« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

で、出たぁーーー !!

出た!  出た!  出たどーーーー!!!

やっと出たぁぁ~~~~!
うれしぃーーーーーーーー!

思い起こせばあれから半年
最初の彼女がドイツに行く時に 私にくれたレモンバームの種
何度種まきをしても ちっとも芽が出てこなかったのです
そのレモンバームの芽が ようやく出ました!

第1回目の種まき (昨年9月) 
  数週間経っても 何も出てこなかったので
  土をぐちゃぐちゃに混ぜて 種まきは無かった事にする

第2回目の種まき (今年の4月)
  今度は土を混ぜたりはぜず じっと我慢
  毎日水をやりましたが ずっと今日に至るまで 無反応 
  芽 ・・・ 出ず

第3回目の種まき (先週)
  『バイク盗難事件!?』の記事の時の ドラッグストアで買って来て
  種まきをしたのでした

種まきは本来 5月位迄が好ましいようですが
もう2度も失敗しているんだから 
1ヶ月ぐらいどーって事無いわ~~ ってな調子で 種まきをしました
そして これでダメならもう諦めよう ・・・ そう思ってました
が! ようやく 芽が出たのです!

 ほら! まだ2ミリ程度ですが 間違いなく『芽』です
 001_3 見えます? 芽 でしょ!?

三度目にしてようやく出てきたので すっごく嬉しいんだけど
良く考えたら たかがレモンバームごときに
三回も挑戦するなんて 私ってかなり執念深いのかな・・・

| | コメント (20) | トラックバック (1)

信頼がくずれる時

皆様ご記憶でしょうか
5/24の記事の 『落とし穴』で 私が彼の為に
キーの大きな電卓を買ってあげたことを
   ※ご存知で無い方は お時間が有りましたら 
     読んでみてくださいませ

これは私にとって 恥の上塗りになりかねないので
ずっと黙っていたのですが あまりにもひどいので
思い切って記事にすることにしました
そして それを記事にするにあたって 新しいカテゴリーを設けたのです
それは ≪苦情在中≫

では 何がどうしたというのか
ここにその一部始終を さらけ出すことにします
実は あの電卓 全く使い物になりません
先月 彼があの電卓で計算をしたのですが 
よくまともに使えたと 今になれば不思議でならないのです
数字の出る液晶の部分が ちゃんと表示されないのです
ま ゴチャゴチャ言ってもなんですから とにかく見てくださいませ
 注:一切 細工はしたいないという証拠に 携帯で撮ったそのまま
   ファイルのタイトルはいじってませんので 
   写真にカーソルを載せて頂ければ ファイル№がそのまま表示されます

では皆様 笑う準備は宜しいでしょうか!?
20070625_nec_0072 ←勿論これは「0」と打ってます
20070625_nec_0073 これは 「1」です20070625_nec_0074 「111」と打ちました
20070625_nec_0075 ←「2」です 
20070625_nec_0076  「2222」百の位が怪しいですKao006_5
20070625_nec_0077 「3」です 20070625_nec_0078 許せる範囲でしょう
20070625_nec_0079 「4」ですが・・・Kao005_7
20070625_nec_0080 精一杯 頑張ってる気持ちは解るのですが・・・
20070625_nec_0081 これ「5」を打ってるんですがKao004_2
20070625_nec_0082 「555」 少しはやる気を出したようです
20070625_nec_0083 「6」ですが 明らかに嘘つきです!
20070625_nec_0084 「66」 1の位がいう事を聞きません
20070625_nec_0085 「7」 まったくやる気が無いみたい
20070625_nec_0086 「777」 どうやら「1」とグルのようですE007
20070625_nec_0087 おおぉぉ! 「8」は張り切ってます♪
20070625_nec_0088 「888」 なんだよ もぉ息切れしちゃったの?
20070625_nec_0089 「9」だってばぁーーーKao007
20070625_nec_0090 「999」のつもり・・・聞く耳を持ちません
20070625_nec_0091 「123456789」 全員 誠意が見受けられません !!
因みに ・・・
20070625_nec_0093 「33」+20070625_nec_0094 「33」=

20070625_nec_0095  ダメだこりゃ!

| | コメント (21) | トラックバック (0)

バイク盗難事件!?

最近の私 特に急いでない時は 
なるべくバイクを置いて 歩いて出かけることにしている
といっても そんな遠くまで行かない距離 つまり
精々近所のスーパーへ 買い物に行くぐらいなので
そう威張って言うほどのものでもないのだが
とにかく 身体を気遣って 歩くようにしているのです

ところが最近のこの暑さ
身体を気遣うのなら 返って歩かないで
さっさとバイクで買い物を済ませて 涼しい家の中に居た方が
余程身体には いいんじゃないかと思うほどなんだけど
とにかく 何事も極端な私ゆえ 
頭がぼぉ~っとする程の 暑いさなかに 
日傘を差して 歩いて買い物に出かけた
お買い物の先は 家から歩いて7分ほどの ドラッグストア

店内に入るとさすがに暑いせいか 冷房が効いていてなんとも居心地がいい
ゆっくり涼んでいこうかな・・なんてのんびり店内を見回すと 
BOXティッシュや トイレットペーパーが安かった
携帯にメモした買い物リストは 野菜ジュースとシャンプーだけだったけど
ついでだからと 買って帰ることにした
おっと! ついでにペーパータオルも安いじゃない!


まぁ~~ 予想外に買い物の量が増えるって事はあるけど
ま トイレットペーパーは足元に置けばいっか・・・
なんて 頭の中で独り言を言いながら外に出た

ところが! なんという事でしょう
私のバイクが有りません 
 
え!えぇぇぇーーーー 盗まれた !?

私 もしかしたらまた鍵を付けっ放しだった !?

どぉーーーしよぉーーー!

私は 右手にトイレットペーペーと野菜ジュースとシャンプーの入った袋
左手には BOXティシュ5箱と 4個入りペーパータオル
それに日傘がぶら下がっている

日傘がぶら下がっている・・・・

あたし・・・歩いてきたじゃん・・・

暑い中 日傘も差せずに両手に大荷物で
BOXティシュとトイレットペーパーと日傘が足にぶつかって
時々足がもつれそうになりながら ほぼ涙目で歩きながら
ぼぉ~っとする頭で考えてみた

今度から 
暑い日中は 歩きの買い物は避けるべきか 
買い物は リストに有る物だけを買うべきか
日傘は荷物になるから 帽子にするべきかAr001_1

そして こんな事は 
確かこれで二度目だったと・・・

 

| | コメント (22) | トラックバック (1)

舞妓Haaaan!!!

昨日 彼のお供で観に行って来ました
感想?  聞いて欲しくない

はっきり言って この映画 全然眼中に無かったし
だから当然 観に行く気なんかなかった
でも 彼が 中々評判がいい映画だし(面白いという意味で)
実際 面白そうだというので行ったのです
ただ 笑いに ・・・ 単純に笑える映画を観に行ったのです

確かに笑ったよ だって 有り得ないほどくだらないいんだもの
それに まさにジェットコースターの如く展開が速いし
画面も早いから エンドロールで出演者の名前をみて
えっ!? あの人何処に出てた? って感じで すっかり見落としてる?
というか ついていくのに精一杯

だから最初からテンションをあげていかないと 笑いに付いて行けない

たぶん 笑いに関して 彼と私のスタンスはかなり違うのだろうと思う
彼は純粋に  「さぁ 笑うぞ~」みたいに 素直だけれど
私は 「笑わせられるものなら 笑わせてみろ」みたいに 挑戦的
だから お笑いは好きだけれど 声をあげて笑うことは滅多にない

しかも うちの彼の様に 
雑誌を読んでいても 声を出して本気で笑える人とか
クドカンの こういった系統の笑いが好きな人だったら
きっと どつぼにハマって 大笑いでしょうけど
残念ながら私は そういった種類の笑いは好きではないので
この映画が1800円だったら 絶対に観に行かないし
DVDでレンタルすることも 絶対に無い

でも 確かに 笑った!

  


クドカン: 宮藤官九郎
        1970年 宮城県生まれ
         1991年より『大人計画』に参加  俳優として活躍する傍ら
        自ら 作・脚本を手がける
        ≪おもな作品≫
         「木更津キャッツアイ」 「池袋ウエストゲートパーク」
         「ぼくの魔法使い」 「タイガー&ドラゴン」  など

舞妓Haaaan!!! :あらすじ
          平凡なサラリーマンが 修学旅行で訪れた京都で
          舞妓さんと出会い 熱狂的なファンになる
          以来 彼の夢はお茶屋デビューをして 舞妓さんと
          野球拳をすること。
                      その夢を叶える為 必死で働き とうとう夢を叶えたのだが
          お茶屋の常連の野球選手に出会い 
           彼へのライバル心に火がつく。

【花じかんざし】 K_001
舞妓さんが黒髪に挿すかんざしを
「花かんざし」といい
毎月 かんざしの花が変わります
因みに6月は 柳だそうです
          
          
           


| | コメント (6) | トラックバック (0)

