« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ご挨拶

今年も残すところ あと一日となりました

皆様 いかがお過ごしでしょうか?

私はといえば 長女の帰国ですっかりペースを乱されてしまい
暮のお買い物 お掃除 すべて投げ捨てて
彼女と おしゃべりばかりしていて 年末という感覚はまるでなく
近くのお店も〝商店街〟ではないので 年末セールの様な賑やかさはないし
周りのお宅も 戸建ての割りに 門松を立てる訳でもなく
12月30日だと あえて思わなければいつもと変わりないのですが
それでもやはり 気忙しいのです
そんな訳で 更新は出来ないまま
皆様には 年末のご挨拶となりました

皆様には今年は どんな年でしたでしょうか・・・

この拙いブログを今年も 沢山の方々に読んで頂きました 
ありがとうございます

       Ne001

| | トラックバック (0)

ネタ元が帰国

私に ちょっと遅れて クリスマスプレゼントが届きます
三ヶ月ぶりに 最初の彼女がクリスマス休暇を利用して 帰国するのです

『お金が勿体無いから返らないよ 』 そういってたのですが
来月の妹の結婚式も兼ねて 帰国する事になりました

彼女がドイツに行ってから 週に1度くらい電話で一時間以上も長話をして
さすがに彼女らしいエピソードを 沢山聞いたりしていました

ドイツ入国4日目に パスポートを無くして青くなった事
小銭が増えて困ったこと
スッピンにサングラスで歩いていると 現地の人に道を聞かれること
ドイツへ出張で来ている日本人に ハーフかと聞かれ 
100%日本人だと言い張ったが為に クレームになったこと
そして一番傑作だったのは 洗剤の買い方だった
彼女曰く 「字が読めないから 絵で判断するんだよ」という
何の事かと思えば
お皿がぴかぁ~って光っていれば 食器用洗剤
トイレがぴかぁ~って光っていれば トイレ用洗剤
お風呂が・・・・    というふうに買うんだそうです 
なるほど 学が無ければ別の所で頭を使うものだと感心したのです

そんな彼女は T001a
あちらでのクリスマスを楽しむ暇も無く
荷造りに追われていたのだそうで
だから私は彼女の為に 
せめてテーブルセンターだけでも
クリスマスバージョンで 迎えてあげることにしました

あと2時間ほどで 成田に到着します
帰って来たら どんな失敗談が聞けることやら・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)

記念日

昨日 ピアスデビューしました

今までかたくなに拒んでいたピアスですが とうとうデビューです
以前から ここにいらして下さっていて 私の事をよくご存知の方々は 
私がピアス? ときっと驚いている事と思います

今年は本当に色々な事がありました
私にとっては 10年分くらいの出来事が この一年に一気にやって来た感じです
さすがに気丈でタフな私でも かなり凹んだりしたのですが
どうにか乗り越えてきました

ピアスを拒んでいた理由の二つ(注)とも クリア出来るくらい
沢山の出来事があったので もうピアスを拒む理由が無くなったのと
50代突入を記念して 付けてみる事にしたのです

  (注) 理由:1 穴をあける時の痛みと恐怖
        勇気が出た理由: ちょっと病院慣れしたのです
      理由:2 運が変わるという風評
        勇気が出た理由: 最初の彼女のこと ・・・
                  二番目の彼女のこと ・・・
                  私たち夫婦のこと ・・・
                  仕事上の事 ・・・
                数え切れないくらい 沢山の出来事があって
                これ以上 運が変わりようがない !!

という訳で
10日ほど前 10代の頃からの親友2人に “ピアス宣言”をしたのに
本気にして貰えなかったので 昨日早速報告をしたら
『 へぇ~ 怖がりの○○がよく思い切ったねぇ~
  じゃ、 約束通りピアスのプレゼントするよ!』 だって ・・ やったね
ところがこの友人 二人ともピアスじゃない!
私が この際だから一緒にどお? と誘ったら
『 残念ながら 金属アレルギーなので ・・』 だってさ
ずっと付き合ってるけど 初めて聞いたわ

ところで 病院で・・・

あのピストルみたいなピアッサーを 肉眼で見た時には ちょっとビビってしまい 
思わず先生に 『 麻酔なんてかけないですよね? 』 と・・・私
先生は笑いながら 『 麻酔の方が痛いですよ 』 だって!
じゃぁ~ と覚悟を決め 
思いっきりやっちゃって~ と言わんばかりに 髪をたくし上げ
右耳を先生の方に向けた次の瞬間 バキュン! と鈍い音が
もぉ~ 先生ったら 「行きますよ!」とか言ってよ~ と喉まで出かかる
痛みは 思ったほどではなかったというより 殆ど無い
だから私は 何食わぬ顔をして今度は左耳をだした

あっという間に両耳に ピアスが付いて
看護婦さんから 注意書きと消毒剤を貰って帰り道
両耳が ズキズキ・・・・  終った後の方が痛いじゃん・・・ 
鈍い痛みは 『 ここに何か刺さってるぞ~ 』 という感覚で
その痛みは20分ほど続いたが いつの間にか耳のことを忘れていた

家に帰って 誇らしげに鏡を見てから 渡された注意書きを読むと

≪耳との癒着を防ぐ為に 1日何回かポストを回してください≫
そう書いてある ・・・ が 怖くて回せない !  触りたくない!

夜 恐る恐る消毒をしながら ちょこっとずつピアスを回してみた
ベリッ ・・・ と言った様な気がした
すぐに慣れるのだろうけど 
昨夜はずっと真っすぐ上を向いたまま 寝ていた気がするのです
          

B001_6

| | コメント (22) | トラックバック (0)

私の原点

日曜日に 二人で映画を観に行ってきました
話題の 『 硫黄島からの手紙 』 です
とてもいい映画でした   でも 泣きませんでした
彼は 「思ったほどでもなかった  盛り上がりがない」と言ってましたけど・・
確かに 映画=娯楽 とはちょっと種類が違うような気がします
でも ダ・ビンチ・コードの時は 
エンドロールが流れると そそくさと席を立つ人が沢山いましたが
この映画は 劇場内が明るくなるまで立ち上がる人が 殆どいませんでした

で、私には 映画の他にも楽しみにしていた物がありました
それは  これです    E002
   (映画館カレンダー : 株・立川印刷所 )




父は 3歳まで文京区で暮らしていたというのですが
幼い私には 全くその記憶がなく 
だから 私の生まれ育った街は 〝立川〟なのです
立川には昭和52年に返還されるまで  米軍・立川基地があったので
毎年今頃になると ゲート横にあった大きなもみの木が
キレイに飾られていて 幼い私には夢のようなイルミネーションだったのです

駅周辺には軍人さん(昔は進駐軍と言った)が ウロウロしていて
実際 進駐軍相手の商売で 生計が成り立っている人もかなりいて
表通りから 一歩裏道に入ると 怪しげな店が沢山あって
その通りには 派手な色の服を着て これまた派手な化粧を施した
薄暗いと 年齢が解らないような女の人が タバコを吸いながら
道行く人に 声をかけたりする・・・ 俗に言う〝赤線〟の名残が
私が中学生になってもあったりする   立川は そんな街でした

それでも 私はやはりこの街が大好きです
昼間の表通りは そんな不健康さは全く感じないし
むしろ商業の街という感じで デパートが幾つもあって とても賑やかで
そして駅近くには 小さな画廊が幾つかあって 
生意気にも中学生の私が よく覗いたりしたのでした

そんな街に これまた沢山の映画館があり
私がこれまでに観た映画の90%は この街の映画館で観ているのです
駅北口には3つの映画館(松竹・中央・セントラル)が  
南口には 東宝・大映・日活など大小様々の映画館が 数館あったのです
その中の一つに 〝名画座〟と言うのがあって
他ではとっくに上映していないような 懐かしい洋画が格安で上映されていて
よく友人と 観に行ったものでしたE004
そんな立川の映画館の写真を 
カレンダーにして売られているのを知って
是非とも欲しいと思ったのでした

帰って来てから早速カレンダーを観ると 
なんとも懐かしい写真ばかりで
いい大人が 物置から懐かしいおもちゃを 
見つけたような感覚です

≪昭和≫という時代と ≪立川≫という街が大好きです

E003    

| | コメント (18) | トラックバック (0)

捨てちゃう !?

最近 困った事が起きています

たぶん この前の大掃除の際 私がいじってしまったか
或いは彼が不思議に思って どこかを触ったか・・・
たぶん・・・たぶん彼が 何処かいじったんだと  思いたい!
何が困ったことになったかって・・・?  これ→B001_5


この時計は ドイツ時間に合わせてあります
最初の彼女に電話をする時 もし間違って夜中に電話したりして
寝起きの悪い彼女に 怒られたりしない為です
実は一度 何を勘違いしたのか 朝方の4時ごろ電話してしまい
ちょー機嫌が悪く 慌てて切った事があったのです
それ以来 時間には気をつけているのですが
考えてみたら我が家には アナログ時計は1個しかなく
それを見ては頭と目で その針をぐる~~っと回転させ
8時間戻してみるのですが(注 1) 戻した所で 
さてその時間が 昼なのか夜なのか 咄嗟に判断できないのです
そこで私は考えました

ドイツ時間で デジタル表示する時計が必要だわ!  とね

 
       (注 1) デジタル時計では 8時間戻した時間を
            頭の中で想像するのが ちょっとつらいのです

という訳で この時計を百円ショップで買ってきました   が、300円でした
これなら24時間デジタル表示なので 昼と夜を取り違えたりはしません
端の方にちっちゃく AMとかPMとかではなく
14:15 とか 21:49 とかの表示なので 
昼か夜かは 一目瞭然なのです

で この時計の困ったこととは・・・
実はいつの間にか アラームがセットされてしまったみたいで
1時間ごとに ピィーーーーっと 時を知らせるのです
はっきり言って 非常に迷惑です
最初は何の音だかわからずに 部屋中をウロウロしました
何を知らせてくれているのか 判らなかったのです

一体何の警告音なのか解らずに 
ファンヒーターを見たり キッチンに行ってみたり  
音がするたびに 電気製品をはじからチェックして
ようやくこの時計の音だとわかったのですが さてここで問題です
止め方が解りません  どうやら説明書を捨ててしまったみたいです
鳴った時の音は止められるのですが アラームを解除させることが出来ません

先日 百円ショップに行って同じ時計を探してみましたが
もう 売ってませんでした
ですので いまでも一時間毎に ピーっと鳴ります
結構 鬱陶しいです

| | コメント (14) | トラックバック (0)

〝私も〟大掃除

一昨日 久し振りに やっと! 美容院に行ってきました
ずっと行きたかったのに 夏以降 色々と・・次々と 沢山の出来事に翻弄され
そして2度のタイミングを逃したせいか つい行きそびれていて
ようやく行って来たのです Ha02

今回 私の日本語はちゃんと伝わったらしく
スタイル・・ 思いのほか気に入ってます


ですが・・・
新婚さんじゃないので 別にいいんですけど
気付かれないのは やはり 情けないです

| | コメント (12) | トラックバック (0)

食べちゃえば !?

今更ながら こんなことを聞くのも変なのですが
真剣に考え込んでしまったので 皆さんはどうしているのか
是非とも伺いたいのです

実は先日の夜のこと
彼の帰りが遅かったので 私は先に食事を済ませ
お風呂も入って のんびりTVを観ている頃 彼は帰って来ました
お土産の 特上鮨 と共に

ですが大変残念な事に 私のお腹は既に腹八分目を越えておりまして
いくら特上鮨とはいえ とても入る余地はございません
こんなおみやが有るのなら 早くそう言ってくれれば食べないでいたのに
いまさらそう思ったって どうなる訳でもないので

『 明日 食べよう・・・Kao013_1  』  そう自分に言い聞かせ

微妙な心持のまま 特上鮨に後ろ髪を引かれながら 私は寝ることにしました
さて ここからです
ここのお鮨は 笹の葉の上に乗せてあって 紙で包んであります
このお鮨を一体どこに置こうかと ふと迷ってしまったのです
いくら冬とはいえ キッチンとて暖かい・・ 明日の朝 お鮨が臭ったらぁ~Kao005_2
だからって 冷蔵庫に入れたらゴハンが カチカチの冷んやりお鮨に・・Kao006_3
レンジで チンも出来ないしぃ~ Kao011_2

困ったぁ~

たぶんキッチンに出しっぱなしにしていても 大丈夫だとは思いつつ
それでも家に着くまでは 車の中で暖かかった訳ですし
じゃぁ 玄関の下駄箱の上にでも置いておく? 訳にもいかず
中の大トロが惜しくて おみやの包みを持ってウロウロした私です

皆さんは どこにおきます?Bh004



| | コメント (12) | トラックバック (0)

大掃除

お久し振りです!
なんと 私のブログはまだ11月でしたぁ~~Kao005_1
何故かと申しますと わたくし 実は≪早めの大掃除≫に突入しておりました

いつもながら私は何かを見つけると それに集中してしまいます
今回も ブログそっちのけで 大掃除に熱中していたのです
というのも 例のあれです そう ≪お掃除伝染病≫なのです
この お掃除伝染病はとても強い感染力を持っていまして
例えば ある朝 ふと キッチンのレンジ周りが気になります
すると やたら熱心にそこのお掃除が始まります
普段ならちょちょっと済ませるところでも ≪大掃除≫に点火されてますから
それは大変な騒ぎです
そしてそれが キッチンのあらゆる所に飛び火していく訳で
そうなったら 半日どころでは済みません
結局 一日中大掃除となるのですが ここでふと気付いたのです

毎日 それなりにお掃除しているつもりなのに 
どうしてこんなに 掃除するところがあるんだろう !? 

ところでこのお掃除伝染病 普通の感染の仕方ならいいのですが
私の場合はたまに とんでもない伝染の仕方をします
例えば これは実際の話しなのですが
キッチンのお掃除をしていて 扉の具合が良くないので
兆番を調節してみようと ドライバーを取りに玄関横の収納棚を開けました
すると ちょっとした道具の入っている箱が かなりくたびれていたので
私は その箱の代わりになる物を押入れに探しに行きました
押入れの中には いつか使うだろうと思って取って置いた丈夫そうな箱が数個
それを見て ああぁ~ 随分沢山取っておいてるな~ 少し処分しないと・・・
そう思って 大小様々の箱を一大決心で半分に減らしました
そして ついでに押し入れも片付けて かなりスッキリしたのですD003

もぉ~自分じゃとっておきのお片づけ~~! のつもりでいましたが
考えてみたら 私

キッチンの扉は 開けっ放し!
しかもまだお掃除中 → 玄関横の収納棚の中身 出しっ放しで
押入れの片付け をやっていたのです
  
ここで私はようやく キッチンのお掃除がまだ途中だったKao011_1  事に気付くのです
私はこれを “わらしべお掃除”と呼んでおります


すっかり日も暮れた頃 私はキッチンのお掃除の続きを終えて
〝今日は よく働いたわ~〟 と一人大満足なのですが
考えてみたら 
きれいに片付いたとはいえ 押入れなんて開けてみなけりゃ分らない訳で
襖が閉まっていると まったくいつもと変わりなく
玄関横の収納棚とて同じことで
結局 一日中費やして私がやった家事の実績と言ったら
いつもと変わりなく 一通りの家事を済ませただけで
ちょっと違うと言ったら
レンジを やたらしつこくキレイにしたくらいなのですKao006_2

Souji03_1

Souji01 Souji02

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »