« 2006年 宇宙のたび | トップページ | 初めてのお使い~ドイツ編 »

もう一つの ドラマ

皆さんに留守をお願いしている間に もうひとつ事件が起きていたのでした
ご記憶でしょうか!? あの蝶々の赤ちゃんです  そう 緑色の・・・
あのお子ちゃまというか 大食いの居候 とんでもないことになっていたのです
なんつったって大食い しかも居候多しで
満員御礼の状態でしたから  うちの小さなグレープフルーツの木では 
あの居候さん達を賄いきれなかったのです
で うちの木はこんなになっちゃいました !

Cho0a_1 すると・・・居候はCho01  難民となり

餌を求めてバルコニーを ウロウロ・・・ 旅を始めたのでした
これじゃ 私は恐ろしくて洗濯物を干す事ができません
私がこの居候を 労ってあげることが出来たのは
グレープフルーツの木に居るからこそです それ以外の所に居てはいけないのです
それはもはや私を脅かす恐ろしい〝昆虫〟に他ならないのです!

そこで私は考えた
どうしたら木にジッとしていてくれるだろうか・・
それにこのままじゃ飢え死にして キレイな蝶々になれない・・・
そうだ 食料を確保してあげなきゃ! そうすれば食料の傍に居るに違いない!
そう考えた   が、 はて 居候の食料とは?

とりあえず 冷蔵庫からキャベツを出して あげてみた ・・ が  無視!
どうやらお嫌いらしい!  動く先々にこれ見よがしに置いてみたが
何事も無いように キャベツの葉の上をのこのこと這って行くのです
2枚のキャベツの葉っぱ ひじょーにみじめ・・・  (好き嫌いすんなyo! )
さ~~て どうしたものかと考えて そうか!やはり柑橘系ねという事で
近所のお庭のある友人・知人にはじから電話
いきなり 『ねぇ~~ 柑橘系の木 ある!?』   
もぉ~なんのこっちゃ相手は解らんのに 一人あせる私
だって 居候を見張りながら電話してないと どこに移動するか解りませんもん
うっかり知らずに 私の足元なんかに居たりしたら それこそ仰天ですわ!

何軒か電話をしてみたのですが 庭に柑橘系の木があるお宅はなくて
どうしようかと困っていると 知人が

『○○さんの庭にあると思うよ あのスーパーに行く途中の大きな庭の・・
  外に覗いてるのは 確かに夏みかんの木だよ
     塀の外からちぎって来れば~!』  だって

おいおい 何で私が塀の外から泥棒まがいの事をしなきゃならんの?
だからと言って ピンポ~ンとインターホンを押して
『虫の餌ください』 なんて言えないし・・

で またまた考えた
そうだ葉は諦めよう そのかわり居候を引き取ってくれる所を探そう
うん 発想の転換だ  (我ながらいいアイデアだと思った)
子機を持ったまま バルコニーを眺め 居候を目で追いながら
小学生のお坊ちゃまが居るお宅に電話する・・が 要らん! って・・そんな

これ以上 私の周りをウロウロされても困るので
私は必死の覚悟で居候を割り箸で転がしながら キャベツの葉に乗せ
ペットボトルで作った カプセルホテルに入れることにした
(居候 2名様 初めてのカプセルホテル・・ 滞在2日)

3日目の朝 新聞配達をしている友人が 朝早くメールをくれた
『金柑の木を見つけたよ 玄関の外に置いたから』 
友人は配達の途中 ビニール袋一杯に葉を詰め
わざわざうちまで持って来てくれたのです
私はお礼のメールも忘れて 居候たちにあげてみた
小さい方の一匹が少し近づくも 食べる様子は無い
そこでまた考えた
ちゃんと生えてる 新鮮な葉じゃないと食べないのかな
そこで・・・
Cho04  キャベツごと移動 Cho02

Cho03  グレープフルーツの木に 葉を着飾ってみた
いかにも 自然に?生えてる様に 見せかけた

しかし 一口も食べないまま 手前の大きい方は 餓死
向こう側の小さい方は 再びグレープフルーツの木に登っていたが 
その翌日から 行方不明

こうして彼等と別れた

が 数日して
Cho05  思いがけないお客様?でした
  まだ上手に飛べなくて
  羽を パタパタとしていました
  私はそっと導くように 
  すだれの上に乗せ
  慌てて写真を撮りました

 この子はきっと 
  うちに居た子に違いないのです
  だって ・・・

この子が飛びたった後 グレープフルーツの木のそばで
Cho06 こんなものを発見したのです

 ここで 大人になった あかし!



|

« 2006年 宇宙のたび | トップページ | 初めてのお使い~ドイツ編 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
見たいものか避けたいものか画像を一瞬で判断しながら、目を移しながら読ませて頂きました(^_^)
折角手に入れた「金柑の葉」なのに餓死してしまったのですね、居候その一くんが・・・残念でしたね。
きれいに変身しましたね~、きっとそうですよ、居候その2くんですよ~!
bebeさんは言ってみれば「育ての親」ですよね~(^_-)

投稿: じゅん | 2006/09/26 13:16

★じゅん 様
虫が苦手でしたのね・・m(_ _"m)ペコリ
私 すっかり慣れてしまいました(^v^)といっても たぶんうちの子達だけでしょうけどね
但し 私を脅かさないというのが前提ですが・・

投稿: bebe | 2006/09/27 00:18

醜いものほど綺麗になるのですね
ババほっとしています
bebeさんの苦労の結果綺麗な蝶になって飛び立ちましたね
キット感謝してすんなり飛んでいかなかったのでしょう
鶴の恩返しならぬ
蝶の恩返しですねヽ(^。^)ノ

投稿: やっこババ | 2006/09/27 07:32

お子様の
ご成人?おめでとうございます!
でも、この涼しさ大丈夫?
蝶もグレープフルーツの木も・・・・

投稿: キーコ | 2006/09/27 08:40

いもむしさんって苦手なんですが、
何だか感動的ですね~。
それにしてもホントキレイな姿!

投稿: 野亜 | 2006/09/27 10:11

すごいねえ、サスペンス・・・
短編映画にしても素敵。
深いよおおお。

投稿: 風折留亭 | 2006/09/27 10:15

ちょっと、キモい「客人」だけど、きれいに変身するでしょう~~♪
はちも、前と後のはっきりしない生き物は嫌い!なんだけど、このアゲハちゃんだけは例外なのです。
はち家では、今年全滅したけど、bebeさん良かったね(*^_^*)

投稿: はち | 2006/09/27 17:32

★やっこババ 様
苦労して育てた?ので キレイな蝶々になったのを見れたのはとっても嬉しいです(^v^)
お子ちゃまのときはちょっと 気持ち悪いけどね (^_^;)

投稿: bebe | 2006/09/28 00:29

★キーコ 様
>ご成人?おめでとうございます!

アリガトォ
何か嬉しいような 寂しいような・・
しっかしまだ9月だというのに涼しいっすねぇ
(;´д`)

投稿: bebe | 2006/09/28 00:34

★野亜 様
私も虫は苦手~~!
でも 体毛が無いからまだ見ていられたのかも・・
キレイな蝶々になったら もっとかわいい♪
\(*´▽`*)/

投稿: bebe | 2006/09/28 00:36

★風折留亭 様
(^∇^)アハハハハ! サスペンスですか~
かなり間抜けなサスペンスでっす
暇なので 無駄な努力もして見ました
(o ̄∇ ̄)/

投稿: bebe | 2006/09/28 00:47

★はち 様
あの抜け殻?は間違いなく緑色のおこちゃまのものですよね!?
うちから飛び立ったという事ですよね?
今年 私が目にしたお子ちゃま6匹以上!
たった1匹の旅立ちのお世話しか出来なかったのね~自然は厳しい 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

投稿: bebe | 2006/09/28 00:49

bebeさま おはようございます♪

ご無沙汰いたしておりましたm(__)m

無事に成人式を迎えられ、お世話をされた甲斐がありましたね。
ドキドキハラハラしながら読ませていただきました(^^)v

投稿: りりー姫 | 2006/09/28 04:43

おはようございます。
なんかすごいドラマです。
bebeさんのことだからどんなオチが来るのだろうと(!?)思っていましたが、最後は蝶になって感動してしまいました^^
もしや、この子たちの母親は去年bebeさんに育てられた蝶では・・?

投稿: やや | 2006/09/28 10:10

アゲハチョウが卵から成虫になる確率は自然界だと1%から1%以下らしいです。
ただ、人間がどこかに保護して観察すると
確率は高くなります。
1匹でも成虫になったのだから良かったですね♪

投稿: トムジェリ | 2006/09/28 22:17

★リリー姫 様
お蔭様で無事 成人する事ができました
でも来年は 遠慮して欲しいデス
どこか他所で 大きくなって! (^_^;)

投稿: bebe | 2006/09/28 23:21

★やや 様
なんだか今年の夏はこの居候に振り回されっぱなしでしたわ~~ ( ̄‥ ̄)=3
はやく実家の庭に植えてこなくちゃ!

投稿: bebe | 2006/09/28 23:23

★トムジェリ 様
>アゲハチョウが卵から成虫になる確率は自然界だと1%から1%以下らしいです。

そんなに低いんですか~
うわぁ^^ 奇跡的!くらいの感激ですわ
\(*´▽`*)/

投稿: bebe | 2006/09/28 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76762/12045118

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの ドラマ:

» 出題No.34 [クイズ・当事者の主張!]
さて「クイズ・当事者の主張!」第34問目の発表です。 今回は今月最後の問題ですので、ヒント前に正解した方には「2」ポイント差し上げます。 その代わり、問題文が短く、難解な問題になっていますので悪しからず。 では、早速、読み上げます。 『僕は元々、フランス生まれ。 業界では、「商品名」が僕の「名前」として通用しちゃってるから、正式名称で呼ばれることは少ないんだなぁ。』 さあ、こんな「主張」をしている「当事者」は一体、何者(何物)でしょうか?。 回答となる「コメント」をお寄せ下さい。... [続きを読む]

受信: 2006/09/29 08:38

« 2006年 宇宙のたび | トップページ | 初めてのお使い~ドイツ編 »