« 突然・・・お別れ | トップページ | 2006年 宇宙のたび »

旅立ちの歌

さてさて お話の続きです

ドイツ行きが決まってから 出発までの約2ヶ月 
かなり時間が有ってさぞかし準備万端・・そう思っていらっしゃるでしょうか?
とんでもない事でございます
彼女 まさか本当に行けるなんて 思ってもみなかったらしく
今迄勤めていた会社と百貨店の方には 何も言ってなかったので
突然 『仕事辞めて ドイツに行くぅ~~!』 と 大騒ぎになったのです
勿論 そんな簡単に 『 いってらっしゃ~い ♪』 って訳にはいきません
あの子でも 『サブマネージャーなんだから 急に辞めちゃ困る』と言ってくださいまして!?
どーなったかというと 会社と百貨店が〝辞めたい真相〟を探り出す始末です
何故真相究明騒ぎになったかというと どうもドイツ行きが不可解だったらしく
「きっと店長と上手く行かないんだ」 とか 「寿退社?でも 店長に悪くて言えない」とか
「出来ちゃったんじゃないの?」とかぁ~! 「どこかに引き抜かれた?」とか
皆さん あれこれ理由を探してくださるのですが 
大変残念なお知らせですが ドイツ行きは本当でして
ようやく信じて貰って? 無事退社できたのは8月20日の事でした

それからは 超ダッシュで準備をするのだとうと 思っていたのですが
な~~んとのん気な彼女に   私一人がイライラの毎日
やっと仕事を辞めたというのに今度は 『お金さえあれば 何とかなる!』
そういってバイトに精を出す彼女
親バカにも程があるとは思いながら 荷造りに精を出す私
そうかと思うとたまの日曜日に バルコニーに干しきれないほどの洗濯物を出し
その光景はまるで 109の夏物一掃大バザールのようでした

そんなこんなの毎日も いよいよ出発の日が決まると
彼女はバイトを辞めたのですが・・・
今度は〝送別会だぁ~〟と飲み歩く毎日
いい加減にせんかっー! と 大爆発したのが出発の2日前
腹を立てながらも荷造りを手伝い 結局前日の夜中まで荷造りをして
〝旅立ちの日に〟と 取っておいたワインを飲んだのが 夜中の3時
私は少しだけうとうとして お見送りとなったのです

さてさて出発当日
初めてのカレシの車で お見送りとなった訳ですが
あの子 首都高は走ったことがないと申しますので
私は 再びひやひやする事となったのでございます
家から近くのICまで 私が道案内をして 乗ったまでは良かったのですが
ほんのちょっと 快適な走りをしただけで あとはずっと渋滞でした
1時間で抜ける筈の所を 1/3も走れず 
かなり余裕を持って家をでたのに 2時間半ほどで着く筈が
2時間半経っても まだ半分も行けてない・・・しかも渋滞でカレシは居眠り!
私は 飛行機の時間に間に合わないんじゃないかと ひやひやしながら
今度はカレシが居眠り運転をするんじゃないかと オロオロしながら
かといってペーパードライバーの私が 運転を代われる筈もなく
もぉ~~生きた心地がしませんでした

さらに首都高は 新宿の先までずっと事故渋滞 
その先も解らないよ~と 料金所のおじさんの不安をそそる言葉
一般道を走ろうかと散々迷いながら 渋滞を抜けてホッとした矢先
またもや事故で 今度は通行止め
なんと なんと前途多難なこと 
散々ヒヤヒヤしながらようやく ≪成田空港≫の文字が見えたのでした

空港近くに着いた時 例の如く

警備員:「今日はどちらに?」

焦りまくりの母:「見送りです」 と早口で

警備員:「身分証を拝見したいのですが・・」

  カレシ もぞもぞとする  免許書を持ってないのかとヒヤヒヤする母
  「免許書 早く出しなさいよ!」と カレシを突っつく母  すると

警備員:「トランクの中を見せて貰えますか?」

カレシ:「それって 任意ですか~!」

時間が気になって とってもハイテンションの母
「余計なこと言わないで 早く見せなさいよ!通して貰わなきゃ困るんだから!!」

すったもんだの挙げ句 出発時刻の1時間半前に到着!
搭乗券を貰って 両替をして 
別れを惜しむ間もなく 彼女は機上の人となったのでした

当日の成田は 小雨が降っていて
彼女の乗った飛行機は 定刻どおりに飛び立ち 
低く垂れ込めた雲の中に あっという間に吸い込まれていきました

家に着いて数時間ほどうたた寝をして 夜中に目を覚まし
眠い目をこすりながらパソコンをつけて 
乗り換えのアムステルダム スキポール空港のHPで
彼女の乗った飛行機が ちゃんと着いたかどうか確認
乗り換えの飛行機が 定刻に出発したのを見届けて
そして今度は デュッセルドルフ空港のHPを開き
“landed” の文字を見て ようやくホッとしたのでした

|

« 突然・・・お別れ | トップページ | 2006年 宇宙のたび »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

おーーーすごいサスペンス!

なんかゴルゴ13みたいだ。

投稿: 風折留亭 | 2006/09/20 10:28

井の中のかわずで育った私としては、
bebeさんのお嬢さんの思い切った行動は
スゴイ!の一言です。
子どもの年齢とともに親は心配が大きくなるって
本当ですね・・
お嬢さんがいろんな意味で成長してbebeさんの
元へ帰ってくるといいですね。
・・しかし、どうしてドイツなのかな・・
アクセサリ関連で?好きな国だから?
また、お話聞かせてね。

投稿: トムとジェリー | 2006/09/20 16:37

bebeさま こんにちは!

ほんとにほんとに お疲れさまでした。

まだまだ心配はこれからもつづきますね(ーー゛)

投稿: りりー姫 | 2006/09/20 16:50

目まぐるしい2ヶ月でしたのネ
いろんなコトを吸収してこられると
イイですネ
若いって羨ましい~~!
このトシになると
新しいコトが出来ないでいます(泣)

投稿: キーコ | 2006/09/20 18:17

こんばんは~。
頼りになるbebeさんというお母さんがしっかり控えていて下さるから、お嬢さんも安心して思い切った事が出来るのだと思います。
お嬢さんからの第1報が待たれますね!

投稿: じゅん | 2006/09/20 21:52

★風折留亭 様
>おーーーすごいサスペンス!

なんかゴルゴ13みたいだ。


は~い、 スリル満天 てんこもり!
かなり寿命が縮みました (^_^;)


投稿: bebe | 2006/09/21 00:02

★トムジェリ 様
何故ドイツか? これはとっても簡単なようで難しい質問ですね~
何故山に登るのか?と似たような感じ・・
彼女曰く「環境を変えたい」のだそうですよ

投稿: bebe | 2006/09/21 00:04

★キーコ 様
うん、うん、この年になると色々臆病になる!
というか「変化」するのが怖い・・という部分も無きにしも非ず (;´д`)

投稿: bebe | 2006/09/21 00:05

★じゅん 様
娘からの第一報は 「無事 ドイツに着いたよ!」と13日の夜中に・・
写真のような素敵な風景を毎日携帯で 送ってくれます d(-_^)good!!

投稿: bebe | 2006/09/21 00:07

いやいやいや・・ハラハラドキドキしました!お疲れ様でした!気持わかります いつまでたっても心配は尽きませんよね 写真が感謝の気持のあらわれなんですね♪

投稿: 冬桜 | 2006/09/21 01:03

★冬桜 様
ご無沙汰してます m(。^_^。)m
は~い ハラハラドキドキの連続でした
私が出かけると いつもこんな調子です
(^_^;)

投稿: bebe | 2006/09/21 11:40

bebeさん、こんにちは。
お嬢さんの旅立ちのお話、興味深く読ませていただきました。bebeさんのお気持ちが手にとるように分かります。うちにも近い将来、似たような事件が起きるかもしれませんもの(笑)
大変でしたね。おつかれさまでした。
これからは、お嬢さんからのメールが楽しみになりますね。そのドイツの風景を眺めながら、bebeさんも行きたくなっちゃうのかしら? 足場があると行く気にもなりますよね。お嬢さんが落ち着いたらって思ってません? 将来、私も似た境遇になったら、ご一緒しましょうか(笑)その前に、先に何度かいらしてヨーロッパ通になって、私を案内して下さいね。そんなふうに楽しく考えましょう! まだ始まったばかりのお嬢さんの新生活、いろいろあると思いますが見守りましょう。ご報告が楽しみです。

投稿: ミーシャ | 2006/09/21 13:08

いいですね~ドキドキハラハラの日々!
「何がいい?(-ωー)」って~?
だって読み応えがあるんだも~ん( ̄ー ̄)ニヤリ
やっぱbebeさんのページはこうじゃなきゃねっ。
これから寂しくて「燃え尽き症候群」にならないでね・・・・・・(* ^ー゚)

投稿: のら姉さん | 2006/09/21 18:26

★ミーシャ 様
折角だから娘が居るうちに是非行ってみたいと思ってます♪ だって宿泊代はタダですもんね
d(^-^)ネ!
だけど 行きも帰りも一人ってのも寂しいわねぇ~ ミーシャさん ご一緒に (*⌒▽⌒*)

投稿: bebe | 2006/09/21 20:19

★のら姉さん 様
ねいさん お忙しいのに来てくれたのねぇ^^
嬉しいでっす \(*´▽`*)/
ねいさんが来る時はいつも間抜けな記事ですわぁ~ たまには真面目?なのもあったんだけど・・
(´_`。)

投稿: bebe | 2006/09/21 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76762/11965157

この記事へのトラックバック一覧です: 旅立ちの歌:

« 突然・・・お別れ | トップページ | 2006年 宇宙のたび »