« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

夏が来る

今年も半年が終ろうとしています
明日から7月 暑い夏がまたやってきます
おデブには 辛い季節です

先日 道で偶然実家の母とすれ違いました
母は私を見つけると 小走りに近寄ってきて 耳元でこう言いました
『おねえちゃん あんまり太らない方がいいよ やせるの大変だから!』 って・・・

ばかっ!

確かに体重 減っても無いけど 増えてもないぞ!
ただ 前にあった時はまだ長袖を着てる季節だった

悔しいから痩せてやる~  そんなたわ言 今は誰も信じなくなって
いいよ  ビックリするほど痩せてやるから! といえば
「驚いてみたいもんだわ~」といわれ
今年こそ! 今年こそ!の掛け声も虚しく半年が過ぎ
また 暑い夏がやってきます     Bl001_2              

夏は嫌いです

| | コメント (14) | トラックバック (1)

お元気ですか!?

こんにちは ちょっとご無沙汰しちゃいました
ここ数日 バタバタしておりまして 今日もこれから出かけるのですが
ちょこっとここ3・4日の 近況を報告

先日のあの一件ですが 私が夜遅くまでパソコンで遊んでいると
一眠りした彼が もそっと起きてきて  その彼の顔を見て
私が急に発狂しまして 思いっきり大声で文句を言いました
するといつもの如く逆ギレした彼 そのまま無口になりましたが
昨日 怒っているのに飽きた彼の方から 停戦の申し入れがありまして
それでもすんなり受け入れたくない私は 1時間に渡り「説教」をして
停戦を受け入れる事となりました

初めてのカレシと夕方パソコンで遊んでいた時 私がふと
『 そうそう この前 民間取締官を見かけたよ!』
するとカレシ 『 えっ~~ こんなところまで来ないでしょォ~』
『 でも 〝V〟のゼッケンみたいの付けてウロウロしてたよ~』
それでもカレシが言うには 首都圏かこの辺だったら都内だけじゃないのと・・・
それもそうだろうと思うと 見間違ってビクビクしていた自分に腹が立った
カレシ 追い討ちを掛ける様に 
『もしかして 罰金が怖くてバイクも駐車場に停めてた?』と笑われた
そう・・・私は6千円惜しさに 猫しか通らないような狭い道にも停めず
面倒だと思いつつも きちんと駐車場へ置いていた
もっとも 日本全国何処を探しても 
私有地以外 ここなら停めても安全なんていう所はない訳で
実際 そのスーパーの斜め前に数ヶ月前に出来た 
30分100円のコインパーキングは 最近 いつも満車だ

先日のTVのニュースでも 環7沿いのラーメン屋さんは
6月に入って いつもの月より2~3割 売り上げが落ちているという

うちの近くの 行列が出来るラーメン屋さんも 
店の近くに数台分の駐車場を確保した様だが それでもお昼時になると
ラーメン屋の隣のセブンイレブンは 店内よりも駐車場の方が混んでいる

そうそう 最初の彼女が久し振りに熱を出しました
皆さんも夏風邪には気をつけて下さいね
因みに 相変わらず二番目の彼女とは 音信不通です
初めてのカレシが 今日ハタチになりました

HPに朝顔の絵をUPしましたQq001
暇で死にそうな方は 覗いてみてください

では 出かけてきます♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

つづき

昨日あれから私は お腹がすいたままここで記事を書き
思いのたけをぶちまけた!

余りにもお腹がすいていたのと腹立たしさで 何か作って食べる気力もなく
冷蔵庫からヨーグルトを出して 食べながらまた仕事の続きをやっていた
請求書の作成が終っても 各項目ごとに別の書類に転記しておかなければならないので
ちょうど彼も居ないし 片付けてしまおう・・・そう思っていたところ彼から電話で
「 おい 請求書の金額がまた違うってよ!」と
慌てて画面を切り替えて調べてみたが 違ってはいない
だがすぐに何の事をいってるのか 察しがついた
つまりパーセントは所詮割り算だから きっちり割り切れない事もある
金額の場合 何十何銭まで貰えないから 〝円〟以下は切り捨てる
同様にパーセントの数字も 例えば97.777%となっても切り良く97%としただけで
計算の仕方が間違っている訳ではないし そんな所まで細かく出す必要も無いはずで
しかも 元の金額が大きければ たとえ僅か0.1%切り捨てたとしても
何千円  何万円の差が出てくる

そんな細かい所を突っついて 違うと言い張る経理のオバサンに
その説明をすると 今度は逆切れして
『じゃあ パーセントなんて書かなければいいじゃないですか!』と
はぁ~~? 『 パーセントを出してと言ったのは おたくの指示ですよ!』と
つい声が大きくなった
第一 契約金額以上の請求はできないのだから 
支払い金額と請求金額 そして残額の把握さえしっかりしていればいい訳で
今月うちがいくら請求しようが 何パーセントにしようがうちの勝手で
毎月出来高どおりに 細かく計算しなくても
契約金額を4等分して 25%ずつ毎月貰おうが 一度に貰おうが
こちらの都合のいいように 請求をだしていい事は
最初から お互いに了承している事なのです
だから そんな小数点以下を切り捨てた為に起こった多少の誤差を
とやかく言われる筋合いでもなく 
まして計算違いなんて言われたら 私の立場がない

それなのに彼ったら 経理のオバサンの言いなりになって
パーセントを書かないで また請求書を書き直せという
だったらその場で彼が 訂正すれば済む事じゃない
書き直したんじゃ私がお腹をすかせたまま急いで書き上げた意味が無いじゃない!

もう動脈がぶち切れそうだったけど 無言で電話を切った

すっかり仕事をやる気をなくして TVを付けてしばらく眺めていたが
急にお腹がすいたのを思い出して
何か軽く食べようかと時計を見ると 8時を回っていた
出掛けに彼が 帰って来て食事をするといってたので
もう少し我慢しようかと思い 彼に電話をしてみた
すると彼 何だかばつが悪そうに 「今 社長と鮨屋にいる」と

な なんですとぉ~~!

私は何にも食べないで 帰りを待っているのに
社長のご招待で お鮨屋さんに行くのならそう電話をくれればいいじゃない!

ぶちっ!  動脈切れた
どうする私・・・・

マウスをのせてみて♪

| | コメント (24) | トラックバック (1)

心の叫び

うちの仕事は毎月20日締めで 請求書を作成します
外注さんからは 10日毎に請求書が送られてきて 
普段 ちょこちょこと私がまとめておいて 
20日になると うちの彼の分を含めて 私が請求書を作るのですが
先々月から 請求の仕方が変ったので
請求書を作成するまでの準備が とても大変なのです
しかも 26日までに取引先に届かないと 「翌月回しになります」との
厳しいお達しがあるので 20日を過ぎると 私はとっても忙しいのです

今までは出来高請求だったので それほどの苦労はありませんでした
忙しい時期には 請求書もかなりの枚数になりますが
それでも外注さんからの請求と 彼の分を含めて書けばいいだけなので
さほど頭を使う作業ではありません 
ところが先々月から 契約金に対するパーセントの請求になったので
実際の出来高と 契約金からはじき出すパーセントの金額の釣り合いを取るのが大変で
出来高を下回っては困るし あまり多すぎると後の請求に差し支えます
小さい仕事なら 金額もたかが知れてますが 大きい仕事となると
例え1%でも かなりの数字になります
そんなこんなの調整が結構面倒で ついイライラしてしまいます
しかも今月からまた請求書の書き方が変ったので 私のイライラはMAXでした

昨夜彼が 『明日の午後取引先に行く用事があるから 請求書を持っていく』と
ところが昨夜の時点で 10日~20日分の請求書が届いてない外注さん2名
その請求書が届くのを待って 私は朝ご飯も食べずに請求書を作ってました
また慌てて桁間違いをしないように 慎重に・・

11時過ぎ 思いがけず彼が早く帰って来たのです
私は 早く請求書を作らなければと 必死でパソコンと格闘していました
すると なにやらいい匂いがしてきました
振り向くと 彼は自分で昼食を作って食べているのです
中々美味しそうでした  でも・・・私は朝ご飯さえまだなのです
そんな私の事情を知ってか知らずか 彼は自分の分だけ作っているのです

心の叫び (えっ~~ ふつー聞かない? ごはん食べた?とか
         お前も食べる?とかさぁ~~!)

何ゆえ自分の分だけなの?
アタシの分は無しですかっ~~ !!

そりゃぁ~確かに以前の彼は 私がどんなに忙しそうにしていても
『腹減ったから 何か作ってよ!』 って人でしたから
自分で作るなんて とっても偉いと思いますよ! でも・・・
でも・・・私はパソコンで遊んでる訳じゃないんですよ
あなたの仕事のお手伝いをしてるんですよ! 違いますか !?

どうしてもうちょっと気遣ってくれないかな~B03a01

心の叫び以上の 本音
「別居しているツバメさんが 羨ましい!」
居なきゃ腹も立つまい・・・

| | コメント (15) | トラックバック (0)

無くて七癖・昔の癖

近所で大の仲良しの友人・・・昭和17年生まれ
私とは14違うんだけど とっても気が合うのです
この友人 若い頃から〝お水の花道〟一筋で生きてきた人で
とってもユニークで 気が若い

若い頃は銀座や赤坂のお店で働いていたらしいが 年を追う毎に外に流れたという
それでも30代の時にお店を持ち 40代半ばで今のご主人と再婚するまで
国分寺で お店をやっていたらしい
14違うと 確かに世代のギャップというのを 感じる時があるのだが
何しろ好奇心旺盛で やること成す事私とよく似たところがあって
時々 前世は姉妹だったのかしら・・・と思うほど良く似ている

その友人とたまにお茶を飲んだりすると それぞれ自分の事は棚に上げて
お互いの夫の悪口をしこたま言い合い ストレスを発散するのです
ところが時々 「この話 前にもしたよね」という事が有って
それでも友人は 初めて聞いたみたいに相槌を打ち
私の話に聞き入るのです
そんなことが何度かあった時 私は「ねぇ この前も同じ事聞かなかった?」と
友人に言うと 「ごめんね 私 つい昔の癖で人の話を聞き流す時があるの」という
どういうことかと尋ねると 友人の理屈はこうだった
毎日何人もの〝飲んだくれ〟の話をいちいち真剣に聞いてると大変なので
いつも肝心な所だけ「うんうん」と相槌を打ち 半分は聞き流すという

なるほど・・・だから私の話も 時々聞き流していたのかもしれない
私はもしかしたら年のせいで忘れっぽくて 同じ事を何度も聞くのかと思っていたが
友人は『職業病のような 悪い癖だね』 と笑って言う

ところが友人には また別の〝昔の癖〟があって
私が帰る時 どんなに寒くても 雨が降っていても
私がいいよ 寒いから中に入って! そういっても いつも必ず門の外まで出て 
私がバイクのエンジンを掛け 数十メートル先の角を曲がって 
私の姿が見えなくなるまで 必ず見送ってくれる

こんな友人の〝昔の癖〟がとっても心地よく
だから私は角を曲がる時 バックミラーで彼女の姿を見て
後ろ向きに手を振るPolaris  





| | コメント (14) | トラックバック (0)

こわっ!

こんな記事を書いたわけは・・・ 切っ掛けは迷惑メールでした
    先にお断りしておきますが あの英語の文章は
    私が書いた訳ではありません(ご承知でしょうが・・)
    元の文章は私ですが 私にはそれを英訳できるほどの
    語学力は無いです  翻訳サイトで作りました
   

実は5月に入って何故か突然迷惑メールが物凄く増えました
しかも外国の方?からです  フランス・ドイツ・トルコ などなどから・・・
何故なのか不思議に思って ふと思いついてアクセス分析を見てみました
アクセス分析なんて 普段は気にも留めてないのですが
なにか原因が解るかもしれない そう思ったのです
すると とんでもない事が起きていました


ちっと気になるリンク元があったので辿ってみると
なんと! 
去年の暮に 私が載せたうちの彼女と私の オカマちゃんとのツーショットが!
もうとっくに削除した筈なのに何故 !?
日付をさかのぼってみてみると 検索サイトからの殆どはその写真でした
しかし何故今頃?   不安は広がるばかりです
そういうことに詳しくない私なので 
一体どうして今頃になって そんな写真が出回っているのか訳が解らないのですが
多い時には1日に30件近くも あったりするのです

Ex03  Ex02



迷惑メールは怖いので全く読んでませんから 内容は解らないのですが
私は アドレスを公開した覚えがなかったので どうして知っているのか
写真と共に 解らない事だらけでした
が・・・ よくよく見れば プロフィール欄にしっかり自分でアドレスを載せてました
すぐに削除したのですが 今でもたまに送られてきたりしてます
送り主は大抵個人名で 件名には「あなたに 特別ボーナスをあげます」
こんなタイトルだったりするものも 有りました
ボーナスは嬉しいけど ユーロで貰ってもねぇ~

話は元に戻りまして
そんな迷惑メールを 中身は見ずに毎日こまめに削除している訳ですが
ふと もしかしたらまともなメールも有るかも・・・と思ってあの記事になったのです
今回の件に関してはその可能性は ゼロだと思いますが・・・

それでも以前 知らない方だと思って危うく 
ブログのお友達からのメールを 削除しそうになった事があったのです
ブログ上ではHNを意識する余り メールアドレスの記憶が無く
「From」のアドレスを見ても 誰だか解らなかったりして
実際に削除してしまって 返信をしてない方も居るかもしれないのです
もし  『bebeにメールを送ったけど シカトかよ!』という方がいらしたら
この場を借りて お詫び申し上げます
ま、こう見えても(どう見えて?)臆病者ですので あしからず・・・




こんなサイトも見つけちゃいました
 Ex09

自分の知らない所で こんな事が起きているのです
皆さんも気をつけて下さいねぇ~~




| | コメント (14) | トラックバック (1)

ひとり言

最近 気が付いたこと
うちの彼が時々 
『 暇な時でいいから この書類作っておいて 』という 〝暇な時〟って
どうやら 〝今日中〟ってことらしい

最初の彼女はたまに 家の電話で自分の携帯に電話をかける
たかが6畳一間の彼女の部屋で 一体何が起きているんだろう !?

この頃とっても早寝の彼   遅くに私が寝室に行くと  
これでよく眠れるな~ って程の大音量でTVが付いてるのに
翌朝 『 お前のイビキがうるさくて眠れなかった 』と言われた時は
本気でショックだった!

ペットボトル入りの烏龍茶
買い物の時の負担を減らそうと 煮出し用を使い始めて数年経つ
やかんでお湯を沸かすのは 烏龍茶を作るときだけなのだが
最近 何度となくやかんを焦がしそうになった
お湯が沸くと ピィーーーっと鳴るやかんを買おうかと
真剣に悩んでいるBlbl1

| | コメント (12) | トラックバック (1)

ひと事じゃない!

駐車違反の取締りが厳しくなって二週間 
先日彼に 「バイクも気をつけろよ」 そう言われた時
近所のスーパーでの買い物は いつも道路脇に停めていることに気が付いた

今日そのスーパーに買い物に行った時 彼のその言葉が頭をよぎり
ちょっと面倒だったけど 駐車場まで走っていった

そのスーパーは 表通りに突き当たるちょっと細い道と表通りとに隣接していて
帰りのことを考えると 駐車場に停めるより脇道に停めた方が はるかに便利なのです

まさかこんな道路まで取締りがくる訳がないし バイクなんて捕まえないだろう
私は単純にそう思っていた

その通りは裏道に抜ける細い道で 地元の人も殆ど通らない
もしそこに一日中車が停めてあっても 邪魔だと思うのはのらネコぐらいなもので
たぶん 誰一人迷惑だなどと思う人はいないだろう
だからと言って そこに車を停めていい訳でも無いのだが
いくら民間になったからと言って ここまで取り締まりに来るほど暇じゃないだろう

それが私の安易な考えだった事を 思い知ったのです

確かに面倒だったけど彼の言いつけを守って スーパーの駐車場に停め
私は 相変わらずいい加減な歩数計を 今日も腰にぶら下げて
3袋の大量買いを終えて スーパーを出た
切れ目のない車の間に入り込み ようやく表通りに出て 
そこからまたすぐに右折して その脇道に入った時だった
民間の取締官を目撃!

もしも今日 私がそこにバイクを停めていたら 6000円 !?

それだけ使ったら 今夜はどんな美味しい物を食べただろうと想像して
冷や汗が流れた          Ac001


| | コメント (20) | トラックバック (0)

歓迎できないお客様

今朝 洗濯物を干していたら 凄い物に遭遇しちゃいました
私の大切?なグレープフルーツの木に いたずらをしに来たとんでもない奴を発見!

<
母モスラ  現る!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

bebe 歩数計を付けてみる!の巻

今朝は久し振りに 凄く早起きしました
何故って? のんびり寝ている場合じゃないんです
今日は9時から 配水管の清掃と避難具の点検に来るというのです
そんな訳でうんと早起きしたのに ふと思いついて探し物をしてました

すると引き出しの中から妙な物を見つけました  歩数計 !
へぇ~ こんなものが有ったんだ~ という事で探し物も忘れて
早速付けてみる事にした

その歩数計 私は買った覚えも貰った覚えもないので
きっと彼がどこかでもらって来たんだと思うのだが いかにも怪しい
見るからに安っぽくって インチキ臭い
でもまぁ 電池も揃ってる事だし・・・という事で 装着~~!

ん? やはりね・・・ 腰に付けるまでにもう5歩 歩いた事になってるじゃん!
「成る程ね ちょっとの振動でも数えちゃうんだ~」という事で
今度は 実際に歩いてみる事にした
普段 普通に歩く歩幅で リビングから廊下へ 1、2、3、・・・・・18,19,20 で?
あら !?  歩数が間引きされてるじゃん!  8歩足りない
なんだよぉ~ 私の歩き方に不満でも? という事で今度は少し大股で
しかも ちょっと腰をフリフリして歩いてみた そう モンローウォークみたいにね
すると ほぼ正確に数えてる!
で もう一度数えながら歩いてみた OKちゃんと数えてる

しか~し そこでふと気が付いた
こんな風に腰をフリフリして歩いてたんじゃ 1万歩も歩いたら腰を悪くしそうです

そこで どうしたら正確に数えるのかと 廊下を行ったり来たりしてみた
身体を少し上下する様に歩くと かなり正確に数えるようだけど
それでも やはり数歩間引きされるようです
今度は太ももを大きくあげて 彼みたいにドカドカと歩いてみた
やっぱ 間引きされてる 3歩たりない
廊下を何回も往復してみたけど まともに数える事は無く
なんだか疲れちゃいました


朝っぱらから 廊下を行ったり来たりしてみたけど 
どうやっても あまり正確に数えてくれない様なので諦めましたが
それでもまだ私の腰には 歩数計が付けてあります

現在の歩数 456歩  1万歩までには程遠い~!B001_2

| | コメント (18) | トラックバック (1)

大丈夫かな?

To people which visited this from the search engine site

Since I am very cowardly, I do not read other than the mail sent by the friend.
Therefore, I do not write a reply to your mail.
If you want to talk to me earnestly, please write your comment to the comment field of this report.
However, your comment may be deleted when I judge that your comment are insincere.
If you wrote an impression about this article faithfully, I will be going to understand your words seriously.

Blda001

| | コメント (8)

今年も元気です

今日 思い切って≪いちごサン≫を 捨てました

でも 寂しがってる場合じゃありません
グレープフルーツの木が 見事に葉を付け出したのです
どうやらグレープフルーツの木は 冬になると葉を落とし 春に備えるみたいです
いちごに夢中になっているうちに すっかり葉が生い茂ってました
ところが 既に虫に食われています

最近 毎朝水をあげる時に葉に虫が付いてないかチェックして
それらしい黒い物を見つけては(まだ卵のうちに) 刷毛で振り落としてます
もう その様な形(虫)になっているのを3匹見つけて 退治しました
これから 私と蝶々の赤ちゃんとの 熾烈なる争いが始まるのです

本当は今年の夏前に実家の庭に そぉ~~と植えてこようかと思っていたのです
なにせ4メートル近くものびるらしいので いずれは手に負えなくなります
そうならないうちに 実家に持って行って
「黄色い実がなる木だから 金運に恵まれるよ!」 母にそういって
私は 夏になると毛虫の棲家になるというその木を 実家にあげるつもりでした

ところが先日 近くのスーパーで偶然母に会った時のこと
母が嬉しそうに 「この前 お姉ちゃん(私の事)が 木を切っていってくれたら
      次の日 お兄ちゃん(弟)もやってくれてね キレイになったよ」

母は嬉しそうにそういって 笑ってました
そんなにきれいにされたんじゃ とんでもなく大きく生い茂るはずの木を
実家に植えてくるのはちょっと無理かも・・・
そう思ったので 仕方なく今年もうちで育てる事にしました

退治が遅れて 食べられちゃいましたが
残りの葉は今の所無事です

見事に葉をつけた
グレープフルーツの木

| | コメント (8) | トラックバック (0)

人の苦労が解るかな!?

さて 突然ですが 今みなさんのお手元に 要らない紙はありますか?
新聞紙でもチラシでも プリントアウトに失敗したA4の紙でも 
何でも結構ですので 紙を1枚用意してください
  ≪是非 やってみて下さい!≫

今度は その紙を手にとってジィ~~と 見つめてください
そしてあなたの大嫌いな人 憎たらしいと思う人
チックショォ~~ と思えるような事柄などを 思い浮かべてください


準備は宜しいですか?

では 神経を集中して全身の力を手に込めて 
その紙を思いっきり グチャグチャに丸めてみてください
なるべく小さくなるまで・・・ 
紙の大きさにもよりますが 出来れば卓球の球くらいになるまで!

丸めましたか?

では 今度はそれを広げてください
紙を破かないように そしてしわを伸ばし過ぎないように そぉ~と・・・
元の大きさくらいまで 戻りましたでしょうか?

広げたその紙を キーボードの上に置いてみて下さい
当然 紙はグチャグチャですよね !?

            B002

先日 うちの彼が 『お買い得!』といって 買ってきた作業用ズボン
そのお値段は¥980   さすがに安いだけあって生地はヘラヘラです
そしてそのズボン 洗うとグチャグチャになるんです
干す時にいくらシワを伸ばしても 乾くとこれでもか!ってほど 
シワだらけなんです!
皆さんが今 丸めて広げた紙の様に・・・

そんな「お買い得」の作業ズボンの為に 私は洗濯のたびに
アイロンかけをしなくてはなりません

私は彼にこういいました
「お願いだから 今度そのズボンを履いたら そのまま捨てて!」と・・・

* 本気で紙を丸めて下さった方 有難うございます
   ご苦労様でした♪ 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

季節オンチ

昨日の夜中の出来事
妙に寝苦しくて夜中に眼を覚ますと 私には毛布が2枚重ねになって掛かっていた
隣に居る彼を見ると 彼は何も掛けないで寝ている
なるほど・・・ 彼は自分が暑いので毛布を払いのけ
ご丁寧に 私に掛けてくれていたのだ
でも 私だってさすがに暑いので 小声で 「私も要らないよ」と 彼に掛けなおすと
「暑いよ」と寝言のように言ったかと思うと また毛布を払った

昨日は昼間もかなり気温が上がり 夜もちょっと蒸した
暑がりの彼なら 尚更暑いのだろうかとも思ったのだが 
見れば 彼は未だに冬のパジャマを着て寝ている

今朝 新聞を読みながら 野菜ジュースを飲んでいる彼に言った
「あのね 私も暑いから毛布は2枚も要らないよ」
すると彼が 「俺も暑かったんだろう~」と覚えていない様子
すかさず私が 「あのさぁ もう6月なんだよ 
           そんな冬のパジャマをいつまでも着てるから暑いんでしょ!」

そしたらね 彼はなんて言ったと思う!?
「暑いだろうと思ったら 夏のパジャマを出しておけばいいじゃないか!」 

ええぇぇ~~ あなたが暑いのは 私のせいですか !?

まったくさぁ 子供じゃないんだからいちいち奥さんが 出してくれるまで
いつまでも 季節はずれの服を着てることもないでしょう・・・!

『もう暑いから 半袖にすれば?』 とか 『さすがにそれじゃ寒いでしょ』と
季節の変わり目ごとに繰り返される 夫婦の会話

男の人って 季節オンチなの?

追記:明け方近く ちょっと冷え込んできたら 
    彼は私の分まで毛布を取った !!B001_1


| | コメント (20) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »