« 自分の名前 | トップページ | “家政婦は見た” »

〝ゆず大根〟と〝卒業式〟

先日 二番目の彼女と 私の初めてのカレシが二人で 家に寄った

彼女は 職場の人に教わって作ったという 〝ゆず大根〟を持ってきた
   私が お料理を教えてあげる機会がないままに
   一人暮らしを始めてしまった今 彼女は職場や周りの方々に
   随分 お世話になっている様です
   この場を借りて 御礼申し上げます

で、美味しいゆず大根のお返しに 〝お取り寄せパスタ〟をあげたのだが
どうやら彼女は 食事には困ってないらしい

彼女は一人暮らしの食事を 賄いに依存しているようで
聞くと えっ 賄いでそういうものを食べられるの? というような
結構なものを 頂いているようで・・・

  じゃぁ 私が〝我が家の夕食〟と称して食べてるものは なに? みたいなね 

すると『 そぉ~かぁ~ 貧乏人のお勤め先は 飲食店に限るな!』 と
隣に居たカレシが 妙に納得してた

その私の初めてのカレシ
こやつは某プロ野球チームの私設応援団でトランペットを吹いていて
野球が始まると 全国津々浦々 学業そっちのけで追いかけて行く

私と二番目の彼女は どれだけこのカレシの為に悩まされ
大金を貢いだ事か・・・

そんな心配の種が 半分取り除かれる日が とうとうやって来た
カレシは来月 卒業式を迎える

ところがそのカレシ 
姉であり 時には母親代わりの様な 二番目の彼女を妙に慕っていて
来月の卒業式にも 私ではなく 彼女を誘った
   
 お~~い 散々貢いだお金返せぇ~


最初の彼女にその話をすると
『じゃあ 私も行こうかな?』 などと言い出し  じゃ三人で行こうか・・・などと・・・
とんでもない展開になってしまった

本当にそうなるかは別として 
彼女はその日の為に 服を買おうか とかなり張り切っている

私は私で あと20日で何キロ痩せられるか・・・
バレンタインの残りのチョコを 盗み食いしながら
悩んでいる 今日この頃・・・


|

« 自分の名前 | トップページ | “家政婦は見た” »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

bebeさん お初でございます m(_"_)m


> 賄い
田舎から出てきた僕が一番最初にしたバイトはファミレスでした。
昔の田舎のコは「ステーキ」なんてもんは食ったことがなく、
そのファミレスの賄いで初めて「ラムステーキ」なるものを食いました。
今思えばクズ肉をミートボンドで固めただけのものですが、
当時それはそれは嬉しく食ったものでした。
あれからウン十年、自分で働くようになり、食いたいモノを
食ってきた結果、今僕は基本的に自炊に走っていますw
「金を出して食えないもの」つまりお袋の味だったりニョーボの
味だったりする訳ですが、そういうものが一番飽きずに食えて、
うまいですね。

投稿: quis | 2005/03/05 14:22

quisさん
コメントありがとうございます。
私も始めてのバイトはファミレスでした。 バイト先はデニーズだったのですが、その頃は変わったメニューが沢山あって、金額は決められていましたがメニューの中から好きな物を選べたので
毎日迷っていました。でも、一年もするとすっかり飽きてしまいましたね。
やはり〝おうちのご飯〟が一番ですね。って、これってもしかしたら年を取ったって事かなぁ~。

投稿: bebe | 2005/03/05 17:32

> 年

僕自身もそれを感じます・・・_| ̄|○
昔は「まず肉を出せ。話はそれからだ」くらいな感じでしたが、
最近は肉なんてたまに食えればいいです。
「ご飯とのりたま」もしくは「焼きタラコ」これでご飯2杯はいけます。
今日の晩ご飯は芹の煮浸しとホタテのあぶりにしたのですが、
実家のお袋は芹を「セーリ」と伸ばして発音するので、
かつて中学生の僕は大変どきどきしていましたw

投稿: quis | 2005/03/05 18:31

あははは・・・〝セーリ〟ですか・・そういう発音をされると普通のハーブに聞こえなくも無いですが、その頃のquisさんにとって芹は脳細胞を刺激する食材だったのですね。

投稿: bebe | 2005/03/06 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76762/3094624

この記事へのトラックバック一覧です: 〝ゆず大根〟と〝卒業式〟:

« 自分の名前 | トップページ | “家政婦は見た” »