少年に戻る日

昨日 彼は一年ぶりのOB会に行きました

彼の高校は 某大学の付属高校で
以前 彼の母校が春の甲子園に出場した時
ふと見渡せば ネット裏のあちこちに当時のチームメイトの姿があった・・・らしい
「みんな 野球を忘れていないんだ」 そんな思いがあったのだろうか
それからというもの ほぼ毎年の様に集まっている

彼の年代を中心に 上は彼が一年生の時の三年生から
下は 彼が三年の時の一年生までのチームメイトで
当時 甲子園を目指して共に汗を流した 
50歳から54歳までのいい親父達が 
ほんの数時間   少年に戻る日だ

『俺達のチームは 学校始まって以来の強さだったんだぞ』 
彼は よく私に話してくれた
当時 まだ東京は東西に分かれていなかったので
その中で準決勝まで進んだのは 快挙らしい
    (彼が卒業した翌年に 東京は西と東に分かれたらしい)

11時過ぎに帰宅した彼は 程よく酔っていて とても冗舌で
先輩にさぁ
 『○○は入部当時 一番生意気だったぞ』って 言われたよ・・だって
我が家でも 外でも 〝アンタが大将〟の彼
あぁ~~あ この性格は高校の時からなんだ・・と納得
『うんうん そうだよね 今でも生意気だもん』 と言うと
『今の俺に生意気だなんて言えるのは お前ぐらいだぞぉ~』
とか何とか言いながら ちょっと千鳥足で ベッドに入った

二次会にも行きたかったんだけど 明日も仕事で朝も早いしな・・と
ちょっと残念そうだったけど
部活を 思いっきりやった経験の無い私にとって 
そんな彼が羨ましく見えたSs001_1
    

| | コメント (12) | トラックバック (0)

年金~私の場合

いま 世間で大騒ぎの年金問題

『 私が貰うのは まだまだ先だし・・・ 』 とのん気に構えていて
年金手帳なんて 改めて見た事もなかったのだけれど
ここ最近の あの大騒ぎ
しかも〝基礎年金番号〟   なんじゃそれ?と
そんな通知を貰った覚えが無かったので
さすがにのん気にしていられないと
先日 引き出しの奥から年金手帳を取り出してみた

彼には 今頃気にするなんてのん気だなぁと 言われたのだけど
のん気にしていた理由は
結婚して落ち着いた頃 厚生年金から 国民年金に切り替える時に
2年ほど 空白の時期があって
会社を退職した後すぐに 簿記の資格を取る為に 学校に通っていて
その間は 失業保険の支給を受けていたし
その後は結婚準備の為 働いていなかったので年金を払っていなかった
その為 国民年金に加入した時 
払っていなかった時期を 遡って払うことにして 
その時に 厚生年金と国民年金を一緒にして貰った記憶があったからで
確かに私の手元にある手帳には
厚生年金や国民年金の加入年月日や 名前や住所の変更が記されていた

心配していた基礎年金番号の通知も ちゃんと手帳に挟んであって
独身の頃勤めていた会社の 厚生年金基金の加入証も出てきて
一応安心はしたものの 厚生年金から国民年金に切り替わった経緯もあり
しかも私の旧姓は ちょっと読みにくい名字なので
確認のため 社会保険庁のホームページで
加入記録の照合をしてみようと 思ったのですが
どうやらここも大混雑の様子で 
自分の記録を見る為には 社保庁が発行したIDが必要で
そのIDの発行は郵送で 届くまでには数週間かかるらしい
入力された基礎年金番号や個人情報が 正しいかどうかのかの確認の為に
わざわざ郵送してくるのだろうけど それにしても日数がかかりすぎやしませんか?

ま、 年金を貰うのはまだ先だし 気長に待つとしましょうか

そうそう まだ年金を貰ってない方ならホームページで
年金見込み額のシュミレーションが出来ますよ
私・・・加入の殆どが国民年金の為 60歳~64歳までは
年額がこれ? と 驚くほど少ない金額で 
とはいえ 65歳からも 大して変わらない金額で
安心できるような額ではなく  かなりショックを受けてしまいました

興味のある方は・・・
社会保険庁 ホームページ 
http://www.sia.go.jp/index.htm

年金加入記録照会等・年金個人情報提供サービスは
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htm

ところで 年金手帳の間にもうひとつ 挟んであったものがあります
それがこれ 
St001_2

今ではすっかり見なくなった旧紙幣が大事そうに取ってありました
この伊藤博文の千円札は 昭和38年から59年頃まで
その後 夏目漱石が 平成16年頃までで 現在の野口英世です

St002_1

この五百円札の岩倉具視は 第二次のデザインです

St003_4

板垣退助の百円札は 昭和28年発行です
五千円札や一万円札が無いのが
我が家の家計を表していて なんともお恥かしいのですが
現在使われている福沢諭吉
裏が鳳凰像のものは 平成16年の発行で
その前は昭和59年発行で 裏のデザインは雉でした
その前は 懐かしい聖徳太子でしたね

因みに現在でも当然これらの紙幣は 使えるそうですが
では 早速コンビニで使ってみようかと思ったりして・・・

平成生まれの若い店員さんが見たら
偽造紙幣じゃないかって 疑われないかしら

| | コメント (18) | トラックバック (1)

ご報告

とっても身内な話しなのですが 
先月の・・・そう5月27日は 亡くなった前夫の誕生日だったのですが
実はその日は 私が おばあちゃんになる日でもあったのです

そんなあまりにも偶然すぎる告知に 少々戸惑ってはいたのですが

ですが私は 未だにおばあちゃんになってはいません
たぶん・・当分 おばあちゃんにはなりそうもありません

きっと神様が ・・・
50歳でばぁ~ちゃんはいやだぁ~! と
私が大暴れするとでも思ったのか・・・ 
それとも  私の事をなんて呼ばせるか
二番目の彼女と 大揉めするとでも思ったのか・・・ 

私の 会うことの叶わなかった初孫ちゃまは
僅か2ヶ月ほどの命だったのですMk004
ずっとこの事をお知らせしようか  
ずいぶんと迷ったのですが
「 ば~ちゃんになるらしい 」 と 
ここに書いたことだし
どうかすると皆様も 
bebeはいつば~ちゃんになるんだ?と
おめでとうを 
言いそびれてしまったらいけないと
気にかけて下さっていたら 
申し訳ないので ・・・

大変残念なお知らせですが 
そういうことです

                               

| | コメント (22) | トラックバック (1)

疲れてたんだね!?

私は 『 そろそろ 夕飯の買い物に行かなくちゃ~ 』 と
こんなふうに 毎日買い物の為に時間をとられるのが嫌いで
だから なるべくまとめ買いをして来るのですが
そんなまとめ買いをした時の帰りなんて 本当に悲惨で
うっかり マイバッグを持っていくのを忘れようものなら
これ以上薄く作れないじゃないかと思うほど 薄くなったレジ袋の取っ手が
手のひらに ぎゅ~~っと食い込んで  
そんな袋を3袋くらい両手に持って 必死の形相で帰ってくるのです

家に帰ると これまた大変で P001
まとめ買いした肉や魚を
1人前ずつ ラップに包んで
〝お名前シール〟をはり 
保存用のパックに詰めるのです

この作業が 結構手間がかかるのですが
これをしっかりやっておかないと 我が家には
その時にならないと 食事をするかどうか解らない
勝手気ままな人が居るものですから 
うっかりすると 賞味期限が通り過ぎちゃったりして
そっと冷蔵庫の陰に隠れて 臭いをかいじゃったりする訳で・・・

ま こんな程度のことは 主婦の皆さんなら P002_1
どなたもやってることなんでしょうが 
いえいえ 臭いはかがないでしょうけど
こんなふうに1人前ずつにしておけば
私はご飯は要らないけど
彼だけお魚を焼いて 白いご飯・・・
なんてことも 厄介じゃないんです 


ところで私は マカロニも買ってくると袋から出して
百円ショップで買ってきたビンに 入れ替えて
蓋に 茹で時間を書いておくのですが・・・
 Mm002 これは M002_1 7分

 Mm003 これはM003_2 4分

  Mm004 これはM004_2 2分

  Mm001_1 これはM001_1 何分茹でるんだ?

 

 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

『しゃべれども しゃべれども』

とても楽しい映画でした
何の準備も無く観に行っても さらりとその中に溶け込めて
優しくて ゆったりとした雰囲気と
さり気なく映し出される 下町の人情や風流が
決して押し付けがましくなく 自然に受け入れられますし
出演者も多くないので ストーリーも解りやすく
消化のいい映画です
ただし ちょっと意地悪く言えば
こういう映画に限って 
素直に 『 楽しい映画だね 』 と思うか
『 だから何!? 』 って思うか 二通りに別れるかもしれません

そんな意地悪はさておき
落語家役の国分太一さんの噺が とても上手だとの評判でしたが
本当にその通りです
師匠役の 伊東四朗さんもそうでしたが
映画の中での噺は とても上手で
それは 俳優さんがセリフとして覚えた感じではなく
話し手の人柄も含めて その噺が伝わってくるので 
映画を観ている〝オーディエンス〟としてではなく
まるで寄席に行って 噺を聞いているようで
本気でその噺の中にのめり込んで ふっと笑ってしまいます
「今度 落語を聴きに行ってみようかな」
そんな風にさえ思わせてしまいます

さらに 会話が不器用な人として登場する三人も 中々個性的で
特に バリバリの関西弁でまくし立てる
ちょっと生意気な小学生には 落語の次に笑えます

私がよく行く映画館では 
この映画は 〝パイレーツ〟のような大きいホールではなく
僅か77席の ミニシアターでの上映でしたが
日曜日のせいか満席でした
私達は〝夫婦50割引〟を利用して 一人1000円で観られるので
ちょっと面白そうな映画なら DVDを待たずに観に行けるのですが
その割引も今月限りだそうです
これからは1800円出すのかと思うと  
  (1800円は映画を観る事を考えたら
         決して高いとは思わないのですが)
映画館まで足を運んで観たい映画か 真剣に考えてしまいそうです
そして映画の感想だって 〝値段〟によって
変わってしまいそうなのです 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

日本・・って

昨日 良くお邪魔するミーシャさんのブログ
『世界16カ国の世論調査で 
   日・米・中の3カ国で最も信頼できるのは日本』という記事があって
私はそのコメントに 〝86へぇ〟をつけ
日本はそういう風に見えているんだ~と 少々驚いて
ふと 思い出したことがありましたB001_9

随分前に読んだ                           
【 世界の日本人ジョーク集 】
日本 或いは他の国々が 
他国からどのように見られているか
軽妙なジョークで 言い表わされているのです

ふふっ・・と 笑いながら 気楽に読める本で
初版は昨年ですから 
既に読まれた方もいらっしゃるかもしれませんが
幾つかご紹介します

【最先端技術の国】

●不良品
   あるアメリカの自動車会社が ロシアと日本の部品工場に
   以下のような仕事の発注をした
  「不良品は千個に付き 1個とすること」
  数日後 ロシアの工場からメールが届いた
  『不良品を千個に1個というのは大変困難な条件です
   期日に間に合いません。納期の延長をお願いします』
  数日後 日本の工場からもメールが届いた
  『納期に向けて作業は順調に進んでおります。 
   ただ 不良品用の設計図が届いておりません。
   早急に送付してください』

●青いキリン
   ある大富豪が言った
   「もしも青いキリンを私に見せてくれたら 莫大な賞金を出そう」
   それを聞いた各国の人たちはこんな行動をとった。
   イギリス人は
    そんな生物が本当にいるのかどうか 徹底的に議論を重ねた
   ドイツ人は
    そんな生物が本当にいるのかどうか 図書館に行って文献を調べた
   アメリカ人は
    軍を出動させ 世界中に派遣して 探し回った
   日本人は
    品種改良の研究を昼夜を問わず重ねて 青いキリンをつくった
   中国人は
    青いペンキを買いに行った

●四段階
   新製品が世に流通するまでには 全部で四つの段階がある
   まず アメリカの企業が新製品を開発する
   次にロシア人が
   「自分達は同じ物を もう既に30年前に考え出していた」と主張する
   そして日本人が
    アメリカ製以上のクオリティの物を作り 輸出し始める
   最後に中国人が 日本製のものに似せた偽物を作る

また 国民性について  こんなのがあります

●浮気現場にて
   会社からいつもより少し早めに帰宅すると
   裸の妻が見知らぬ男とベッドの上で抱き合っていた
   こんな場合 各国の人々は 一体どうするだろうか?
   アメリカ人は 男を射殺した
   ドイツ人は 男に しかるべき法的措置を取らせて貰う と言った
   フランス人は 自分も服を脱ぎ始めた
   日本人? 
   彼は正式に紹介されるまで 名刺を手にして待っていた

●早く飛び込め!
   ある豪華客船が沈みだした
   船長は乗客達に速やかに船から脱出して 海に飛び込むように
   指示しなければならなかった
   船長は それぞれの外国人乗客にこう言った
   アメリカ人には 『飛び込めば あなたは英雄ですよ』
   イギリス人には 『飛び込めば あなたは紳士です』
   ドイツ人には 『飛び込むのがこの船の規則になっています』
   イタリア人には 『飛び込むと 女性にモテますよ』
   フランス人には 『飛び込まないで下さい』
   日本人には 『みんな飛び込んでますよ』

いかがでしょう!?
ふっ と笑えませんか

         
   
     *****早坂 隆著 『世界の日本人ジョーク集』より****

| | コメント (20) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »