« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

初めてのお使い~ドイツ編

ドイツに行って4日目 〝アイスクリームを買ったよ!〟とメールが届いた


彼女はドイツに着いた初日から 水や食料を買う時
『 ○○ユーロです(値段)』 が聞き取れず どうしたかというと
必ずお釣りを貰えるように 紙幣を出していたらしい
挙句の果て 彼女の財布の中には小銭がぎっしり
ま、そのうち慣れれば小銭も減るよ! と笑っていて  それでも
「スーパーで買い物なら出来るけど レストランとかで注文が出来ない」
そう言っていた彼女が アイスクリームを買ったというので
さては・・と 思いついた事があった

ドイツ行きが決まってからNHKのドイツ語講座で こんなのがあった

Ich Lade Sie zum Eis ein. (アイスクリームをご馳走します)
この番組を二人で笑いながら 2度ほど繰り返し観ていて
『ドイツに行っても アイスだけは食べられるね』って笑ったのでした

彼女から写真が届いた時 G001
『じゃあ 覚えたあれ使ったの?』 と聞くと
『 もちろん!言っってみたよ~~!』と

Einmal, Vanille,bitte. (バニラを一つください)

ドイツ語で 初めて注文して食べたアイス
きっと格別な味だったのだろうと 感想を聞くと

『本当は 他に食べてみたいいのがあったんだけど
  何ていうのだか解らなかったから バニラにした Kao005  』 そうです


| | コメント (16) | トラックバック (0)

もう一つの ドラマ

皆さんに留守をお願いしている間に もうひとつ事件が起きていたのでした
ご記憶でしょうか!? あの蝶々の赤ちゃんです  そう 緑色の・・・
あのお子ちゃまというか 大食いの居候 とんでもないことになっていたのです
なんつったって大食い しかも居候多しで
満員御礼の状態でしたから  うちの小さなグレープフルーツの木では 
あの居候さん達を賄いきれなかったのです
で うちの木はこんなになっちゃいました !

Cho0a_1 すると・・・居候はCho01  難民となり

餌を求めてバルコニーを ウロウロ・・・ 旅を始めたのでした
これじゃ 私は恐ろしくて洗濯物を干す事ができません
私がこの居候を 労ってあげることが出来たのは
グレープフルーツの木に居るからこそです それ以外の所に居てはいけないのです
それはもはや私を脅かす恐ろしい〝昆虫〟に他ならないのです!

そこで私は考えた
どうしたら木にジッとしていてくれるだろうか・・
それにこのままじゃ飢え死にして キレイな蝶々になれない・・・
そうだ 食料を確保してあげなきゃ! そうすれば食料の傍に居るに違いない!
そう考えた   が、 はて 居候の食料とは?

とりあえず 冷蔵庫からキャベツを出して あげてみた ・・ が  無視!
どうやらお嫌いらしい!  動く先々にこれ見よがしに置いてみたが
何事も無いように キャベツの葉の上をのこのこと這って行くのです
2枚のキャベツの葉っぱ ひじょーにみじめ・・・  (好き嫌いすんなyo! )
さ~~て どうしたものかと考えて そうか!やはり柑橘系ねという事で
近所のお庭のある友人・知人にはじから電話
いきなり 『ねぇ~~ 柑橘系の木 ある!?』   
もぉ~なんのこっちゃ相手は解らんのに 一人あせる私
だって 居候を見張りながら電話してないと どこに移動するか解りませんもん
うっかり知らずに 私の足元なんかに居たりしたら それこそ仰天ですわ!

何軒か電話をしてみたのですが 庭に柑橘系の木があるお宅はなくて
どうしようかと困っていると 知人が

『○○さんの庭にあると思うよ あのスーパーに行く途中の大きな庭の・・
  外に覗いてるのは 確かに夏みかんの木だよ
     塀の外からちぎって来れば~!』  だって

おいおい 何で私が塀の外から泥棒まがいの事をしなきゃならんの?
だからと言って ピンポ~ンとインターホンを押して
『虫の餌ください』 なんて言えないし・・

で またまた考えた
そうだ葉は諦めよう そのかわり居候を引き取ってくれる所を探そう
うん 発想の転換だ  (我ながらいいアイデアだと思った)
子機を持ったまま バルコニーを眺め 居候を目で追いながら
小学生のお坊ちゃまが居るお宅に電話する・・が 要らん! って・・そんな

これ以上 私の周りをウロウロされても困るので
私は必死の覚悟で居候を割り箸で転がしながら キャベツの葉に乗せ
ペットボトルで作った カプセルホテルに入れることにした
(居候 2名様 初めてのカプセルホテル・・ 滞在2日)

3日目の朝 新聞配達をしている友人が 朝早くメールをくれた
『金柑の木を見つけたよ 玄関の外に置いたから』 
友人は配達の途中 ビニール袋一杯に葉を詰め
わざわざうちまで持って来てくれたのです
私はお礼のメールも忘れて 居候たちにあげてみた
小さい方の一匹が少し近づくも 食べる様子は無い
そこでまた考えた
ちゃんと生えてる 新鮮な葉じゃないと食べないのかな
そこで・・・
Cho04  キャベツごと移動 Cho02

Cho03  グレープフルーツの木に 葉を着飾ってみた
いかにも 自然に?生えてる様に 見せかけた

しかし 一口も食べないまま 手前の大きい方は 餓死
向こう側の小さい方は 再びグレープフルーツの木に登っていたが 
その翌日から 行方不明

こうして彼等と別れた

が 数日して
Cho05  思いがけないお客様?でした
  まだ上手に飛べなくて
  羽を パタパタとしていました
  私はそっと導くように 
  すだれの上に乗せ
  慌てて写真を撮りました

 この子はきっと 
  うちに居た子に違いないのです
  だって ・・・

この子が飛びたった後 グレープフルーツの木のそばで
Cho06 こんなものを発見したのです

 ここで 大人になった あかし!



| | コメント (18) | トラックバック (1)

2006年 宇宙のたび

あは~~ 面白いもの教えて貰っちゃった!
皆さんはもう ご存知なのかな?

ここによく来てくださるokoさんに とっても面白いサイトを教えて頂きました
いま ハマってます
さ、さ 皆さんも早速 住所録出しませう!
その前に まずはここに行って そのオモロイやつ引っ張ってきましょう

http://earth.google.co.jp/

で~~ まずあたしんち 表示してみました

T005 住所を入力すると

この地球儀が ぐる~~と回転しだして

ず ず~~と日本に近寄って

ず ず~~と 東京に近寄って

来ました!

見覚えのある風景!

まさしく あたしんち!?

 えっ  ちょっとズレてる!

M001
 えーー 画像右下に〝東京都・・〟

  とあります

 そこが 我が家 らしいのですが 

 実際は 
  もっと上の方の水色の矢印の所です

 かなりズレてます

  この写真は 2年以上前のもののようで

 黄緑色で囲んだところは 
  今は家が建っていたり

 駐車場になったりしています

 で囲んだところは隣のお寺です

 ピンクで囲んだ所は お寺のお墓です

 写真では 途中で途切れていますが

 実際は かなり広いです

                            T002a_1                                 で、次は そう 彼女の居る どいつーー

   荷物を送った住所を入力してみました

 彼女のアパートの住所はまだ解らないので

 会社の住所で表示してみましたら

 写真中央の「手」の所が 会社 らしいです

 私には 横断歩道の上の様に見えますが・・

 うちの彼女  

  どんな会社に就職したのだろうか・・・

 

 
*ダウンロードはご自身の責任にて行ってください

 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

旅立ちの歌

さてさて お話の続きです

ドイツ行きが決まってから 出発までの約2ヶ月 
かなり時間が有ってさぞかし準備万端・・そう思っていらっしゃるでしょうか?
とんでもない事でございます
彼女 まさか本当に行けるなんて 思ってもみなかったらしく
今迄勤めていた会社と百貨店の方には 何も言ってなかったので
突然 『仕事辞めて ドイツに行くぅ~~!』 と 大騒ぎになったのです
勿論 そんな簡単に 『 いってらっしゃ~い ♪』 って訳にはいきません
あの子でも 『サブマネージャーなんだから 急に辞めちゃ困る』と言ってくださいまして!?
どーなったかというと 会社と百貨店が〝辞めたい真相〟を探り出す始末です
何故真相究明騒ぎになったかというと どうもドイツ行きが不可解だったらしく
「きっと店長と上手く行かないんだ」 とか 「寿退社?でも 店長に悪くて言えない」とか
「出来ちゃったんじゃないの?」とかぁ~! 「どこかに引き抜かれた?」とか
皆さん あれこれ理由を探してくださるのですが 
大変残念なお知らせですが ドイツ行きは本当でして
ようやく信じて貰って? 無事退社できたのは8月20日の事でした

それからは 超ダッシュで準備をするのだとうと 思っていたのですが
な~~んとのん気な彼女に   私一人がイライラの毎日
やっと仕事を辞めたというのに今度は 『お金さえあれば 何とかなる!』
そういってバイトに精を出す彼女
親バカにも程があるとは思いながら 荷造りに精を出す私
そうかと思うとたまの日曜日に バルコニーに干しきれないほどの洗濯物を出し
その光景はまるで 109の夏物一掃大バザールのようでした

そんなこんなの毎日も いよいよ出発の日が決まると
彼女はバイトを辞めたのですが・・・
今度は〝送別会だぁ~〟と飲み歩く毎日
いい加減にせんかっー! と 大爆発したのが出発の2日前
腹を立てながらも荷造りを手伝い 結局前日の夜中まで荷造りをして
〝旅立ちの日に〟と 取っておいたワインを飲んだのが 夜中の3時
私は少しだけうとうとして お見送りとなったのです

さてさて出発当日
初めてのカレシの車で お見送りとなった訳ですが
あの子 首都高は走ったことがないと申しますので
私は 再びひやひやする事となったのでございます
家から近くのICまで 私が道案内をして 乗ったまでは良かったのですが
ほんのちょっと 快適な走りをしただけで あとはずっと渋滞でした
1時間で抜ける筈の所を 1/3も走れず 
かなり余裕を持って家をでたのに 2時間半ほどで着く筈が
2時間半経っても まだ半分も行けてない・・・しかも渋滞でカレシは居眠り!
私は 飛行機の時間に間に合わないんじゃないかと ひやひやしながら
今度はカレシが居眠り運転をするんじゃないかと オロオロしながら
かといってペーパードライバーの私が 運転を代われる筈もなく
もぉ~~生きた心地がしませんでした

さらに首都高は 新宿の先までずっと事故渋滞 
その先も解らないよ~と 料金所のおじさんの不安をそそる言葉
一般道を走ろうかと散々迷いながら 渋滞を抜けてホッとした矢先
またもや事故で 今度は通行止め
なんと なんと前途多難なこと 
散々ヒヤヒヤしながらようやく ≪成田空港≫の文字が見えたのでした

空港近くに着いた時 例の如く

警備員:「今日はどちらに?」

焦りまくりの母:「見送りです」 と早口で

警備員:「身分証を拝見したいのですが・・」

  カレシ もぞもぞとする  免許書を持ってないのかとヒヤヒヤする母
  「免許書 早く出しなさいよ!」と カレシを突っつく母  すると

警備員:「トランクの中を見せて貰えますか?」

カレシ:「それって 任意ですか~!」

時間が気になって とってもハイテンションの母
「余計なこと言わないで 早く見せなさいよ!通して貰わなきゃ困るんだから!!」

すったもんだの挙げ句 出発時刻の1時間半前に到着!
搭乗券を貰って 両替をして 
別れを惜しむ間もなく 彼女は機上の人となったのでした

当日の成田は 小雨が降っていて
彼女の乗った飛行機は 定刻どおりに飛び立ち 
低く垂れ込めた雲の中に あっという間に吸い込まれていきました

家に着いて数時間ほどうたた寝をして 夜中に目を覚まし
眠い目をこすりながらパソコンをつけて 
乗り換えのアムステルダム スキポール空港のHPで
彼女の乗った飛行機が ちゃんと着いたかどうか確認
乗り換えの飛行機が 定刻に出発したのを見届けて
そして今度は デュッセルドルフ空港のHPを開き
“landed” の文字を見て ようやくホッとしたのでした

| | コメント (15) | トラックバック (0)

突然・・・お別れ

お久し振りでございます

お土産話・・・ お話したいことが沢山あって 何から話そうかしら・・・
そうそう まずはタイトル通り お別れの話  
と、いっても この話がメインなのですが・・・

実は このブログが始まってから 沢山の話題を提供してくれた最初の彼女
9月13日に ドイツに行ってしまいました
あの 思わせぶりな飛行機の写真は 私が利用したのではなく
うちの最初の彼女が乗っていった 飛行機です
なんで突然ドイツなの? って、話なのですが これには色々ありまして
結婚でもなく 観光でもなく お仕事 デス

彼女は 百貨店でアクセサリのお店に勤務していましたが
仕事のこと 自分自身の事など色々と 以前から悩んでいました
仕事に特に不満がある訳じゃ無いけど 物足りない
周りはそろそろ〝結婚適齢期〟となり 早い人は既に子供さえ居る
そんな中で 一体自分はこれから先 何が出来るのだろうか・・・
なにをやりたいのだろうか・・・
今迄余り真剣に自分自身の事を考えずに 何となく生きてきた
そんなツケが 一気に噴き出したのでした

彼女が思い悩んでいる様子は 私も解っていました
仕事から帰ると 毎晩私に愚痴をこぼすようになり
毎朝 憂鬱な顔で仕事に行ってましたし
悩みは仕事だけではなく 彼女の私生活にまで及んでいて
一時期 彼女は神経がズタズタになるほど 深く悩み 傷つき
その様子は 何て声を掛けたらいいのか解らないほどでしたが
それでも 彼女本来の明るさも手伝って 笑ったり怒ったり
少しずつ元気を取戻しながらも 悩みはずっと続いていました
そんな中 突然 『ドイツに行く』 と言い出したのです

初めてこの話を聞かされた時 私は冗談だと思いました
うちの彼女 突拍子もないことを言うのは 今に始まった訳でもないので
24年も彼女の母親をやっていますと 大抵の事は驚かないのですが
さすがにこの時ばかりは 本気でふざけて言っているのか
冗談で真面目に言っているのか 見当がつかなかったのです

何しろ 一人暮らしの経験もなければ 海外旅行も行った事がない
寒いのは大の苦手の彼女が ドイツで一人暮らしをするなんて
想像もつかなかったのです
いえいえ 想像というより確実に 無理! そう思いました
だって彼女は〝おうち〟が大好き人間 
一泊の旅行だって 家出か引越しのような荷造りをしていくような人ですし
最初の子なので 私も周りも 充分過ぎるほど 甘やかしてしまいました
そんな人が 遠い外国で一人暮らしなんて・・・


そんな思いとは裏腹に
この 突拍子もない告白から数週間後の7月20日
彼女の ドイツ行きが決まったのでした
そして出発までの約2ヶ月は 私にとって1年分くらいの時間に感じたのです
その理由? はいはい 親バカ全開でございます
毎日 毎日パソコンの前で 情報収集を始めたのです
  そうそう 言い忘れました 
  彼女が暮らす所は デュッセルドルフ(Düsseldorf)という所です

まず ≪ドイツってどんな国?≫から ≪初めての海外旅行≫
≪ドイツの物価と生活≫ ≪海外で暮らす情報≫ などのサイトや
細かい情報を集める為のサイト・・・地球の歩き方・デュッセルドルフのページ
シティバンク・トラブル時の英会話・海外旅行保険・KLMオランダ航空
NHK外国語講座・成田国際空港・国際郵便・スキポール空港
クロネコヤマト海外引越し・荷造りの仕方・など あげたらキリがないくらい
ブックマークの数は 相当なものです
時間の無い彼女の代わりに 色々な情報を集め
食事をしながら話して聞かせたり プリントしてあげたりで
私まで 海外で暮らせる様な気になっております

あっ スミマセン
色々思い出しながら書いていたら 3時になってしまいました
この話の続きは また聞きに来てくださいな
では おやすみなさいAc002







| | コメント (22) | トラックバック (0)

ただいま~~!

暫く留守にしましたが 戻ってまいりました

留守中大変お世話になりました

皆様には 色々とお土産話があるのですが とりあえず今日のところは

ご挨拶です

一両日中に記事にするつもりですが 何しろ「土産話」

とっても長くなると思いますので 覚悟なさって お暇な時にいらしてくださいませ

土産話の イントロです →→→Bs01

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ご近所の皆様へ

いまさらですがBa01

多忙につき 数日留守にしますので 

留守中 よろしくお願いします 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

〝利用者の声〟

今日は 怒ってるぞ~~!

ついさっき 訳有って息子の口座に振り込みをしようと ATMに行った
カードを差し込んで暗証番号を入力して さて・・・と思ったのに 無い!
登録されている筈の 息子の口座が無くなっているのです
  (ご存知だとは思いますが ATMから振込みをする場合
    一度振込みをすると その振込先を登録しておく事ができるのです)
ん? もしかしたら最近使わないので 無くなったかな? とのいやぁ~な予感
解ってはいたんだけど 一応 傍にあるインターホンで文句を言ってみる
『 あのぉ~ 登録されている筈の振込先が 無くなっているんですが!』 
すると 受話器の向こうから 
『 申し訳有りません 1年以上御利用がない場合は 削除されます』 と

なんですと~~!
本当は思いっきり文句が言いたかったんだけど 言ってみたところで
息子の口座番号が復活する訳でもなく 仕方なくまた家に戻って
番号を控えて 再びATMに行き 振込みをしたのですが
やはり納得がいきません

大体 一度登録した振込先を 1年で削除されるなんてどこに書いてあるのですか?
それを 誰が決めたのですか?
第一  私が使うキャッシュカードで 私が使う口座の
その振込先を これから先も 「使う」 ・「使わない」は 銀行が決めるんじゃなくて
私が決めるんじゃないの~~!?  えっーーー! 

それに どういう根拠で1年と区切ったのですか?
うちの息子  たま~に私を見て お小遣いが欲しそうな顔をすることはありますが
口座に振り込んでくれなどと言うほどの 親不孝者ではないので
滅多に 息子の口座を利用する事はないのです
だから そんな親孝行な息子の口座の登録を なんで削除しちゃうんですかっー!
結局 二度手間で めんどっちぃったらありゃしない!

私は決して  
もしかしたらと予測もせずに 振込先のメモを持たずにATMに行き 
二度手間になった事を 銀行のサービスの悪さにして ブログに書き
自分を正当化しようとしている訳ではないのですよ

以前 やはり私のミスなのですが 
外注さんの振込先が変り 新しい振込先を登録したのですが
古い振込先がまだ残っているので ついうっかり
同じ名義の 古い方に振り込んでしまった事がありました
結局手数料を払って 組み換えをして貰ったのですが
その時 私はこういいました 
「使わなくなった同じ名義の振込先があるので 紛らわしい」と
すると銀行の人が その振込先を削除してくれたのです

そのことを思い出して 先程 銀行に電話を入れ 
ATMから 登録されている振込先を 自分で削除できるのか聞いてみました
答えはノーです
削除するには 銀行の窓口でお願いするしかないのだそうです

私が本当に怒っているのは こういう事なのです
1年間使わない振込先は これから先も使うかもしれないという利用者を無視して
勝手に削除され
振込先が変った等の利用しなくなった登録先を 利用者が削除出来ない事
つまり 利用者にとって使い勝手が悪すぎるのです
そして便利なのは いつも銀行側なのです
しかも このことを〝利用者の意見〟としてどうしても言いたくて
銀行のHPの中で 「意見を言える所」を探してみたのですが 無いのです
散々あちこちウロウロして ようやく探し当てたのですが なんと!
今時の時代に 
お客様の声を反映する 
〝ご意見ポスト用紙は 支店の窓口に設置しています〟だってさ!

まったくぅ~F01
まだ残暑が厳しい今日に ATMに二度も行かされたあげく
文句が言いたきゃ 今度は 窓口に来いとな・・・!?

  

| | コメント (15) | トラックバック (1)

変身のとき

あっという間に9月ですね
暑い 暑い といっていたのに 朝晩はかなり涼しくなりました
毎年思うのですが 今年は去年より楽に過ごせた・・ さほど暑くなかった・・
そう思うのは 年のせいでしょうか

ところで 我が家のあの居候さん
大切なグレープフルーツの葉を食べつくし ほぼ丸裸でございます
暖かくなって葉が見事に生い茂った木は もはやただの棒になってます
しかも またもや突然姿を消すのです
ふつー 世間で言う所の 〝食い逃げ〟+〝夜逃げ〟です
まず 緑色のふくよかな方々ですが 知らないうちに居なくなってしまいました
ここで記事にした翌日 姿が見えなくなってしまったのです
で その時まだ小さなお子ちゃまだった白黒が すぐに大きくなりまして
では では・・と 期待をしていたのですが またもや見失いました
夕方には確実に居るのですが 朝 見に行くともう居ないのです

いま 白黒のお子ちゃまが3匹おりますが たぶんまた同じ様に
知らないうちに旅立ってしまうのでしょう
朝になると 葉や鉢の周りに何となくその痕跡があるのですが
その変身の瞬間を 観る事はなかったのです

どうやら蝶々のおこちゃまも 夜に大人になるらしいB01_1

| | コメント (16) | トラックバック (0)

周りを見てみよう!

ちょっと前の事になりますが シュレッダーでの事故のニュースがありましたね
先程 シュレッダーを使ったので じっくりと見てみました
我が家で使っているものは 確かカナダ製だったと思いますが
溝の幅は 4ミリ 刃までの深さは5.5センチでした
解りやすいように タバコを置いてみましたが   タバコの太さ直径7ミリ
そのタバコを溝に押し込もうとすると かなりタバコは変形しました
2歳くらいのお子さんの指が 入ってしまうのかは解りませんが
私が見た限りでは かなり無理があると思います

シュレッダーによって 溝の幅や深さが様々であることは確かなようですが
基本的にこのような道具を使う時は 小さな子供の居ない時
或いは 目の届かない所 手の届かない場所で作業すべきだと思います
大変キツイ言い方かもしれませんが 周りの大人の不注意だったのではないでしょうか

ですが このニュースを聞いた時 ふと思ったのです
我が家は大人だけの生活に慣れているので そういう意識が低くなっているのですが
もし小さな子供が家に居たら 我が家にはどれだけ危険があるのだろうかと・・・
子供に限らず 例えばお年寄りが居たりすると ちょっとの段差とかも気になる訳で
いま なんの危険性を感じる事も無く 日々暮らしていますが
もしここに 例えば孫が来たりしたら 慌てて物を片付けたりするのだろうと・・・

〝自分の位置〟での暮らしに慣れてしまって 立場の違いの危険度に
鈍感になってしまっているようです
TVのCMで お母さんが〝赤ちゃん目線〟といって床を這うシーンがありますが
赤ちゃんに限らず あらゆる人の位置にたって周りを見渡すと
危険な事 不便な事が結構あるものです

B001_4  B002_2

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »