« 特別企画“あの人は 今”ブログ版~Part.2 | トップページ | 食べても 〝乗るな!〟 »

感性の法則

あ~るシティー

(TB)感性・・・理性や知性と違って 最も感覚的な部分であるのだから
1+1=2 のような法則が あってはならないはずである
同じものを見ても 受け止め方は千差万別なのだから

勿論 その受け止める感覚も 経験値などで違ってくるこ事もあるのだが
決して その感覚を矯正する必要はないと思う
特に幼少期に 不必要な矯正を受けると 感覚がフラットになってしまい
突起するそれを 不必要に押さえつけてしまった結果
自信を失ってしまったり 大切な才能を摘み取るような事にもなりかねない
そして人から誉められる=認められた という感覚を覚えた人は
その感性をさらに磨き 大きく前進するのだと思う

私が幼稚園に入る時の入園テストで 絵を描かされたらしいのだが
どんな絵を描いたかというと テレビを描き そのかどに
小さな黒い塊を 描いたという
先生が 『これは なあに?』 と聞くと 
私は『テレビの上に ハエが止まってるの』と 答えたらしい
母は顔から火が出るほど 恥ずかしい思いをしたというが
先生は 『 そう、ハエが止まってるんだ。 よく見てたんだね』と言ったという

その先生のお陰か・・・ 今でも私は絵を描く事が 大好きです

しかし 成長するとその感覚に 点数を付けられる時が来る
特に芸術的な分野での評価は 時としてとても残酷な結果をもたらす事もある
その感性を表現するときに その表現力があまりにも稚拙な時はまだしも
相手が表現して欲しいものに 合致しているかどうかだけで
判断されたのではないかという経験をした

高校に進学して 相変わらず美術が好きだった私は デザインを選択した
ところが1年の時は 良くて4 あとは3でした
しかし2年になって 講師の先生が代わった途端
私は最高の評価を得た
勿論 突然私のデザインの技術が 上手くなった訳もなく
ただ その講師の好みに合っただけだと 理解している
そんなものなのかと かなりガッカリして デザイナーの夢を断ち切った

これに関連して・・・
うちの彼女の話
彼女が中学の時 国語の時間に感想文を書かされた時の事
どうやら本の内容は 可哀想な内容だったらしい
殆どの人は 主人公が可哀想だという感想文を 書いたらしいのだが
彼女の場合 可哀想ではなく 自業自得だと思った・・・ の様な内容の
感想文を書いたらしい
ところが先生から 赤ペンで〝ちゃんと 本を読みましたか?〟と
書かれてあったそうで・・・
彼女曰く『 どうしてそう思ったらいけないの?勝手じゃない。私はそう思ったんだから
       それにどうして感想文に点数を付けられなきゃ いけないの?』
というのが 彼女の主張
当然その感想文は 最低の評価だった

ま、彼女のいう事も もっともな気もするが なにせ日本語が苦手な彼女
感想文の内容以前に 文章自体が危うかったのでは・・・と思う

|

« 特別企画“あの人は 今”ブログ版~Part.2 | トップページ | 食べても 〝乗るな!〟 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

bebe様。
トラバ・・こーゆーことだったんですね。
ありがとうございました。とても興味深いお話でした。
私事で申し訳ないのですが、小5・小6と2年間お世話になった先生に
私は救われました。当時マンガを描くのが大好きでしたが
それに気付いた先生が画用紙を沢山くれました。
『画用紙なんて学校からどんどん持ってけ。無くなったら言え』と。
先生は私のマンガをきれいに製本して下さり、クラスの皆に見せて
褒めてくれました。のちに私は小学生の親になり
わかったのですが、すべて教材費で扱っているため
他のご家庭の手前そんなことは許されないことだと・・・
先生のポケットマネーだったのです。多謝。

やはり思ってました。bebeさん、デザインの心得があると。

投稿: ODI | 2005/03/08 03:35

小さい頃でも、大人になってもそうですが人から誉められるという事はとても嬉しいですね。
ODIさんもいい先生に巡り合われたのですね。
で、漫画家にはならなかった?

投稿: bebe | 2005/03/08 10:00

bebeさん、「テレビのハエ」、素晴らしい感性です!読んでいてある意味感動でした。
先生も様々ですが、どんなことも自分の価値観に押さえつけず、受け入れてくれる先生がいいですね。こたちゃんもそういう先生に巡り合って欲しいものです。

投稿: 野亜 | 2005/03/08 10:12

そうそう、先生との出会いってとても大切ですね。でも、どうして〝TVとハエ〟を描いたのか不思議です。

投稿: bebe | 2005/03/08 11:31

漫画家というより・・・自称漫画評論家になってしまいました。
頭の中はいつもマンガみたいたことばかり考えてます。
不謹慎とは思いつつも、どうしても仮面ライダーに登場する
怪人「テレビバエ」を思い出してしまう・・・のです。
一度脳神経外科に行ってこようと思います。 かしこ

投稿: ODI | 2005/03/08 12:48

ODIさん
心療内科の方がいいと思います
よろしかったら私がカウンセリングして差し上げましょうか?一番早い予約でしたら3/9 26時が空いていますが・・・。

投稿: bebe | 2005/03/09 01:40

先生のコメント というと私は次の雑文を思い出します。
今はもうなくなってしまったサイトなので、web archiveから引っ張ってきましたw

http://web.archive.org/web/20010406083551/http://zatsubunkan.net/z1/z020.html

宝石のようなエッセイですw

投稿: quis | 2005/03/09 15:11

bebe様。
お気遣いありがとうございます。
26時ですか・・・カウンセリングをお受けしたいのですが、
今回はお断り申し上げます。
目の前にいる人をすぐに好きになる魔法をかけられそうなので・・・
敬具

投稿: ODI | 2005/03/10 01:06

quis様
ちょっと長かったですが大変興味深く読ませて頂ました。先生からのコメントって何かとても楽しみだったのを思い出しました。
特に、小学生の頃のそれは先生との日記の様な感覚でしたね。 先生との出会いってホントに大切ですね。

投稿: bebe | 2005/03/10 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76762/3215091

この記事へのトラックバック一覧です: 感性の法則:

« 特別企画“あの人は 今”ブログ版~Part.2 | トップページ | 食べても 〝乗るな!〟 »