« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ちょっとお知らせ

記事の更新もしないで 遊んでましたの

HPの bebe's ギャラリーに貯まった絵をUPしました

そして 新しい遊びを見つけちゃった

お暇でしたら覗いてみてください

〝お遊び〟ですから 怒らないでね

   サイドバー ≪美・美≫ からどうぞ!

|

変身!?

久し振りに風も無く 穏やかな日の 世にも恐ろしい出来事です

昨日、一昨日と 寝不足のせいか今朝は妙に瞼が重く
スッキリとしない朝でした
午前中に届くという宅急便を待ちながら ソファでウトウトしてしまった様です

小一時間は眠ったでしょうか インターホンの音で目が覚め
慌てて印鑑を持ち玄関で 荷物を受け取り
午後から来客があるので 午前中に用事を済ませるつもりで
出かける支度をしようと 鏡を覗いたら

とんでもございません
とても 出かけるどころではありません
自分の顔を鏡に映して まあ最近はちょっとドキッとする事もありますが
こんなにも恐ろしい顔を見たのは 久し振りでございます

何と私の顔には クッションの生地の模様がblh017
左半分に しっかりとプリントされています

一刻も早く出かけるべく 只今マッサージを施しております
ところで お気付きでしょうか 

どうやら私はこの顔で
荷物を受け取った様です

|

『私の嫌いな数式』

物忘れが酷くなったという事は 老化現象なのか
それともただ単に ボ~っとしているだけなのか
近頃の私は 特に酷くなった気がする
そこで私は 携帯に管理される事になった

忘れてはいけない仕事の連絡は勿論 日常生活の細々した事まで
携帯の〝スケジュール〟に登録し 音で気づかせて貰う事にした
最重要な事柄は TODOリストでのチェックも怠らない

例えば 近所の友達との 待ち合わせの時間から
彼からの頼まれごと はたまたこんな事まで登録してあったりする
『 16:00 灯油配達の電話を入れる 』 ・・・

余りにもうっかりの物忘れが多くなった 苦肉の策である

私は時々 隣の部屋に何かを取りに行ってblh014
部屋に入った時には 
何を取りに来たのか忘れたりする

どうやら私の記憶は 80分と持たないようだ

我が家は3LDK 隣の部屋までは80分もあれば
何十往復も出来る

|

主婦 時々さぼり

昨日 彼の帰りはとっても遅く 1時を過ぎてようやく帰ってきました
食事をしてお風呂に入ったら 時計は3時半を過ぎていて
『 明日は6時過ぎには出るから 頼むよ!』 そういって彼は寝ました
私は特大の目覚しをセットし 携帯もセットして寝たのですが
何しろ2時間弱の睡眠時間です 起きられる訳が有りません

頭の上で目覚しがけたたましく鳴るも まだまだ夢の中
殆ど錯乱状態で目覚しを止め 
彼に『 鳴ってる 鳴ってるよ~ 起きてよ~ 』が精一杯
暫くして今度は私の携帯が 鳴り始めました
無我夢中で携帯を止め おぼろげながら彼を見送るも
資源ゴミの 新聞の束とダンボールはしっかりと持たせたのでした

彼を見送ってリビングに戻った時 悪魔が囁きました
『もうちょっと 寝ようぜぇ~』
私は迷いも無く寝室に戻り 携帯を1時間後に鳴る様にセットし
しっかりと 二度寝ougi02
・・・・

やっちゃいました!
あと1時間のつもりが 気が付けば11時半

こうしてグ~タラ主婦の〝二度寝・拡大版〟は
半日を潰すことになったのです 

昨日の私と今日の私 
是非 平均点での評価をお願いします

|

それは1本の電話でした

人は電話をしながら 時々面白い行動をする事があります
それは長電話だったりすると 最も顕著に現れたりします
例えば 右手にハンディモップ 左手に子機をもち 部屋中をウロウロしたり
ある時は 「うん、うん、」と相槌を打ちながら キッチンに行ってコーヒーを作り 
それを持って ドッカとソファーに座り込んだり
またある時は メモ用紙に 訳の解らぬ象形文字を書いたりするのです

今日の私はどうしたかというと
仕事の電話だったので 長話ではなかったのですが
電話中にふと前の棚に目をやると 大事そうに取ってある洋酒の瓶に
僅かに埃が付いていました
いつもなら モップでササッ なのですが 埃を目にした瞬間
私のやる気モードのスイッチが 入ったのです

洗剤と雑巾をもち その棚の中に飾ってある全ての物を取り出し
棚 そして中のものをキレイに拭きました
そしてその下にあった 〝そのうちに片付けるつもり〟だった書類や
郵便物を キレイに片付け始めたのです

郵便物を入れる引き出しを開けた時 
ふとその下の 薬が入っている引き出しが気になりました
見ると 飲んだら具合が悪くなりそうな使用期限の薬を見つけたので
今度は 薬の引き出しを片付け始めました
すると その引き出しが少し壊れかかっていたのです
早速直すべく 私は木工用ボンドを取に行きました

ボンドは 私の「おもちゃ箱」に入っています
そのおもちゃ箱には 工作用の大きな鋏 画鋲 両面テープなど
そして 何に使うつもりなのか解らないけど とりあえずの〝おとり置き〟
そんな物が沢山入ってます
そのおもちゃ箱からボンドを出そうとした時 洗濯終了のブザーが鳴りました
洗濯物を持ってバルコニーに出ると
風にあおられて 折りたたんだダンボールが散らばっています
「そうだ 明日は資源ゴミの日だ」 

洗濯物を干し終えた私は ダンボールをまとめて縛り
玄関先に出してリビングに戻ってくると 薬の引き出しがそのままでした
・・・・
・・・・・・・
こうして私の突然の超やる気モードは まるでわらしべ長者の如く
次から次へと家中に感染し 気が付けば3時を過ぎていました

切っ掛けの電話が何時に入ったのかblg01
着信履歴で確認すると
11:05 ・・・・ 
もう我が家には夕刊が配達されています




|

気が付いちゃった

ふと思ったこと・・・

一昨日の二番目の彼女のメールを読んで
誕生日に自分を産んでくれた事を 親に感謝するんだ~と思うと

1月・・・二番目の彼女が 感謝!
3月・・・最初の彼女が感謝!
5月・・・「母の日」で 感謝!
6月・・・初めてのカレシが 感謝!
う~~ん♪ 毎月の様にみんなが感謝してくれる   うふふ・・・
でも 後半は誰からも感謝されない・・・

ふと思ったこと・・・

実は私 かなり寝相がいいんです
たぶん寝ている時 殆ど寝返りを打ってないと思います
因みにうちの彼なんか 
どうしたら こんなにグチャグチャになるんだろうと思うほど
とっても布団が乱れます

そこへいくと私の場合 私がそっと起き上がれば
お布団はそのままでも とってもキレイです
だから寝相のいい私は かなり育ちが良くて
おしとやかなんだと 思ってました ・・・ 何か?
ところが最近 何方かのブログで
『寝返りは 昼間に歪んだ身体を修正している』とありました
さらに『 昼間 活動している人ほど 寝返りが激しい』と
という事は 寝相のいい私は 育ちがいいとかblh002
おしとやかとかじゃなくて
昼間 ちっとも動いてないって事じゃないですか

独りよがりの怖さを知りました
世間で話さなくて良かったと つくづく思いました

|

乾杯!

昨日 二番目の彼女が誕生日を迎え 22歳になりました
『お誕生日おめでとう』のメールを送ると 珍しく早い返信がありました

『今日は 自分の生まれた日でもあり
  ママが 私を産んでくれた日でもあるんだよね
  だから私と 私の友達から ママに
 〝ありがとう〟の日だね 』

二年前 成人式を迎えた二十歳の誕生日に blk001
二番目の彼女の 高校時代からの大親友が 
彼女に 
こんなお誕生日のメールをくれたそうです

『今日は Emily (次女のハンドルネーム) を
 産んでくれた両親に   感謝する日だね.。 
 私も感謝するよ 
 Emilyを産んでくれてありがとうって』 

どうやら二番目の彼女は 
とっても素敵な親友を持ったようです

  

|

レジ袋強奪事件!?

昨日の午後の事でした
出かけたついでに買い物を済まそうと 近くのスーパーに寄りました
最近は随分と増えたのですが そのスーパーは レジ袋をくれません
ですから承知している皆さんは 家から買い物袋を持ってきます
袋を持って来なかった方は 1枚5円で買うのですが
1円で売っているところもあります
ま、何円かはさておき
私もうっかり袋を持っていかなかったので 仕方なく買う事にしました
が、財布を覗くと5円玉がありません
1円玉でも足りないので 10円玉を持ちレジでくずして貰おうと振り返ると
さすがに夕方のレジは混んでいて ちょっと迷惑そうな気がしたので
仕方なく10円玉を入れ 1枚だけ頂きました

隣の方も持って来なかった様子で 財布の中の小銭を捜してるようでした
見るとはなしに何となく手元を覗くと 手に持っている小銭は白っぽいのです
1円? まさか100円玉? それとも50円?
一体幾ら入れるのだろうと 気になったのですが
あまりおもむろに見ては失礼だと思ったので 正面を向いて
さり気なく 買った物を袋に詰めながら
それでもきっと私の目は そうとうな流し目になっていたと思います

私がちょっと気を許した隙に 軽く小さな音が コトッとしたかと思うと
その人は物凄い勢いで 3枚 レジ袋を取り出しました
そして1枚のレジ袋の中に bl001
買った品と残り2枚のレジ袋を無造作に詰め込み
その人は さっさと帰って行きました

私は 相変わらず知らん振りを装いながら
頭の中では 5円×3枚の計算をして
あの人は得をしたのか損をしたのか 
妙に気になったのでした

 

 

|

365日 『母の日』

うちの二番目の彼女 いいタイミングでメールを送ってきました

実はそろそろここで 彼女に文句を言おうかなぁって思っていた所です
最近 いくらメールを送っても ちっとも返事が返って来ないのです
もっとも 前からそういう傾向は多少あったのですが
すぐに返事が返ってくる方が 珍しいくらいで
大抵は1週間から どうかすると10日以上経ってから返って来るので
メールを読んでも どんなメールを送った返事なのか
私自身が解らなくなるくらい 
その返事は突然 降って沸いたように返って来ます

電話をしてみようかなと 思ったりするのですが
彼女は夕方から夜中まで働いているので
昼間は寝ているだろうと思うと そのタイミングを逃してしまい
結局 メールを送るのですが いつ読んでいるのか
返事は相変わらず 遅いのです

しかしながら良く考えてみると 彼女たち若い人達は
私なんかよりずっと早くメールを打ちます
ですから 読んだその場ですぐにメールを返した所で
数十秒程度ではないでしょうか
それでも返って来ないって事は 読んでないのかしら?などと
心配してみたり その心配が度を越すと
一人暮らしのアパートで 人知れず干からびているんじゃないかとか
疲れてメールも打てないほど 仕事でこき使われてるんじゃないかとか
またまた親バカぶりを 発揮してしまう訳で
そんな親心を知ってか知らずか 
いつぞやのメールの返事が ようやく昨日返って来ました

二日後の 彼女の誕生日のプレゼントの事や
プライベートな事など 色々心配して送った私のメールより
ずっと短いその返信で どうやら彼女は相変わらず忙しく
でも とっても充実している様子が 伝わってきました
いつも自分で考えて行動し 私には事後報告の彼女ですから
そんな事に慣れてはいるものの 
彼女にはいつも驚かされっぱなしで
時々 親ってなんだろう・・・と思ってしまいます

年に一度の母の日に 思い出した様に贈ってくれるプレゼントも
確かに嬉しいのですが
時には 『別に 特に用は無いんだけど たまには声が聞きたくて・・・』
そんな一本の電話の方が ずっと嬉しかったりします

そうそう 私の様に心配性の親はblsha02
特に用は無いって言ってたけど 
本当は何かあったのかしら・・・なんて
またまた親バカを発揮してしまうかもしれませんから
『たまには電話をするのも 
 親孝行かなと思って・・・』の方が
安心するかもしれません

|

どうでもいい事ですが・・・

私はポテトチップスを食べる時 袋を開けて お皿に出します
そして 形の壊れたもの(欠けているもの)から 先に食べます
それが終ると今度は 形の小さいもの 
そして最後に 丸くキレイに形の整った 大きなチップスを食べます

この行動パターンは 例えばバターピーを食べる時も同じです
まず 半欠けの 相方の居ないバターピーから先に食べ
それをきれいに食べ終わると 丸く両方が揃ったものを食べます

この行動の根拠は 〝好きな物は 最後に〟の感覚なのか
それとも 形の悪い出来損ないを 排除したいという思いなのか
自分でも良く解りませんが
必ずこの様な食べ方をします
それはまるで 無意識の中の 決まりごとの様に・・・

こんな行動を 心理学者の偉い方が分析したら
私はどんな性格だと 判断されるのか
ふと 考えてみました

昨夜 帰りの遅い彼を待ちながら     blsa01      
ダイエットの事などすっかり忘れて
ポテトチップスを 1袋あけてしまってから
我に返りました

ま、どうでもいいことですが
可笑しいですか?

|

自意識過剰!?

お昼近くに 出かける支度をしている時 
お休みの彼女が やたらと話しかけるので すっかり時間を取られてしまい
慌ただしくストッキングを履いた時 ツツーッと切れた
急いで別のストッキングを用意して 中に入っている白い台紙を見た時に
ふっと 嫌な予感がしたのだが その予感は見事に的中し 
新しいストッキングは 一度も履かずに ささくれによってゴミ箱行きとなった

一度も履かずに捨てたストッキングを 悔しがる暇もなく
私には 新たな問題が持ち上がった
もう 代わりのストッキングが無い!

時間を気にしながら引き出しをあさると
目に付いたのは  家用の黒いタイツ
裸足では行かれないし 諦めて履いてみたけど
さすがに80デニールの厚みは かなり迫力があり
当然素肌など透ける訳も無く 私の足は見事だった
それはまさに〝良く栄養の行き届いたごぼう〟の様に

散々鏡の前で見るもどうにもならずougi
諦めて出掛ける事にしたが
自分で気にするせいか 
人の視線が
やけに足に集中している様に見える

私は心なしか 早足で歩いた

北風の冷たい 水曜の午後でした

|

トレーニング

日記帳を買ってきました

何年か前から 自覚していたのですが
最近は手書きで文字を書く事が とても少なくなり
漢字書き取り能力が 著しく低下しています

以前はワープロを使っていたのですが パソコンを使うようになってからは
殆ど 手書きで書くことはありません
たまに 仕事の連絡をFAXで送ったりする時 
漢字が思い出せない事が 良くあります
とても人には聞けないような 簡単な漢字でさえ思い出せないのです
それは 私自身の記憶力が 衰えたのかどうかわかりませんが
思い出せない漢字が 余りにも多すぎます
そういう時 どうするかというと 携帯で調べるのです
文字で見れば 〝この字〟というのが解りますが
では 書いてみろといわれると 書けません 思い出しません
精々 〝こんな字だった〟程度です

どうにか思い出した漢字を書いてみて 不安になって調べると
微妙に違ったりしている 〝自分の書いた漢字〟に
愕然とする事があります
昔 働いていた時に 社内で漢字読み書きテストをやらされた時
高得点を取り それ以来私は 〝漢字博士〟の称号を貰いました
その漢字博士が健在なのは TVなどでちょっと小難しい漢字が出た時に
〝読む事が出来る〟だけで
最近の私は 中学生程度の漢字すら 書けない時があります
どうやら目で漢字を認識するのと 実際に書く事が出来るのとは
全く別のようです


そんな訳で 今年からは日記をパソコンではなくdiary
紙に書く事にしました
先日 百円ショップに行った時 
かわいいノートを見つけたので
それを二冊購入し 毎日数行書いています

その日記の成果が 
いつ頃になったら現れるのかは疑問ですが・・・
何しろ 毎日 日記帳を開く時 
必ず傍らには携帯がありますから






|

外泊の勧め

それは土曜の夜でした
いつもの様にここ最近のリビングには 冷やかな空気が流れていて
TVの音と 時折ボソッと聞こえる二人の会話が 妙にぎこちない夜でした
そんな二人をあざ笑うかの様に 突然バチッという音と共に
私達は 暗闇に襲われました
何が起こったのか理解できないまま 私はイスにつまづきながら
懐中電灯を持ち 浴室のブレーカーを見に行きました

すると メインのブレーカーは落ちてませんでしたが 
その横の 小さいブレーカーが落ちてました
大声で彼を呼びブレーカーを上げたのですが またすぐに落ちてしまいます
停電なのかと近所を見渡しましたが どうやらうちだけの様でした

彼は小さいブレーカーを 一つ一つ上げ下げしながら様子をみました
どうやら一ヶ所が漏電しているようで 
電気が使えるのは 和室とエアコン 冷蔵庫 そしてリビングのTVだけでした
急いで東電に電話をすると 程なくして係りの人が来てくれました

何と給湯器の基盤が漏電しているとの事です
原因が判ってほっとしたのも束の間 
今度は恐ろしい事実を 突きつけられたのです
給湯器が使えないという事は お湯が出ません(当然です)
という事は お風呂に入れないという事です
我が家のお風呂は ホテルの様に熱いお湯を出して浴槽に入れるので
お湯が出ないお風呂は ただの箱です

前の晩 お風呂に入らずに寝てしまった彼はgreen
浴槽に 僅かに10センチ程溜まったお湯で
身体を洗って寝ましたが
私は ばっちいまま寝ることにしました
が、問題は最初の彼女です  
彼女は朝晩お風呂に入ります
私の様に家に居るのならともかく 
翌日も仕事の彼女は 
どうするのだろうと心配になり
私は すぐに彼女にメールを送りました

『給湯器が壊れたので 
  今日はお風呂に入れません 
    どうしても入りたければ 
    何処かにお泊りしなさい!・・・ 母 』

こんなメール 母親が送っていいのだろうか・・・




|

とうとうここまで・・・

                        kansha

本日 私はめでたくココログデビュー 一周年を迎えました


パソコンの操作にも幾分慣れた頃 
以前から気になっていたブログの文字を 
昨年の今日 ここで見つけたのです


若かりし頃 愚かにも小説家かエッセイストになりたいなどと思っていた
そんな気持ちが 微かに蘇って来たのかも知れません
思い起こせば平成16年の9月に 初めてパソコンを手に入れ
右も左も解らないまま その4ヵ月後 ここにデビューしたのです
パソコンの操作さえおぼつかないのに 無謀にも〝文章を書きたい〟
〝無料ならやってみよう〟その思いだけで 始めたのでした

私はブログを始めて 色々な事を学びました
パソコンの操作やHP作り オートシェイプ 
様々なソフトも 使いこなせるようになりました
そしてここで知り合った皆様の 生き方や・考え方に触れ
人として ホンのちょっぴり成長したと思っています
それはひとえに 大いなる私の好奇心と 毎日訪ねて下さった皆様 
そして拙い文章に寄せてくださった 
暖かいコメントの数々のお陰だと思っています

ブログを始めた当初 必死の思いで取り付けたカウンターの数字も
33,673を数えました
沢山の方々が訪ねて下さったこと 心よりお礼申し上げます
そして皆様 どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます

*本日のタイトルは 2005.1.15 デビューの日のタイトルです
 お暇でしたら 当日の記事も読んでみてください
 偶然にもその日には 今も仲良くさせて頂いている
 「お隣のブログ」 じゅんさんのコメントがあります

http://scorpione.cocolog-wbs.com/bebe/2005/01/post.html


|

ご褒美~ピアスに見えるイヤリング

『 えぇっ 弱虫~~』 とでもお笑いください
実は私 未だにピアスが出来ず イヤリングなんです
理由は二つ
1) 正直 穴をあけるのが 痛そうで怖い
2) ピアスをあけると 運が変ると聞いた
この二つの理由から
未だにあけることが出来ず 我が家でピアスをしてないのは
初めてのカレシと 私だけです

先日も 最初の彼女と散々話をしましたが 未だ決心が付きません
痛さはどうにか克服できそうですが 私は結構カブレやすく
耳がもげるほど膿んでしまったら どうしようかという心配と
それにもまして もし運が変ってしまったら・・・
そう思うと中々勇気が湧きません

〝運〟が変ると言う話は TVでどなたかが話していたのですが
その時の話の様子から どうも〝悪い方に〟変るっぽい話しぶりでした
最初の彼女は 「決して悪い方に変るとは 限らないんじゃないの!? 
        良い方に変るかもしれないじゃない」 と言うのですが
私にしてみれば たかがピアスの穴ごときで 
人生を掛ける気にはなれない訳で
まあ 大まかに言ってしまえば 「弱虫」という事になるでしょうか

そんな訳で 最近はアクセサリ売り場でも
肩身の狭い思いで 必死に素敵なイヤリングを探すのです

ところが お正月に映画を観た帰り
彼女の店で とっても素敵なイヤリングを見つけました
彼に「買って!」とおねだりをしてみたのですが 返事は「ふ~ん」
おいおい 「ふ~ん」じゃなくてさぁ と再びおねだりを繰り返しても
買ってはくれませんでした   
どうやら普段の〝隠れ買い〟がバレてる様子
と、言う訳で 365日貯金のあのお金で買う事にしました
earring
このイヤリングは留め金が無いので
後ろから見ても
まるでピアスの様に見えるのです
しかもリバーシブルです
クリップ式とは違うので 
付けた時の痛さは 全くありません
輪の中に別のチャームを付ければ
違うイヤリングのような 
バリエーションを楽しむ事が出来ます

|

≪365日貯金≫結果発表

このブログを始めて間もなくの頃 沙紗さん とお友達になりました
切っ掛けは 『365日貯金』 という彼女の記事に引かれて 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが この貯金の仕方は
毎日1円ずつ増やしながら 365日貯金をしていくというものです
元旦は1円 2日は2円というように・・・ そして12月31日は365円です
私の計算が間違っていなければ 大晦日には¥68,121貯まるはずです

最初は面白くて一生懸命に 貯めました
でも途中で気が付いたのです
毎日 一円玉が沢山必要になります
そうすると貯金箱の中からお釣りを貰いながら・・・ 
出したり入れたりしながら・・・
途中 ちょっとズルをして 一度に入れてみたりした事も有りましたが
どうにか続けてみました

  本来 私はヘソクリはしないのです
  家計簿を付けながら やりくりして余ったお金は家族の物
  そういう考えですから 何か欲しい時は コソッと・・・ 
  そしてたまには堂々と・・・

彼は 収入は全部私に預けてくれます
それは 「これで生活してくれ」 と私に任されたわけですから
やりくりして残そうが 全部使おうが私の勝手であって
ですから 家族が困らないような生活が きちんと出来ていれば
その中のお金を 私がどの様に使おうと 大きなお世話な訳で
そういう考えですから ヘソクリは必要ないと思っていました
でも その記事を見た時に 面白そうなので始めてみたのですblhana02

昨年末 ちょっと余分に切りの良い金額を載せまして
昨日 通帳を確認しましたら ¥75,000でした
という事で うちの彼女のお店でご褒美を買う事にしました
今日の夜 彼女が商品を持って帰ってきてくれるというので
明日の記事には UPできると思います

お楽しみに!



|

怪しい人影

今日はとても暖かく良いお天気ですが それでもさすがにバイクでは寒く
鼻の頭が冷たくなって どうかすると鼻水なんぞが出ていても
気付かないかもしれないくらい 顔が冷たくなります
そんな事を彼に話すと マスクをすると随分違うぞ! と教えてくれたので
早速 鏡の前で試してみました
が、 ヘルメットを被ってマスクをした私の顔
何だかとっても 怪しい人みたいでした

それでも寒さには勝てないので 考えました
黒いマフラーを皮のコートの下にして 前は顔半分まで
マフラーで覆いました  
さすがに目まで隠すと危ないので
ちょうど鼻まで隠れるくらいに・・・p001

快適でございます!

今までとは
数度気温が違うんじゃないかと思うほど 暖かです
が、かなり危険な香りがします
若い方は解らないかもしれませんが 
まるで月光仮面のようです
それでも寒さには勝てないので 
この冬は当分マフラーが手放せません

もし 信号待ちのあなたの車の隣に
黒いマフラーで顔を覆った
怪しいおばさんが居たら
きっとそれは 私です




|

原因は 何?

我が家は現在 険悪なムードです
事の起こりは 仕事始めの5日の事でした
お正月に飲み過ぎているので 今日は禁酒という事になり
お酒を飲まないのであれば 早めに食事をしてゆっくりと・・・

9時過ぎに彼女が帰って来たので さあ食事をと支度をしてテーブルに出すと
おもむろに彼が 「俺 まだ食べないよ」と
「えっ どうして? 一緒に食べようよ」と言っても まだ食べたくないと言うのです
まだ食べたくないって じゃあいつ食べるの? と聞いても
とにかくまだ食べたくないと言うのです
お酒も飲まないんだし お風呂にも入ったし 
皆で一度に食事をしてくれればいいのに・・・
そう思っても 聞く耳を持ちません
私が「それってちょっとわがままじゃない? 作る方の身にもなってよ~」
そういうと いきなり大声で 「何処がわがままなんだ~~!!」

仕方なく彼の分だけは戻して 私達は食事を済ませました
私が後片付けをしている時に 彼女に 「めっちゃわがままじゃん」
そういわれた彼は その後 10時になっても 11時になっても食べませんでした
そして とうとうその日は食べずに寝てしまいましたcarnation

未だに彼は 
自分のした事は
わがままではないと思っているようです
昨日も禁酒の日でしたが 
やはり食事をしませんでした

禁酒に対する ささやかな抵抗なのでしょうか・・・


|

本当のわけ

もう何年も前から 『今年は痩せるぞ~』 が 既に死語となってしまった今
改めて「今年は本気で 痩せるぞ~」と思った理由
それはこのブログを読んでくださっている 皆様のお陰です

皆様ご記憶でしょうか!?  年末の例の〝暴走の日〟の写真を・・・
あそこにオカマさんとツーショットで 私が映っていた事を

実は あの写真を観た心優しいどなたかが お一人くらい
『bebeさん 気にする程太ってないですよ~』 とかのコメントの一つくらい
勿論 充分にお世辞だと判っていても 何方かお一人くらい
そう言って下さる方が いらっしゃるのではないかと 密かに思っていたのです

が、予想通り?でした
何方も ひと言も触れてはいません
その話を最初の彼女にすると
『さすがに皆さんも 例えお世辞でも言いにくかったって事でしょ!」とつれないお返事
ですが私は その言葉を冷静に受け止めまして 一大決心をしたのですharu
〝例え お世辞でも触れられないほど 私は太っているんだ!〟
何も触れなかった事こそ 皆様の優しさなんだ
そう思ったのです
ですから 今年もまた 
懲りないダイエットをする事にしました
今年こそ本気です!

でも その前に一つだけ
確認しておきたい事があります
まさか皆様は あそこに映っていた全員が 
〝オカマさん〟だと
思ったわけではないですよね!?

|

食わず嫌い 克服!?

私は小さい時から偏食が多く 特に肉類は余り好きではありません
一番イヤだったのが カレーに入っている 角ばったお肉
それだけでも充分イヤなのに それについている脂
口の中でモグモグと散々噛んでも 中々小さくならず もうお手上げ状態でした
ですが父が厳しかったので 残すなんて事は出来ませんでしたから
嫌いなものを口の中一杯に詰め込み トイレに行って吐き出していました
きっと食べた物より 吐き出した物の方が多かったに違いありません
何しろ私ときたら 食べられる物より嫌いな物の方が多かったのです
ですから小さい頃の私は 今では考えられないくらい痩せていました

父曰く「他所の家で出された物を残すのは 失礼だから 
                   食べられるようにしておきなさい」と言うのです
最もだとは思いましたが 小さい頃の私にとっては イジメに等しいくらいの躾です
お陰様で? 一通り何でも食べられますが やはりお肉は未だに苦手です
小さい頃のトラウマでしょうか あんな風に躾けられてはかえって嫌いになります

トラウマと言えば私には他にも トラウマがあります
と言っても 未だに信じているの?と言う程度の事ですが
幼い頃の思い込みというのは 実に根深く残るものです

まず先に挙げたお肉です
味や感触が嫌いなのは勿論ですが お肉を生で食べるとお腹に虫が湧く・・・
スイカの種を飲み込むと 盲腸になる・・・
お陰で 今でも生のお肉は食べられませんから
もしも〝食わず嫌い〟などでこの一品が出たらすぐにバレます
そしてスイカの種はしつこいほど丹念に見つけて はじき出します
まだ私の身体には盲腸が有るのは この教えをしっかりと守ったからだと
ちょっと信じている 私です
誰に言われたのかは覚えてませんが 今でも私の脳裏に焼きついていますpresent

そんな私が 
初体験をする日がやってきました
昨年末 家族で焼き肉を食べに行った時
最初の彼女と 初めてのカレシが
ユッケを頼んでました
そこで私は思い切って 
挑戦してみようと思ったのです
箸の先にほんの一つまみ乗せて
食べてみました
・・・・・・・
検証  食わず嫌いは 食べても嫌いです!

実感  やはり今迄どおりステーキは 
                  ヴェリウェルで焼いてもらう事にします

|

危篤・・・です

私の大切なグレープフルーツの木が 危篤です
年末の例の〝暴走の日〟以来 すっかり水遣りを忘れてまして
お正月中ずっと 暖かいリビングで過ごしていたのに 気づかずにいましたら
何だか葉が元気をなくしてまして kareki

今日 慌てて表に出して陽の光を充分に浴びせ 
お水をたっぷりとあげましたが
持ち直してくれるかどうか 心配です

私がサボったと言ってしまえばそれまでですが 
自然界は厳しいのです
大雨や大雪 はたまた干ばつも有ります 
そう思えばどーって事ないのです
黄色い果実が充分に美味しく実るには 
厳しい環境の中で育ったからこそです!・・・なにか問題でも!?

|

今年はどんな年!?

やれやれ ようやくお正月気分も終って 普通の日々がやってまいりました
今年のお正月は 家にのんびり居る事も無く 毎日出歩いてましたmiyabi06
元旦 初詣 その後ショッピングに
 (彼 神仏に祈る事も無く 福袋探し・・・)  
2日 彼の実家に新年のご挨拶
 (彼 酔いつぶれ 夜まで起きず)
3日 〝男たちの大和〟を観てショッピング
  (私の物は何一つ見る事も無く 
                    Marelliの靴を衝動買いされる)
4日 舞台〝渡る世間は鬼ばかり〟を観た後食事して
  (「美味しい物を食べようね」のつもりが 結局 回るお鮨)
あっという間に お正月は終わってしまいました


昨日から仕事が始まったのですが のんびりする暇も無く
近所の友人に 新年のご挨拶廻りに・・・

考えてみたら新年早々 彼に振り回されっぱなしで
今年も思いやられそうで・・・
そんな私の一年は 今年も早く過ぎそうです

|

新年のご挨拶

今年もよろしく お願い申し上げます

           shin001

|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »