« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

入れすぎでしょ !!

実は私 昨年夏ごろから体の調子が悪く 現在薬を服用しています
長年の不摂生がもたらした結果だと諦めて 先生の言いなりに薬を服用し
食事に気を使い 出来るだけ運動するように心がけ
普段の生活もかなり改めて 健康的?に自重しているつもりです

ですが自分だけでは どうにもならないことも有ります

冬の寒さは今の私にとっては かなり危険な匂いがする訳で
今まではなんでもなく 『わっ 寝坊した!』 なんて飛び起きたりしてたのに
最近では 図々しく 部屋が温まってからゆっくり起きたりして
都合の悪い所は全て 病気のせいにしてのんびり過しています

ですから興奮したり動揺したり 極度に緊張したりすることも
あまりいい事では有りません

なかでも 周りのみんなが口をそろえていう事は
冬場のトイレとお風呂は気をつけてね! 
こう心配してくれるのですが うちの彼ったら・・・

私を殺すつもりなのか・・・ !!

   証拠写真はこちら

| | コメント (18)

ピアス・・その後・・・

ピアスの穴を開けて 36日が経ちました
病院で貰った注意書きに
 ≪穴が完全にあくまでには 個人差がありますが ほぼ6週間ほどかかります≫
そう有りましたが 先日待ちきれずに
最初の彼女と一緒に選んだピアスを 付けてみました

買ったのはふたつ
フープタイプのものとスタッドタイプ
きゃぁ~ かわいいじゃん! って思ったのも束の間
フープタイプの方は重さがかなりあるので 穴がまだ安定していないせいか
ピアスの重さで 穴がびろ~んって ちょっと伸びちゃいます
仕方ないので普段用に買った トルマリンの小さなピアスを付けてみた

うっし! Good !

でも 正直あまり目立たない・・・
それでも 普段用だからいいじゃないって事で 納得してお風呂へ

Hu001

数十分後
ジャジャジャ~~ン   (と、火曜サスペンス風の音楽が流れ)
事件発生!  ピアスが刺さらない!
お風呂に入る時に外したピアスが 耳に刺さらない
左の耳は2回目で上手く出来たのに 右の耳がダメ
出口がわからない!  
途中まで刺せるのに 何故かポストが耳たぶを付き抜けないんです
指で ちょんちょん・・と押してみたら 痛いし
身体はすっかり湯冷めして 手はしびれるし 耳たぶは赤くなるし   

それでも何度か挑戦してようやく刺さったら 今度はキャッチがはまらない!
わたし・・・ほとんど涙目・・・

ファーストピアスを外して 二日目の夜もこんな調子だったので
やはり まだ穴が安定していないのかと思い直して
ファーストピアスに戻すことにした
折角刺さった小さいピアスを引っこ抜き ファースピアスを・・・

また 刺さらない!

ピアスって 簡単でカッコよくて・・・
そう思っていたけど ちっともそうじゃなかった
ポストの先が尖ったファーストピアスで 穴を探しながら
何度も痛い思いをしながら  途中まで刺さったピアスを見て
このまま穴を塞いでしまおうか・・・ ふとそう思った

少しの痛みを我慢して ようやくポストが耳たぶを貫通する時
右の耳で ピチッ と 小さい音がした

この時 ピアスにした事を本気で後悔した


| | コメント (16) | トラックバック (1)

『それでもボクはやってない』

昨日 映画を観て来ました

刑事ドラマや サスペンス 色々なものを見て 何となく想像はついていたのだけれど
そして この年になれば 
人なんてそんなもんだよ 人の良心なんてありゃしない
それは肩書きが有る人だって 同じで
本当はヒーローなんて どこにも居ない  正義なんてない
薄々そう思ったりしてたけど ・・・

この映画は 日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしています

『 大変残念なお知らせですが 
 あなたの考えていることは 現実に “有りです” 』 

そう言われた気がします
そして更に残念な事に 映画の最後に

≪この映画の内容は フィクションです≫という字幕スーパーは流れません

それでも観た後に 「面白かった」といえるのは
扱った冤罪事件が 痴漢だからでしょうか
勿論 当事者にしてみたらとんでもないことですが
もしこれが殺人事件だったりしたら とてもじゃないけど重たすぎて
観ていられないと思います

20代の頃 
ある刑事事件の証人として 裁判に出廷したことがあります
事件後 どれくらい日が経った頃だったか 二人の刑事さんが突然家に来て
取調べ書を私に読んで聞かせたのですが その〝文章は〟
とても意地悪く書かれているように感じたのを いまでも覚えています


2009年から裁判員制度が導入されます
万が一の時 もしかしたら  少しでも自分に係わりのある人が 
あんなふうに審判を受けるのかと思うと ぞっとします
日本は腐ってる・・・ そんなカッコいいことを言うつもりはありませんが・・・

『 司法よ お前もか! 』 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

いまさら“冬の・・・”どなた!?

『 へぇ~ そういうのには ハマらない人だと思ってた ! 』

昨日 初めてのカレシにそういわれたのですが なんの なんの
いえいえ 私もふつーのオバサンでございます
すっかりハマり込んで 今じゃ〝ユジン〟より先に 
「いいえ・・」と 首を振っております!  

先週の事でした
いつもならフジTVを “・・ながら観”しているのですが 何気にチャンネルを変えると
なんと TBSであの例のドラマが再放送されているのです

あのドラマが大流行する少し前 うちの彼が
『 すごく面白いドラマがあるらしいよ 大昔のドラマ風だってさ 』
そういって教えてくれたのですが 展開の早い最近のドラマを見慣れた私
あのじれったいほどの展開と わざとらしさについていけず1・2度観たきりでした

しかし それから程なくして あのドラマは大ブレイクしたのです
私の友人などはすっかりハマり込んで その後のドラマ全てをビデオに収め
私に貸してくれるのですが  最初の一話を観ただけで
ずっとそのまま 未だレンタル中でございます

ところが いつだったか
彼が たまたま仕事の合い間に車の中で ≪夏の香り≫の再放送を観て 
『ビデオに撮っておいて』 と私に頼んだのでした
夜 彼と一緒にビデオを観て 思いました
最近の 端折ったようなドラマを見慣れていると 
私の様に気が短い人間には とてもじれったく感じるのだが
逆に その有り得ない様なわざとらしい展開や じれったさが中毒にするのだと・・

こうして 韓ドラの予防注射を終えた私だから 
いまさら あのドラマを見る気になったのかもしれないのです

再放送は 第3話から観たのですが ふと思いました
どうせだったら 最初からちゃんと観てみよう ということで

DVDを借りに行こう!

いまさらあのドラマを観たい人なんて居ないだろうから
どうせだったら ラストまで借りちゃう!? なんて
そんな思惑は見事にハズレ! なんと1~10まで全部レンタル中です!!

気になって仕方がない私は 彼に業務命令発令
「毎日 ビデオ屋さんに寄ってね 」 

あれから 4日 ・・・
いまだ 返しに来ない人は どなたぁ~~~!

       D002


| | コメント (14) | トラックバック (0)

ふたり日和

『 今日は 友達とごはんするから 夕飯は要らないよ~ 』

こんなメールのやり取りをしなくなってから 3ヶ月が経ち
ようやく静かな生活になれてきたのに 舞い戻ってきた最初の彼女
居れば居たでまた気になったり 世話を焼いたりして邪魔にされたりする私

二人きりの静かな生活を  突然 台風のようにやって来ては
また 淋しさを残して帰って行った彼女 

おととい イ・ビョンホンさんと入れ違いに
成田から またドイツに帰って行きましたE001

こころなしか 二人きりの夜は 静かです

                             

| | コメント (10) | トラックバック (1)

相生の松

  高砂やこの浦舟に帆をあげて この浦舟に帆をあげて

  月もろともに出で汐の 波の淡路の島影や 遠く鳴尾の沖すぎて

  はや住之江に着きにけり はや住之江に着きにけり

若い彼らには ワインの味は解っても
人の気持ちを察する事は まだまだ難しいようです


                            B003

ところで いまここに 私という人間がいて
私には 間違いなく両親が居たはずで 
その両親には またそれぞれ二人の親が居たはずで
そこで 私という人間の中に流れている〝血〟というものを
液体としてではなく 一つの〝情報〟 いわゆるDNAとしてみた場合
私には 私と全く同じ情報を持った兄弟がいないので なんとも云い難いのですが
私からみて祖父母まで 両親を含めた6人が
『 ここは絶対に私に(或いは誰にも)似ていない 』 
そう思えるような部分が 有ったりするものでしょうか


同じ種でも日当たりによっては 咲き方が変わるかもしれません
だからと言って 環境のせいにして欲しくないのです

『まだ若いから』・・・ そう言えるのもいまのうちです

| | コメント (18) | トラックバック (0)

いまごろ?

お久し振りです

ここ最近ずっと忙しくて更新も出来なかったので いまさら・・の話しなのですが
8日(月)成人の日に 我が家のお坊ちゃま
初めてのカレシが 成人式を迎えました

相変わらず 好きな事ばかりに熱中していて 
私を心配させてばかりのカレシですが 
そんなカレシが もうハタチか・・・と ちょっと感慨深く・・・
小さい頃の話をしていて ふと 思い出したことがありました

今も昔も相変わらずそそっかしい私が カレシが生まれた時に言った
とんでもない一言です

『 この子 五黄の寅だよ  気が強いんだろうねぇ~
  でも 女の子じゃなくて良かったよね~~~! D003_1 』 

すると夫が

『 ばか! お袋も寅年だぞ 』 って・・・ Kao011_3

勿論 その場の空気が氷河期に突入した事は 言うまでもありません



そしていまこの記事を書いていて ふと思い出したのですが
お義母さんが 私に何か言う時に

『 アタシはキツイから はっきり言うけど・・・』 って

必ずこの枕詞がついたのは あのせいだったのかと・・・

D001_1














     ≪彼女の部屋の窓から・・・≫

| | コメント (11) | トラックバック (1)

新しい出来事

2007年が明けたかと思うと あっという間にもう6日です

新年最初なので 是非お正月らしい話題を・・といきたいところですが
今年 我が家は 非常におとなしいお正月を 過ごしたのでございます
何しろ彼の仕事が忙しくて 4日から仕事だというので
観たいと思う映画もないし 混雑した所には行きたくないし・・・
ということで お正月三が日 TVを観ながら
彼女のお土産のワインを堪能しながら のんびりと過ごしたのです

B002

突然 何の脈絡もない話しなのですが 
いま 私を悩ませていることが一つ有ります
実は 去年あけたピアスなのですが ・・・ 実にこれが困ったことになりました
穴を開けて数日 何も問題なく過ごしていたのですが 
ある朝 私の耳に衝撃が走りました
いつもの様に 顔を洗おうとヘアーバンドをすると
右耳のピアスに  糸が引っかったのです
何故耳が痛いのか訳が解らず 落ち着いて鏡を見ると
ヘアーバンドから伸びた糸が ピアスを引っ張ってるじゃありませんか
私はちょっとの痛みと恐怖におののきながら 引っかかった糸をちぎり
事なきを得たのですが この出来事はその後数回私を襲ったのです

ところが 災難はこれだけではないのです
顔を洗った後 タオルで顔をふく時 またもや糸がピアスに引っかかりました
もぉ 最悪です 
ですが もっとも恐ろしい出来事は こんな程度では有りません
最近の私が一番恐れている事は 着替えの時なのです
糸の引っかかりは 今までの私には経験のない出来事です

服を着替える時 特に服を被る時 それはそれは恐ろしい事になるのです
だって 服の糸がどんな風にピアスに引っかかっているのか
服を被っているので 全く解らないのです
むやみやたらに引っ張る訳にも行かず 耳を押さえながらそっと顔を出し
どんな状況で糸が引っかかっているのか 事態を飲み込むまでには
少々の痛みを堪えなければなりません
ようやく首を出す位置から顔を出した時 
私の耳の ファーストピアスのその先には
モヘアのセーターがぶら下がっていたりするのです

こんな事があってから ホンのちょっとだけ
ピアスにした事を後悔したのでした

| | コメント (20) | トラックバック (0)

新春

     001

| | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »