« 壁紙の問題 | トップページ | 誰か盗んだ? »

“名案”が一転して“悪夢”に

実はこの話 ずっと封印してたんだけど 昨日のシャンパン入りチョコの仕返し・・・

最初の彼女が中学生の頃 
期末テストを明日に控え 日頃の準備を怠っていた彼女は
慌てて机に 向かった

ところが 普段夜更かしの習慣のない彼女は 途端に睡魔に襲われた
眠気さましのコーヒーが 飲めない・・・ 紅茶もあまり好きじゃない
が、名案が浮かんだ

彼女はいつも愛用している 薬用リップクリームを 目の下に塗ってみた

爽快なメントールの香りが いっぱいに広がり 見る見るうちに眠気が醒めた
その香りは 鼻からも入り 頭もスッキリした

ところが少しすると 事態は一変した
あまりに強すぎるその刺激  彼女の目から大粒の涙が溢れ出た
しみる!  目が痛い!
彼女は 何度もまばたきをしたが 一向におさまらない

急いでティッシュで拭き取ったが それでも僅かに皮膚に残った
クリームの刺激は 容赦なく彼女の目に 飛び込んできた

ダメだ!! 痛くてたまらない!!
後から 後から 涙がこぼれた

あまりの痛さに堪えきれず 彼女は 思いっ切り目をつむった・・・

・・・・・
・・・・・・・・そのまま 朝を迎えたという・・・


|

« 壁紙の問題 | トップページ | 誰か盗んだ? »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76762/2941627

この記事へのトラックバック一覧です: “名案”が一転して“悪夢”に:

« 壁紙の問題 | トップページ | 誰か盗んだ? »