« 妙な言い訳 | トップページ | 今日の思ひ »

白昼の悪魔

さてさてこの数日間は とてもお天気が良かったので 主婦120%を満喫し
昨日は一日中 出ずっぱりで
買い物をしては 荷物を置きに家に戻り
また買い物しては 家に戻り
はたまた用事を済ませては 布団をしまいに家に戻り
そんな事を繰り返して 一日が終わろうとしていた時

買い物中に ふと目に留まった服があり
・・・・ 数分後 試着室から出ようとしたら  脱いだはずのサンダルが無い
必死に身体を乗り出して 辺りを見渡すも・・・無い
訳が解らずキョロキョロしていると 右2時の方向からカタカタと嫌な音が・・・
見ると 天使の様なあどけないお顔の まだお小さいお坊ちゃまがおりました
そのお坊ちゃま 自分の靴を履いたまま 私のサンダルを
ヒールのバランスを上手く取りながら 引きずる様にして歩いております

有り得ない様なその光景に 顔が引きつりそうになりながらも
試着室の中から 精一杯の笑顔で お坊ちゃまに声を掛けました
『 ぼく~~ そのサンダル 返してくれる~~?』
  (直訳します: このガキ~~! 何しとるんじゃ~~!! と申しております)
お坊ちゃま 一瞬振り向くも返してくれず 益々遠ざかるばかり
慌てて試着した服とバッグを持ち お坊ちゃまに声をかけるべく 身を乗り出すと
お坊ちゃまがこちらに引き返してきます   お~~お~~良い子じゃ!
が、 せめてサンダルは抜いてくれ!
そのサンダルは ≪靴流通センター≫ とかで買った物じゃなく
国技館の展示会で買った 高~~い靴ですぞ その履き方は止めて~~!!

無事に戻ってきたサンダルを ティッシュで拭きながら 
何だか 納得がいかないのです   
あの間 母親は何処にいたんだろう?  子供が側を離れても気にも留めないのか?

すっかり服など見る気も無くし 店を出ながら
あんな親子は 子供が迷子になって オロオロすればいいんだ !!

一瞬 悪魔になった私がいましたfu001

ご注意 )当ブログでは 只今 実験的に
      トラックバックとコメントを
     表示しておりませんので 
     もし何かございましたら
     サイドバーの掲示板 「あのね・・・」 に 
           お願いします
     どうぞ お気軽にお立ち寄り下さい

|

« 妙な言い訳 | トップページ | 今日の思ひ »

ひとりごと」カテゴリの記事