・ もう12月ですね
何故か最近 ずっと忙しくて 10月頃から走りまくりの私ですが

またまた今日は 賞味期限ぎりぎりの話です

今週 ・・ でいいのかな? 日曜日に鎌倉までドライブに行ってきました

11月末に 初めての車検を向えるはずだった車に
彼は もう すっかり愛着がないと申しまして 
それなら新しい車を買えばいいじゃない ・・・ って事になりまして
本当は そんなに簡単に言って貰っては 困ることなんですけれども
ま 車くらい好きなのに乗ったらイイじゃないって 
ちょっと理解ある奥さんぶりを発揮して 
じゃぁ 少しでも値段がいいうちに下取って頂きましょうよ という話が
あれよあれよというまに進みまして ・・・

  そんな訳で今度の車は とっても彼が気に入ったという
  Zioなのですが 
  本当のところ 彼の〝愛着〟なる物がいつまで持つか心配なのです

という事で 絶大なる彼の愛情を一身に受ける 新車に乗りまして
〝紅葉を見に行こう!〟のドライブに出かけたのでしたが
円覚寺に行くつもりが 駐車場を探しながら 長谷寺まで行っちゃいまして
ついでに鎌倉の大仏様も見ちゃいました
暖かい日曜日だったので かなりの人出で
渋谷のスクランブル交差点よりも すごいんじゃないかと思うほど
人・ひと・人ばっか!で 長谷寺から高徳院までの道も 人が溢れていました

途中で 大きなお煎餅を手に持つ人を見つけて
帰りに買おぅ~と思っていたんだけど 大仏様を見ているとき
ふと見れば かなり若い二人連れが 
食べかけのお煎餅を まだ持っているのを見て
それが かなり持て余しているように見えて 
若い人があんなに持て余しているのだから 相当固いに違いない
歯でも欠けたら困るから 止めておこう! という結論に
相当年寄り臭さを感じた 私たち 二人連れなのでした

Kd001

小学校の遠足で見た大仏様は

もっと大きかったように

思うのだけれど

この日 小さく見えたのは

私が太ったからなの?

Kd002

こんな大賑わいの中で

彼の写真を撮ってあげようと

思ったのだけれど

赤の他人が入り込んでしまって

彼と大仏様のツーショットのチャンスは

滅多にないのです

Kd003

高徳院の紅葉は

こーYO!

Y001

こんなお誘いのDMが

来ていたのに

忙しくて

行けなかったので

Y002

この日のおみやは

四葩さんで

油とり紙を買いました

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »