« 自転車の行方 | トップページ | 懐かしい味 »

神々からの伝言

一本の電話と たった二行のメールがBl003

いま 私の人生を 大きく変えようとしています

そんな訳で またしばらく留守にします

皆様には ご心配頂きませんように・・・

|

« 自転車の行方 | トップページ | 懐かしい味 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

おーーー欧米か?!

投稿: 風折留亭 | 2006/10/16 20:19

あそこですね(*^^)v
気をつけて。

投稿: はち | 2006/10/16 21:15

ん?ん?それって・・・?
お帰りを待っておりますデスヨ

投稿: キーコ | 2006/10/17 08:46

お、お気をつけていってらっしゃーい^^;


投稿: やや | 2006/10/17 14:37

何にも言わないで行っちゃったああああああ
心配心配心配・・・・・はははは

投稿: 風折留亭 | 2006/10/17 22:31

とっても急ぎだったのね?ヾ(゚ω゚)ノ゛
自転車探しに行ったんかいな?
「ドイツんだ~?」・・・・(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

投稿: のら姉さん | 2006/10/19 19:58

★風折留亭 様
★はち 様
★キーコ 様
★やや 様
★のら姉さん 様

皆様 お留守番有難うございます
ですが・・私の文章力の無さのせいか 皆様は何か勘違いをされています!
タイトルを含めて考えて頂ければ どこかに行くなんて想像がどうして出来たのか不思議でございます
もし 私がどこかに行くとしたら・・・「運命の光の差す所」とでも申しましょうか・・・ ( ̄。 ̄)

投稿: bebe | 2006/10/20 00:17

おはようございます!

bebeさんのヒントでも、どこに行かれたのかよく分かって
おりません。

何はともあれ、お気をつけて~

投稿: むろぴい | 2006/10/20 08:36

bebeさんの人生が大きく変わるようなメール!?
なんか意味深だけど・・帰ってきたらお知らせ下さい。

投稿: トムとジェリー | 2006/10/20 12:24

知ってますよ。
私の推測ですが、たぶん一本の電話とたった二行のメールが
bebeさんの人生を大きく変えようとしているんですよね。
んー我ながらスルドイかも!

実は私も今年、大きく人生が変わりました。
手相の生命線が短かったんですが、この度下のほうの線と
みごとに合体しました。おかげで現在私の生命線は手首の
あたりまで繋がっております。ざっと200歳までは生きれる
ことになりました。

いろんなところでターニングポイント、起ってますね^^

投稿: ODI | 2006/10/20 19:19

>・「運命の光の差す所」とでも申しましょうか・・・ ( ̄

あーーなんだそうか!僕もそうなんですよ偶然ですね。

投稿: 風折留亭 | 2006/10/20 23:54

★むろぴい 様
>bebeさんのヒントでも、どこに行かれたのかよく分かって
おりません。

私自身もどこに行くのか良く解ってません・・ので・・

投稿: bebe | 2006/10/26 10:54

★トムジェリ 様
そうそう・・なんか意味深でしょ~
そうなんですよ おいおいお話ししますね

投稿: bebe | 2006/10/26 10:55

★ODI 様
>私の推測ですが、たぶん一本の電話とたった二行のメールが
bebeさんの人生を大きく変えようとしているんですよね。
んー我ながらスルドイかも!

かなり鋭いですね~ (¬д¬。)
確かにターニングポイントって あります
上手に曲がらなきゃ~

投稿: bebe | 2006/10/26 10:57

★風折留亭 様
あら 同じ様に「運命の光の差す所」に行かれるのですか~
でも 私とじゃ 光の差し方が違うんでしょうね

投稿: bebe | 2006/10/26 10:59

>でも 私とじゃ 光の差し方が違うんでしょうね

うっ・・うんそうだね・・・・・・
まいりましたあ、わからん教えて

投稿: 風折留亭 | 2006/10/26 20:45

★風折留亭 様

私の場合 光が鬼門の方向からさしておりますゆえ
「行くべき所へ行く」・・・ ぶっちゃけ 「なるようにしかならない」って事でしょうかね (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

投稿: bebe | 2006/10/27 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76762/12305063

この記事へのトラックバック一覧です: 神々からの伝言:

« 自転車の行方 | トップページ | 懐かしい味 »